地上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地上(ちじょう)とは、地面の表層部(直接接している場合のみならず、接触していない場合を含む場合もある)を表す概念である。通常、海面上及び海中は含まず、河川等の水中は含んで使用されることがある。使用される文脈により定義が一意でない概念である。

地表の下を意味する「地下」の対義語として用いられることがある。たとえば建物の説明で「地上x階、地下y階建て」などと表記されるのがその一例である。

空中」の対義語としても用いられる。旅客機に乗る客室乗務員に対して、空港などで働く職員のことを「地上係員」と呼んだりすることが挙げられる。

地表面に固定してあるという意味で用いられることもあり、この例には、地上子などがある。

地表に接していない場合を含んで使用される場合は、おおむね、一般的な人類の日常生活・行動・利用の対象となる空中を含むが、通例として宇宙空間は含まれない。この例には、衛星放送との対義語として使われる地上波放送がある。

このほか、地球上すなわち世界全体を表す言葉としても使われる。使用例としては「地上最大」「地上初」など。

関連項目[ソースを編集]