九十九島 (西海国立公園)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九十九島
北九十九島(長串山公園より)
南九十九島(展海峰より)

九十九島(くじゅうくしま)は、長崎県佐世保市平戸市にかけての北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸の群島である。全域が西海国立公園に指定されている。

地理・概要[編集]

全て旧北松浦郡。島の総数は現在公式には208とされている。これは佐世保市等による「九十九島の数調査研究会」の2001年時点調査によるものであるが、島の定義等により異説もある。『西海国立公園 九十九島全島図鑑』(芸文社)著者の澤恵二による実地調査では、満潮時に他の陸地から独立して海面上にあり、植物が生えているという基準で216あるという[1][2]

殆どは無人島岩礁で、人が住む有人島は黒島、高島、それに本土から橋で行き来できる前島と鼕泊(とうどまり)島の4つである。

平戸藩主松浦静山が、秋田県象潟九十九島(くじゅうくしま)に倣い名づけた。測量に訪れた伊能忠敬は、『七十に 近き春にぞ あひの浦(相神浦〈相浦〉) 九十九島を いきの松原』と狂歌を残している。

途中の佐々川河口を境として北側を「北九十九島」、南側を「南九十九島」と呼ぶことがある。南九十九島は遊覧船「パールクィーン」が佐世保市鹿子前(かしまえ)の西海パールシーリゾートから出航している他、シーカヤックヨット等のマリンスポーツも盛んである。日本百景に選定されている。

また、カキの生産地(天然・養殖とも)でもあり、冬場には地元漁協によるイベントも行われる。

佐世保市は1999年より9月19日を「九十九島の日」としており、この日前後に西海パールシーリゾートで「九十九島の祭典」を開催している。

2018年4月20日世界で最も美しい湾クラブに加盟することが認定された。

主な島[編集]

  • 黒島
  • 高島
  • 前島
  • 鼕泊(とうどまり)島
  • 赤島
  • 松浦島

九十九島八景[編集]

2008年9月19日に市が認定した九十九島の景観を鑑賞できる主なビュースポットである。

動植物[編集]

関連した作品[編集]

舞台としたり、ロケが行なわれて九十九島が作中に登場するもの。

その他[編集]

関連文献[編集]

  • 伊藤弘「佐世保における九十九島と内陸の結びつきの変遷」、『日本建築学会計画系論文集』第77巻第682号、日本建築学会、2012年、 2763-2769頁、 doi:10.3130/aija.77.27632016年12月4日閲覧。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度10分 東経129度36分 / 北緯33.167度 東経129.600度 / 33.167; 129.600