九十九島せんぺい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

九十九島せんぺい(くじゅうくしませんぺい)は、長崎県佐世保市の銘菓で、小麦粉で作った煎餅である。佐世保市の株式会社九十九島グループが製造している。

九十九島せんぺい

特徴[編集]

九十九島せんぺいは、オランダせんべい南部煎餅の様な小麦粉で作った煎餅のことである。小麦粉で作った亀甲型の煎餅に、佐世保市の観光名所、九十九島の島々に見立てたピーナッツを散りばめ、表面にメレンゲを使って「九十九島」の白い文字が刻印されている。小麦粉らしいサックリとした食感が特徴で、ほのかな甘みが嬉しいお菓子になっている。南部煎餅などと比べると、よりクリスピーでパリパリとしており、これも比較上ではあるが、わずかに歯にくっつきやすい種類の食感である。

オリジナルせんぺい[編集]

特注品として「九十九島」の刻印の部分に、自分の好きな文字を刻むことが可能。出産のお祝い返しとして子供の名前を入れたり、企業名を入れて販促品として使うなどの例がある。

歴史[編集]

会社自体は1948年の創業だが、九十九島せんぺいは1951年に発売された。1955年、九十九島を含む長崎県北西部の多島海が新しく西海国立公園に指定され、佐世保の観光地化の時流に乗り製造会社は成長を続けた。日本高度経済成長期にも、新聞テレビ等で印象的なCMを流すなど、ブランド戦略に取り組み、長崎県を代表する銘菓に育った。商品パッケージは変遷を重ね、1980年からは中島潔による「洋傘を差した少女」を採用している。

洋菓子[編集]

九十九島グループでは1968年に佐世保に洋菓子店『赤い風船』をオープンさせ、生クリームをたっぷり使ったケーキや、贈答品としても人気のソフトクッキー「はなかご」などで話題を呼んだ。その後福岡市中洲店、天神地下街店も開き、洋菓子店のブランドとして『赤い風船』は知名度が上がった。ただ、九十九島せんぺいのイメージと赤い風船のイメージがあまりにも違いすぎるため、同じ会社が製造販売しているとは知らない人も多い。また1989年には焼き菓子のセレクトショップ『アントルメ・ママン』も福岡市に開き、当時の高級ブランド志向に乗って口コミ的なファンの広がりを見せた。同社には他に『ラ・ママン』『タンテ・アニー』のブランドもある。

経営譲渡[編集]

九十九島グループ(九十九島エスケイファーム・九十九島セールスアンドコマース・オフィスケイエルエム・サンアート企画)は、不動産投資の失敗などによる経営不振から、2005年に全国でいくつもの菓子メーカーを救済している寿製菓グループに吸収された。具体的には、寿製菓の子会社の北陸寿(石川県加賀市)に営業の一部を譲渡し、北陸寿の社名を九十九島グループに変更して本店登記も佐世保市に移動させている。

名前の由来[編集]

「せんい」ではなく半濁音の「せんい」の由来は、九十九島グループのホームページ[1]で2つの説が紹介されている。

  • 米粉で作られていないため
  • 九州地方の方言

ちなみに、他に「せんぺい」が商品名となっている代表的銘菓には、「二○加煎餅」(福岡市)、「湯せんぺい」(長崎県雲仙市)等がある。

また、佐世保市出身の作家の村上龍は、2004年頃に「九十九島せんぺい」の思い出を綴ったエッセイを発表し、シリーズ広告として新聞などに掲載されたが、その中で、「せんべい」のバリバリ感でなく、パリッとした独特の歯応えから、食感と「せんぺい」の語感がマッチしていると考察している。

テレビCM[編集]

外部リンク[編集]