九州電気システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
九州電気システム株式会社
Kyushu Electric System Company, Inc.
種類 株式会社
略称 KDS
本社所在地 日本の旗 日本
812-0895
福岡県福岡市博多区竹下1丁目18番17号
設立 1952年昭和27年)3月4日
業種 建設業
法人番号 2290801005266
事業内容 鉄道工事、建設電気設備事業
代表者 代表取締役社長 小林 宰
資本金 9250万円
純利益 9億5276万8000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 134億1516万2000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 580名
主要株主 九州旅客鉄道(株) 100%
外部リンク http://www.kdsnet.co.jp/
テンプレートを表示

九州電気システム株式会社(きゅうしゅうでんきしすてむ)は、福岡県福岡市博多区に本店を置く、鉄道関連等の電気設備を行なう企業である。JR九州グループ。

概要[編集]

1952年昭和27年)3月の創業以来、九州一円の国鉄電気工事の設計および工事請負を行ってきた企業[2]

1987年昭和62年)4月1日国鉄分割民営化でJR九州が発足した[3]。国鉄時代は電気設備工事を全国規模の大手企業が受注していたが、JR九州設立を機に、九州に拠点を置き、JR九州と一体となって活動できる会社を必要とされたことから1989年平成元年)9月、JR九州の出資を受け、同社の子会社となった[4]

2009年(平成21年)、熊本支店の社員による技術解説「工事指揮者として作業への取り組み」が鉄道電業研究会 平成20年秋号に掲載された[5]

人材育成[編集]

人材育成には会社組織内に研修センターを置き、各種専門教育を行い体系化している[2]

沿革[編集]

  • 1952年昭和27年)3月 - 「大栄電業株式会社」として創立。
  • 1989年平成元年)9月 - JR九州の出資を受け、同社の傘下となる。
    • 同年12月 - 現社名に改称。

事業内容[編集]

  • 鉄道電気設備
    • 電車線路設備
    • 変電設備
    • 電灯電力設備
  • 信号通信設備
    • 信号設備
    • 通信設備
  • 鉄道その他
    • 設計業務
    • 新幹線工事
    • 海外鉄道事業
  • 建築電気設備
  • システム開発
  • オール電化・太陽光発電システム

事業所[編集]

ほか、九州島内各地に支店・工事所がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 九州電気システム株式会社 第68期決算公告
  2. ^ a b 九州電気システムの人材育成、九州電気システム、2002年6月2日付。
  3. ^ 九州旅客鉄道株式会社の沿革・役員経歴 - 企業情報サイト[COPO]
  4. ^ 『九州電気システム株式会社10年史』11ページ。
  5. ^ 鉄道電業研究会 バックナンバー 平成20年秋号 技術解説の段に記載有り。

参考文献[編集]

  • 『九州電気システム株式会社10年史』九州電気システム、2001年。

外部リンク[編集]