シナボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シナボン(Cinnabon)とは、本社をジョージア州アトランタに置くアメリカ合衆国菓子パン類のチェーン店である。また、同店の主力商品のシナモンロールの名称でもある。シナモンロールの他、コーヒーミルクシェイクチュロスなどを扱う。

シナボン

概要[編集]

モール内のシナボン店舗。カリフォルニア州トレイシーにて

シナボン社の主力商品はフロストシュガーをかけた大きなシナモンロール、「シナボン」(Cinnabon Classic)であり、シナモンロール類の他にブレンドコーヒーやフレーバーコーヒー、コーヒー味の冷たい飲み物も扱っている。シナボン社の所有権は以前はAFCエンタープライゼズAFC Enterprises)が所有していたが、2004年フォーカス ・ブランズFocus Brands)に売却された。

シナボンの第一号店は1985年12月4日ワシントン州シアトルのシータックモール(Sea Tac Mall、現ザ・コモンズ・アット・フェデラルウェイ)に開店した。当初の商品は「シナボン」(Cinnabon Classic)のみであった。1986年にフランチャイズ第一号店がペンシルベニア州フィラデルフィアに開店した。2012年11月の時点で、世界51カ国に約900店舗を構える。

シナボンの出店には、かつてはショッピングモール等人出の多い立地を選ぶ傾向があった。1991年、モール以外では初めてのシナボンがデトロイトのウェイン郡空港に開店した。今日では、シナボンの店舗は軍事基地大学構内(カフェテリアなど)、テーマパークなどでも運営されている。

シアトルズベストコーヒーシナモン風味のコーヒーは「シナボン」と命名されている。ピルスベリー社(Pillsbury Company)は、自社製品グランズ ・シナモンロール(Grands cinnamon rolls)とシナモン・トースター・ストルーデル(Cinnamon Toaster Strudel)にシナボンのシナモンを使用している。

語源[編集]

シナモンの「シナ」と、フランス語で「良い」を意味する「ボン」の造語といわれている。

日本での展開[編集]

日本では、ラーメンのチェーン店を展開するスガキコシステムズが子会社を設立。1999年に、東京都武蔵野市吉祥寺に1号店をオープン。物珍しさから一時は大ブームとなり、三大都市圏にその店舗網を広げた。

しかし、もともと大多数の日本人にとっては分量が多い上に甘すぎ、シナモンの香りもきついと感じられた。砂糖類が大量に使われていることからカロリーを気にする層からは敬遠され、ブームは早々に下火となり、次々と閉店に追い込まれた。最後まで残った東京都港区アクアシティお台場店も2009年2月28日を以って閉店した。

なお2012年にブランドパートナーズ(シアトルズベストコーヒーのフランチャイジー)によって日本再進出を図り、11月中に六本木に1号店をオープンした。

横須賀基地沖縄宜野湾市キャンプ・フォスターなど米軍基地内には店舗があるが、基地に入る事が出来ない一般人は利用出来ない。 嘉手納基地など、シナボンの店舗が無い米軍基地でも、コンビニやフードコートの一角で売られている。

変遷[編集]

外部リンク[編集]