美しき天然 (唱歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美しき天然(うつくしきてんねん)は、佐世保海軍第三代軍楽長の田中穂積作曲、武島羽衣作詞の唱歌1902年(明治35年)完成。ワルツのテンポでと楽譜に表示されていることから、日本初のワルツとされる。また日本最初のヨナ抜き短調曲である[1]天然の美(てんねんのび)とも呼ばれる。また「美しき」を「うるわしき」と読む人も多いが、歌詞に「うつくしき この天然の」とあるから「うつくしき」と読む方が正しいと思われる[2]。初出は作曲年の明治35年『唱歌教科書(巻三)』。当時の高等女学校で唄われたが、以後、1949年(昭和24年)までの学校教科書から姿を消す。

概要[編集]

山口県岩国市の吉香公園内にある田中穂積の胸像と「美しき天然」の歌碑。

私立佐世保女学校の音楽教師でもあった田中は、烏帽子岳弓張岳からの九十九島や佐世保湾など、佐世保の山河の美しい風景に感動し、これを芸術化し世に広めたいと考えていた[3]。そこで、折りよく入手した武島羽衣の詩に作曲し、本曲は誕生した。この武島の詩は佐世保とは無関係であったが、田中の思い描いていた九十九島にぴったりだったという。昭和33年(1958年)、烏帽子岳山頂に顕彰碑が建てられた際には、武島は東京から祝辞を送っている[3]。この曲は、女学校の愛唱歌として地元では長らく親しまれてきたが、広く一般に知れ渡ったのはかなり後のことである。活動写真の伴奏や、サーカスチンドン屋ジンタとして演奏されたことも、この曲が有名になった大きな要因の一つである。中山晋平は『船頭小唄』で、古賀政男は『サーカスの唄』『影を慕いて』『悲しい酒』でメロディーをほぼ流用しており、日本の歌謡曲のルーツでもある。

替え歌[編集]

『美しき天然』に野口男三郎事件にちなんだ歌詞を乗せた替え歌夜半の追憶 (男三郎の歌)』が、1906年から1907年にかけて流行した。歌詞は三部作形式で、長さは437行にもなり、ぶっ通しで歌唱しても1時間かかる[4]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 細川周平「日露戦争期の歌謡にみる愛国心と敵愾心:軍歌からパロディまで」 『日本文化の解釈:ロシアと日本からの視点』J.C.バクスター編、国際日本文化研究センター、2009年12月、253頁。
  2. ^ 佐 世 保 と 「 美 し き 天 然 」”. 2016年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  3. ^ a b させぼ夢大学 『させぼ 歴史・文化 夢紀行 』 芸文堂、2001年10月15日、74頁。
  4. ^ 紀田順一郎、間羊太郎『記録の百科事典 日本一編』竹内書店、1971年、198頁