生活列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR九州リテール > 生活列車

生活列車(せいかつれっしゃ)とは、九州旅客鉄道(JR九州)の子会社JR九州リテールがかつて運営していたコンビニエンスストアブランド名である。JR九州の構内や駅近くで店舗を展開していた。

なお、JR九州リテールは1999年平成11年)2月にam/pmと、2010年平成22年)6月にファミリーマート九州全域(宮崎県鹿児島県の大部分の店舗および沖縄県の全店舗を除く)のフランチャイズ契約をした。これにより、既存の「生活列車」店舗は2000年代はam/pmとして転換・開業し、2010年以降はファミリーマート店舗としてリニューアルや新規開店するなどしたため、2012年現在「生活列車」としては営業していない。

かつて店舗があった駅[編集]

南大分駅店
生活列車からam/pmを経てファミリーマートとなったJR姪浜駅店

★マークは2012年現在JR九州リテールがフランチャイズ運営するファミリーマートが出店している駅。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第7号、鉄道ジャーナル社、1987年6月、 107頁。

関連項目[編集]