五反田川 (神奈川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五反田川
五反田川 2005年10月12日撮影
神奈川県川崎市多摩区栗谷付近
水系 一級水系 多摩川
種別 一級河川
延長 4.755 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 8.0 km²
水源 川崎市麻生区細山
水源の標高 -- m
河口・合流先 二ヶ領本川
(川崎市多摩区登戸)
流域 神奈川県川崎市
テンプレートを表示
二ヶ領本川に合流するよう改修された五反田川。すぐ側を小田急小田原線の線路が通っており、それを越えるため上空には府中街道の陸橋が架かる。

五反田川(ごたんだがわ)は、神奈川県川崎市麻生区および多摩区を流れる河川多摩川水系の支流。全長4.7kmの山地性急流河川である。

地理[編集]

神奈川県川崎市麻生区細山に源を発し、高石、西生田、栗谷、生田の各地区を東へ流れ、多摩区枡形で二ヶ領用水本川に合流する。

1927年(昭和2年)の改修事業に伴い、現在は多摩川水系平瀬川支流二ヶ領本川に合流する支流に位置づけられており、そのうち下流部1.48km一級河川として、上流部3.275km準用河川として管理され、現在はほぼ全線にわたりコンクリート護岸化されている。

かつては豊かな森であった多摩丘陵の一角を水源とする自然河川であったが、水源付近では近年著しく宅地化が進んでいる。河床勾配が急な河川のため、保水力を失った周辺部より一斉に流入する雨水により流量が激増するため、下流部でしばしば起きる洪水の一因となっている。そのため河川を管理する川崎市では放水路整備などを検討している。

流域の自治体[編集]

神奈川県
川崎市麻生区多摩区

河川施設[編集]

橋梁[編集]

外部リンク[編集]