京成バス新習志野高速営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京成バス新習志野高速営業所(けいせいバスしんならしのこうそくえいぎょうしょ)は、千葉県習志野市茜浜にある京成バスの営業所。1980年12月京成電鉄自動車本部観光バス東京営業所と観光バス市川営業所を合併・統合して設立され、その後は貸切センターを経て船橋高速貸切センターを名乗ったが、2012年12月に船橋市宮本から習志野市茜浜の旧・船橋営業所茜浜車庫の跡地に移転し、現名称となった。

概要[編集]

営業所記号は、H(高速)又は7(貸切・特定バス)を用いていたが、貸切・特定バスについては後にHに変更された。

企業や学校法人などから要請を受けて、専用のバス(車両)を設定して運行している。運行費用などは企業や学校などが払っており、利用者が運賃を払う事はない。

大抵のバスは小型や中型バスを使用する事が多いが、最近ではスロープ付きバスやワンステップバスノンステップバスも走っており、バリアフリー化も進んでいる。

主な路線[編集]

空港リムジンバス[編集]

所属車両の一例(東京シャトル仕様)

羽田空港発着路線[編集]

PASMO・Suica利用可能
京成バス運行便の羽田空港行きのみPASMO・Suica利用可能


成田空港発着路線[編集]

トイレ無し・55人乗りの専用車を使用。[1]
  • 【成田シャトル】∶大崎駅西口バスターミナル→成田空港第2ターミナル→成田空港第1ターミナル→成田空港第3ターミナル→芝山中学校入口→芝山町役場 《千葉営業所との共同管轄路線。WILLER EXPRESS北信越千葉交通と共同運行》
大崎駅西口を9時45分発の成田空港・芝山町方面行きのみ当営業所が担当(復路は千葉営業所が担当)。


短距離高速バス[編集]

所属車両の一例(TDR~たまプラーザ線仕様)
現在は塗色変更
PASMOSuica利用可能。
かつては専用車があったが、現在は他路線と共通運用となっている。
かつて運行されていた専用車は車体色が青で、ディズニー関連作品のビデオが放映されていた。
PASMO・Suica利用可能
2017年から一部の便が奥戸営業所から移管され、当営業所でも担当するようになった。三井アウトレット系統は上りのみ担当。
2017年から一部の便が奥戸営業所から移管され、当営業所でも担当するようになった。


マイタウン・ダイレクトバス[編集]

秋葉原駅に向かうH656号車
PASMO・Suica利用可能


長距離・夜行高速バス[編集]

夜行専用車「K☆スター・ライナー」
かつて運行していたファンタジアなごや号(旧塗装車)
やまと号】 《奈良交通と共同運行》
神戸・大阪線
【ファンタジアなごや号】 《JR東海バスと共同運行》
  • (※) 開放休憩(乗客も車外に出られる休憩)は、上り西船橋行の場合、京成バスは海老名SA、JR東海バスは大黒PA。下り名古屋行は両社とも開放休憩なし。
    (注) 東京ディズニーシー (TDS) 、東京ディズニーランド (TDL) は上り便の停車順が入れ替わり、上下とも先に東京ディズニーシー(TDS)に立ち寄る(休園日はともに通過)。
    • 正式路線名は名古屋線である。ジェイアール東海バス(名古屋支店)と隔日で運行を担当。夜行便1日1往復。
    • 独立3列シート、28〜29席、化粧室(トイレ)付きの三菱ふそう・エアロクィーン(スーパーハイデッカー)で運行、車内禁煙。ワンマン運転であり、途中での乗務員交代は無い。
      • 2002年2月8日 - 京成電鉄とJR東海バスが共同で運行開始。
      • 2003年10月1日 - 京成バスが京成電鉄からバス事業を譲り受け営業開始。本路線も京成バスの運行となる。
      • 2006年7月20日 - 西船橋行きが「本山」から乗車、名古屋行きが「星ヶ丘」で降車できるようになる。
      • 2007年3月1日 - 曜日・席数限定の早期購入割引運賃が設定される(「早売3」)。
      • 2007年10月19日 - 名古屋行きが「本山」で降車できるようになる。
      • 2008年6月6日 - 「横浜駅 (YCAT) 」バス停を追加。
      • 2009年4月1日 - 「名古屋インター」バス停を追加。
      • 2018年12月25日 - K・スターライナー運行開始。京成バス担当便の全車両がスーパーハイデッカー化。
  • 上りの停車バス停であるオアシス21の電光案内表示では、終点の「西船橋駅」ではなく「横浜・お台場・TDR」(英語では『Tokyo-Disney-Resort』のみ)と表示される。[要出典]
    発車オ~ライネットでこの路線を予約した場合、発券は京成バスかJR東海バスなどの窓口のみとなり、コンビニ発券やWEB乗車票出力はできない。[要出典]


深夜急行バス[編集]


幕張メッセ臨時バス[編集]

YCATを発車する臨時幕張メッセ行きH641号車(2019年6月12日撮影)

横浜シティ・エア・ターミナル線[編集]

幕張メッセで開催されるイベントの規模や内容に応じて運行される。YCAT発の便は新習志野高速営業所と京浜急行バス新子安営業所のみの運行だが、幕張メッセ中央発の便は、他の営業所に所属する高速バス用車両も運行にあたり、過去には江戸川営業所の貸切車が応援に就くこともあった。YCAT発便は乗車時の現金の取扱いができず、事前にチケットの購入が必要となる。また、SuicaPASMOなどのICカードは使用できない。

東京線・秋葉原線[編集]

幕張メッセで開催されるイベントの規模や内容に応じて運行される。通常は東京駅止まりであるが、秋葉原駅まで延長運行される時などの際に新習志野高速営業所の車両が充当される。

渋谷線[編集]

幕張メッセで開催されるイベントの規模や内容に応じて運行される。

貸切・特定バス[編集]

貸切・特定バスは、以前は船橋高速貸切センターにて運行されていたが、2005年11月京成バスシステムが設立され、京成バスで運用されていた千葉県内の貸切・特定バスの大部分は京成バスシステムに移管された。 現在、当営業所における貸切業務は次の通りである。

船橋営業所から移管されたららぽーとシャトルバス
イオンフードサプライ企業送迎バス(2019年7月3日撮影)
    • 成田空港交通時代は、『イオンフードサプライ(旧・フードサプライジャスコ) - JR津田沼駅』・『イオンフードサプライ - 京成津田沼駅』・『ダイエー東京プロセスセンター - JR津田沼駅・京成津田沼駅』の3便が設定されていたが、京成バスへの移管の際に1便に統合された。
  • サマーソニック】∶ZOZOマリンスタジアム → 幕張メッセ → ZOZOマリンスタジアム 《京成バス新都心営業所と共管》
サマーソニック開催日のみ運行。会場となる幕張メッセとZOZOマリンスタジアムの観客輸送を目的とした無料シャトルバスで、プラチナチケット購入者専用バスを新習志野高速営業所が担当し、それ以外の一般チケット購入者の輸送は新都心営業所が担当する。2019年度は輸送を担当せず、新都心営業所・習志野出張所江戸川営業所金町営業所・千葉海浜交通・ちばフラワーバスがプラチナチケット便と一般チケット便を分担した。


過去の担当路線[編集]

貸切・特定バス[編集]

高速バス・空港リムジン[編集]

車両[編集]

  • 高速車
基本的に三菱ふそうのハイデッカー車、便所付き。少数派で日野・セレガもある。(便所なしは京成トランジットバスからの移籍車と東京シャトル専用車)
東京シャトル専用車は1列多い12席あり間隔が狭い。成田空港~幕張新都心方面でも使用されている。
2008年ごろから奥戸営業所よりいすゞ車が転入。(H069、H070、H077~H082)これにより千葉羽田線移管と同時に転入してきたH313、H314、H318、H319を置き換えた。
かつては観光車を路線改造した車両もあった。(京都行夜行専用車など)
塗装は旧塗装(KaNaCカラー)、新塗装、夜行カラー(H620、H621の2台)、たまプラカラー(H624、H625の2台)の4種類。2010年現在、新塗装化が完了しセンターオリジナル塗装は消滅した。
2011年4月現在、旧KaNaCカラーを纏う車両はH323、H327、H328、H613~H615の6台のみ。
2014年から三菱ふそう・エアロクイーンの夜行専用車「K☆スター・ライナー」が導入されている。
2016年からリフト付きの日野セレガを導入し、8月16日から担当する成田空港線成田空港~海浜幕張駅・幕張メッセ間で実証実験を開始した。
  • 特定車
他の営業所から移籍してきた年式の古めの車両が多い。ららぽーとTOKYO-BAYシャトルバスは船橋競馬場駅行きが日野・ブルーリボンシティハイブリッド、南船橋駅行きは現在三菱ふそう・エアロミディMKいすゞ・エルガミオ"7mBUS"と共に2台で運行される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 共同運行便については専用車でなく通常のリムジン仕様の場合有
  2. ^ 2011年1月1日より2015年3月31日までは阪急バス2010年12月31日までは阪神バスとの共同運行