彼杵駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
彼杵駅
Sonogi Sta.JPG
新駅舎(2008年1月)
そのぎ
Sonogi
川棚 (6.0 km)
(4.4 km) 千綿
所在地 長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷
北緯33度2分22.59秒 東経129度54分53.86秒 / 北緯33.0396083度 東経129.9149611度 / 33.0396083; 129.9149611座標: 北緯33度2分22.59秒 東経129度54分53.86秒 / 北緯33.0396083度 東経129.9149611度 / 33.0396083; 129.9149611
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 大村線
キロ程 19.6 km(早岐起点)
電報略号 ソノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
305人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1898年明治31年)1月20日[2]
備考 無人駅
テンプレートを表示
解体された旧駅舎(2005年3月)

彼杵駅(そのぎえき)は、長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線である。

東彼杵町の中心駅で快速シーサイドライナー」も停車する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]跨線橋は無く2本のホーム間は駅の構内千綿方の構内踏切で結ばれる。

かつてはJR九州サービスサポートが駅業務を行う業務委託駅[6]、きっぷうりばが設置されていた[7]

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 大村線 上り 佐世保方面
2 下り 長崎方面

利用状況[編集]

  • 2019年度の1日平均乗車人員は305人である[8]
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 404
2001 397
2002 400
2003 383
2004 359
2005 360
2006 356
2007
2008
2009
2010 334
2016 345
2017 328
2018 315
2019 305
2020 非公開

駅周辺[編集]

東彼杵町の中心部。駅前にタクシーが客を待っていることがある。

駅前南側を大村線に並行する形で国道205号が通っている。また、駅の南東約1kmの場所に国道205号の終点となる江頭交差点があり、国道34号と接続している。その東側には長崎自動車道東そのぎインターチェンジがある。

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
大村線
快速「シーサイドライナー
川棚駅 - 彼杵駅 - 竹松駅
区間快速「シーサイドライナー」・普通
川棚駅 - 彼杵駅 - 千綿駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『週刊 JR全駅・全車両基地』 27号 長崎駅・佐世保駅・大村駅ほか75駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年2月17日、26頁。 
  2. ^ a b c d 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、737-738頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ “門鉄、来月から9線区で合理化 25駅無人化 委託化は5駅”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1984年1月24日) 
  4. ^ 「通報 ●山口線大歳駅ほか76駅の駅員無配置について(旅客局)」『鉄道公報号外』日本国有鉄道総裁室文書課、1984年1月30日、32面。
  5. ^ a b “駅体制の見直しについて” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2021年12月23日), オリジナルの2021年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20211223064144/https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/12/23/211223_ekitaisei_minaoshi.pdf 2021年12月24日閲覧。 
  6. ^ 長崎駅事業所 - JR九州サービスサポート.2021年12月5日閲覧
  7. ^ 駅情報 - JR九州.2021年12月5日閲覧
  8. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2019年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2020年12月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 彼杵駅(駅情報) - 九州旅客鉄道