走れ!ケー100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
走れ!ケー100
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜19:30-20:00(30分)
放送期間 1973年4月13日 - 1974年3月29日(51回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
企画 佐賀邦夫
出演者 大野しげひさ
オープニング 「ピポピポ旅行」にしきのあきら
テンプレートを表示

走れ!ケー100』(はしれケーひゃく)は、TBS系で1973年4月13日から1974年3月29日まで放送されたテレビドラマである。提供スポンサーは日立グループ一社。

概要[編集]

第1話ラストで鹿児島・桜島をバックに国道10号を走り、ケー100と紋太の旅がスタートする(1974年の写真)

蒸気機関車ケー100に乗った主人公が全国各地を回る道中記で、舞台となる土地でロケを行なった。当初は半年の放送予定だったが、折からのSLブームもあって好評を得たため延長され、鹿児島から夕張、夕張から沖縄と日本一周をすることとなった。

放映開始1週間前の4月6日には、当番組の前夜祭として、「発車オーライ! 走れ!ケー100」が放送された。これは番組の宣伝を兼ねて、大野しげひさハナ肇といった出演者や小学生がゲーム合戦をする内容だった。映像が現存するかは不明。

ストーリー[編集]

鉄工所の息子・末永隆がスクラップにされる所だった蒸気機関車ケー100を道路を走れるように修理・改造し、かつてケー100の機関士だった老人・北川久作と再会させるべく鹿児島から北海道に向かう計画を立てるが、足に大怪我を負い断念してしまった。それを見かねた薩摩隼人・伊賀山紋太が隆の代わりに北海道、夕張に向け日本各地を縦断する。

当初は夕張がゴールだったが、沖縄から届いた一通の手紙を見て、鉄道の無い沖縄の子どもたちのためにケー100で沖縄へ行くことを決意する。

キャスト[編集]

  • 伊賀山紋太:大野しげひさ
  • 岡本節子:大川栄子(第1 - 27・39・41・43・45 - 47・50・51話)
  • ノブちゃん(石田伸子[1]):秋元京子(第1 - 35・36話(声のみ)・48話)
  • 伊賀山嘉代(紋太の母):石井富子(第1 - 26・39・41・48話)
  • 末永隆:長田伸二(第1 -3・10・11・15 - 22・25・26・48話)
  • 紋太の父:木田三千雄(第1・26話)
  • 隆の父:ハナ肇(第1・2・48話)
  • 石橋正彦(ペテン師):杜沢泰文(第34 - 37・39~51話)
  • 北川久作(ケ-100の最初の機関士):笠智衆(第25・26話)
  • 倉田(悪徳興行師):なべおさみ(第16・17話)
  • 新垣幸三郎(元沖縄軽便鉄道の機関士):藤原釜足(第50話)
  • 医者:金城哲夫(第50話)
  • ナレーター:野沢那智(第2 - 5話)

ケー100[編集]

国鉄ケ100形蒸気機関車。「ケー100」(K100)の名の元になったが、形は全く異なる。(横須賀線久里浜駅、昭和20年10月)
門司港駅。第5話でケー100を駅構内の線路をタイヤのまま走らせようとするが、失敗。
関門人道トンネルの、福岡県・山口県境部分。第5話で紋太がケー100の重い煙室扉を抱えて歩いた。
第7話でケー100がくぐった広島県・厳島神社の大鳥居。
第17話で店内を走行した小田急百貨店新宿店。
第27話で節子が帰京時に利用した北海道の松前線(1988年廃線)松前駅(1987年撮影)。
第31話「人情機関車と新米刑事」に登場の新潟県・磐越西線咲花駅旧駅舎(2004年撮影)。2014年に新駅舎が完成した。

元は50年前から北海道夕張炭鉱で働いていた軽便鉄道の機関車。廃車になり鹿児島の鉄工所に放置されていた所を、鉄工所の息子である隆少年と近所の紋太(22歳[2])によって修理される。車輪の代わりに道路を走ることが出来るようにゴムタイヤが付けられた。

(設定上の)重量は5トン[3]。第5話では関門海峡を突破するために紋太達が知恵を絞り、最終的にはケー100をポンポン船で運んでもらおうとするが、そのままでは重量オーバー。重い煙室扉は取り外し、それを紋太が抱えて地下の関門人道トンネルを必死で歩き山口県側まで運びポンポン船と合流した。

第7話では紋太が海岸で昼寝中に満潮になりケー100が厳島神社近くの海に浮かんでしまい、偶然ケー100が水上も走れることが明らかになった。津軽海峡は自力で渡り北海道に上陸した。

階段を登る事も可能で、第11話京都・滋賀編で神社(名称不明)の石段、第16話で向ヶ丘遊園(現・生田緑地ばら苑)の大階段、第30話で山形県・出羽三山神社(羽黒山)の2446段の石段を登った。第39話では鳥取砂丘を縦横無尽に走り回った。

ケー100はただの機械ではなく自分自身の意思を持っており、紋太の言うことを聞かずに勝手に動くこともしばしば。第20話では漁港で引き揚げられたゴンドウ鯨に怯えて震え、逃げ出した。

最終回ではハブにタイヤをかまれて瀕死になり[4]、医者から聴診器診察されたり血清用の注射をされるという生き物のような扱いを受けた。

ヘッドライトを袋などで隠されると普通の機関車になってしまう弱点を利用され、ケー100はしばしばペテン師・石橋正彦によって盗まれた。

第18話で機関車工場(日立製作所水戸工場)の協力を得て車輪を取り付け、旅の開始以来初めてレール上を走行した。勝田駅付近の常磐線の線路と並行している日立製作所従業員輸送用の専用線(1993年廃止)が撮影に使用された。

第25話では再会を記念して機関士姿の北川久作(笠智衆)を乗せ、三菱大夕張鉄道大夕張炭山駅(1973年12月廃止)を走り抜けた。

撮影用の車両はカナダ製水陸両用車アンフィキャットの改造で、実際に水上を走ったり、階段を登るなどの芸当が可能だった。1~3号車の計3台のケー100が作られた。1号車を使い3月4日から撮影開始したが同月中旬、第2話宮崎編のラストを大分県別府市で撮影中に炎上、焼失してしまった。制作準備中だった2号車の完成を急ぎ3月25日に撮影を再開、番組中止の危機を乗り越えた。その後2台体制とするため、急遽3号車も作られた。

撮影終了後、残った2台は百貨店などを巡業し、2号車は朝霧高原グリーンパーク(静岡県富士宮市、閉鎖済み)、3号車は沖縄こどもの国に譲渡された。共に現存していない。

番組名は「ケー100」だが、ナンバープレートには「K100」と書かれている。国鉄では実際に軽便鉄道規格の蒸気機関車に「ケ」という称号を付与しており、「ケ100」も実在した。放映当時の新聞記事[5]には、福岡県久留米市にあった廃車体[6]の写真が保育社カラーブックス「蒸気機関車」(1968年、広田尚敬)において「久留米の、ある屑鉄屋の店先に置かれたケ100」(併記された英語解説文では、KE100)として紹介されたことが、企画のヒントになったことを示唆する記述がある。その機関車は2004年時点では現存が確認されているが、荒廃が進んでいる[7]

「ケ」の付く機関車はケ90形が保存されている。

スタッフ[編集]

クレジットはされていないが、枝川弘監督は自身が監督した第38話で古着屋の主人を演じている。

助監督の田中秀忠は第34話で乱暴な運転で屋台を壊した犯人、撮影の知識護は同じく第34話でケー100をバックに恋人の写真を撮ろうとして石橋に「モデル代」を請求される役でゲスト出演している[8]。二人とも台詞は一言。

放映リスト[編集]

OPにクレジットされている全てのゲスト出演者を記した。

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1973年
4月13日
汽笛一声、青い空(鹿児島の巻) 高橋二三 青野暉 ハナ肇如月寛多木田三千雄、清水信一(現・真実一路)
赤城信、栗島ひろし、松阪みね男
2 4月20日 南の島に煙を残して(宮崎の巻) 玉村駿太郎、沢田正昭、狭間鉄、関敬六佐伯徹ハナ肇
3 4月27日 汽笛が呼んだ高原の春(大分の巻) 枝川弘 白取雅子、南祐輔、田中春男
4 5月4日 機関車野郎をやっつけろ!(福岡の巻) 山内友宗、森実重雄(劇団道化)、猿渡冨美子
藤田敏美、辻直之、長根敏行、斧田一規、工藤智章
5 5月11日 しぶきをあびて、突破せよ!(北九州の巻) 田村多津夫 青野暉 梅津栄、吉村景文、今村直樹 、西郡英利、江藤茂利、石川宏士郎
6 5月18日 ドリーネの追跡(山口の巻) 西脇政敏野口ふみえ、深田恒存、小林達彦、石島正勝
7 5月25日 シュッシュッポッポ海の上!(広島の巻) 高橋二三 青野暉 梅津昭典、青木千里、金井大、池田美佐子、間瀬勝美、成田修子、豊島浩二
8 6月1日 どうして、どうして後もどり?(岡山の巻) 枝川弘 内海和子、下田知万里、岡嶋邦義、山田佳子、坪田育子
9 6月8日 煙モクモクなんだ坂、こんな坂(兵庫の巻) 才賀明 染谷利貴、森秋子、岩城和男、馬場勝義、暁新太郎
10 6月15日 隆くんがやって来た(大阪の巻) 藤岡重慶大村崑高田次郎[9]、中森肇子
11 6月22日 お百度まいりの石段登れ!(京都・滋賀の巻) 田口耕三 青野暉 児島美ゆき八汐路佳子、布目真璽、森田夏代
深田章子、小島三代能、荒井則博
12 6月29日 おかしなおかしな鵜飼い(岐阜の巻) 田村多津夫 サリー・ウォーカー、小柳冴子、岩田直次、大森久綱
13 7月6日 海水浴はいい気持ち(愛知の巻) 杉山よしお、浜田寅彦、南知子、舟木淳、柳有、
14 7月13日 ニセモノ紋太富士を行く(静岡の巻) 高橋二三 枝川弘 福島資剛、乙黒ますみ、細川俊夫穂高稔
15 7月20日 ほんとにきちゃった海賊船(神奈川の巻) 天野美保子、加藤嘉如月寛多、尾美利徳(現・尾美としのり)、岩本和弘
16 7月27日 サン、ニイ、イチ、大階段を登れ!(東京の巻) 田口耕三 青野暉 なべおさみ柳生博、山田慶造、江夏宏城、藤木満寿夫、森今日子
吉松政子、徳川清(徳川龍峰)
17 8月3日 危機いっぱつ!屋上の対決(東京の巻) なべおさみ、湊俊一、江夏宏城、藤木満寿夫
18 8月10日 進めや進めレールの上を(茨城の巻) 高橋二三 枝川弘 酒井克彦、高津住男寄山弘、謙昭則
19 8月17日 牛乳運んでピポピポピ(福島の巻) 岩崎和子
20 8月24日 相手が鯨じゃでかすぎるョ(宮城の巻) 高峯圭二(高峰圭二)、橋本仙三
21 8月31日 チャグチャグ機関車でお嫁入り(岩手の巻) 中野恵之 才賀明 川口恵子、門間利夫、成瀬昌彦
22 9月7日 おばけなんかはへいちゃらさ(青森の巻) 田口耕三 青野暉 本間文子、伊東あつ子
23 9月14日 はるばる来たぜ北海道(函館の巻) 田口成光 長谷川秀人、外野村晋和沢昌治、金田修、結城守夫
24 9月21日 火事だよ、機関車大ピンチ(札幌の巻) 枝川弘 ゲストなし
25 9月28日 大爆発!会えるかおじいちゃんに…(夕張の巻) 高橋二三 笠智衆、宮田真、末吉敏男、村井洋
26 10月5日 めざすは沖縄出発進行!(夕張の巻) 田口成光 青野暉 笠智衆木田三千雄宮田真、紺野秀樹[10]、丸谷小一郎、福沢千比呂
27 10月12日 機関車は櫓で行くギッチラコ(松前の巻) 田口耕三 成川哲夫、渋谷健一
28 10月19日 機関車ゆうかい大事件!(弘前の巻) 三浦誠、田島義文、笠本俊介
29 10月26日 機関車は名探偵(秋田の巻) 高橋二三 枝川弘 玉川良一、山崎純、黒田英彦、大山貴子、逗子トンボ、玉川フクロー
30 11月2日 それ行け登れ!二千段(山形の巻) 野口英行、中村是好曽根秀介、堤昭夫、平原正敏
31 11月9日 人情機関車と新米刑事(新潟の巻) 田口耕三 姫ゆり子、生方中、坂部文昭白石奈緒美
32 11月16日 ニセモノ機関士大爆走!(佐渡の巻) 田口成光 中野恵之 住吉正博三井弘次、柳下達彦、林靖子、坂井成
33 11月23日 霧の中の遭難・・・・(富山の巻) 高橋二三 松原和仁、福田公子、桜井正良、松本健一
34 11月30日 機関車ツボ焼き大繁昌!(能登の巻) 田村多津夫 青野暉 西山恵子、小林テル、北條正治、簡野典子
35 12月7日 名産はカマ焼きの壷?(金沢の巻) 田口耕三 北川美佳(現・喜多川美佳)、北沢彪、相原臣典、亀田秀紀、藤田利行、佐藤浩彦、矢代圭
36 12月14日 ペテン師騒動(福井の巻) 高橋二三 枝川弘 人見きよし庄司永健成川哲夫、長江治、勝治淳、船木浩行、山本武、美濃部厚、千葉清和、
37 12月21日 機関車は魚のお家(三方五湖の巻) 柿崎澄子、三谷幸子、人見きよし、庄司永健、勝治淳、長江治
38 12月28日 機関車は親孝行(舞鶴の巻) 田口耕三 村田千榮子、江原一哉、大原百代、松田真理
39 1974年
1月4日
機関車タコは一等賞(鳥取の巻) 青野暉 佐瀬陽一、渡辺厳一、富山真沙子、高木二郎
40 1月11日 教頭先生は大助かり(大山の巻) 青野暉 簾内滋之(すのうち滋之)、小園蓉子高品格、紅理子、鈴木唯志
41 1月18日 少年は冒険せよ(萩の巻) 川崎公明(現・加川明)、泉よし子、織本順吉
42 1月25日 ペテン師がダマされた(唐津の巻) 高橋二三 枝川弘 ゆうきみほ大塚弘君夕子
43 2月1日 奇跡が起った!(平戸の巻) 田口耕三 岩崎洋也、渡辺千世、永井玄哉
44 2月8日 機関車と不良少女(長崎の巻) 青野暉 朋みはや、田村明彦、たうみあきこ中島元、富家郁子、磯田由紀子
45 2月15日 機関車闘牛計画をつぶせ(天草の巻) 高橋二三 橋本美佳神谷信弘、山野辺敦、高村章子
46 2月22日 噴火だ!救助隊出発(阿蘇の巻) 田口成光 多和田聰、松下砂雅子、小川宗一、花上晃、田村孝司(無双大介)、田中清治
47 3月1日 機関車をノックアウトせよ(指宿の巻) 高橋二三 枝川弘 津坂浩史、田中筆子、松田剣、柳田金一、猪又睦彦
48 3月8日 機関車は薩摩隼人でごわす(鹿児島の巻) ハナ肇高原駿雄大矢兼臣、塚田たかし
49 3月15日 助けて!紋太さんの幽霊だ(沖縄の巻) 竹下景子、紺野英樹[10]平良トミ、宮城勉、平凡太郎
50 3月22日 おじいちゃんの軽便鉄道(沖縄の巻) 上原正三 藤原釜足[11]、石立昭男、梶正昭仲嶺真永金城哲夫
51 3月29日 進め!夕日のかなたへ(沖縄の巻) 田口成光・青野暉 青野暉 山本耕一松風はる美猪谷 聡北村三郎、翁長武

エピソード[編集]

第25・26話夕張編にケー100の最初の機関士・北川久作役で出演した笠智衆は、スタッフが交渉した所「テッパリ(スケジュールが重なった仕事)はわしが先方に断る、是非出演したい」と言い、絶対に飛行機には乗らないと業界で有名だったが、我慢して乗ってまで出演してくれた。孫がケー100のファンで必ず出演すると約束していたという[12]

第15話では当時7歳の尾美としのりが少女・みどり(天野美保子)の同級生役(黄色のシャツのほう)で出演。尾美の確認されている限り最も古い出演作である。[13]

後におニャン子クラブのメンバーになる内海和子が第8話で幼稚園児・マリ役でメインゲストとして出演している。

後に透明ドリちゃん(1978年)で主演を務める柿崎澄子が第37話でケー100を海に沈めようとする少女・ミヨ役で出演。

夕張に到着した第25話「大爆発!会えるかおじいちゃんに…」は、本来最終回として制作された。 放映順と違い第24話札幌編の方が後に撮影され、1973年7月31日(第16話放映後)に撮影が終了した。局内で新企画の検討の検討が行われるも、視聴率が評価され、結局8月20日頃にケー100の延長が決定[14]。撮影再開の第26話からは、夕張から前年5月に本土復帰した沖縄に向けて旅を続ける事になった。

笠智衆を含む出演者・スタッフを再び集め、8月29日(第20話放映後)に一ヶ月ぶりに撮影を再開した。後半の一時期、大川栄子、秋元京子、石井富子が出演していないのは、急な番組延長によりスケジュールを合わせられなかったためと思われる。

円谷プロを退社し沖縄に帰郷していた脚本家・金城哲夫が、第50話「おじいちゃんの軽便鉄道」で医者役で出演(台詞あり)[15]。金城は2年後の1976年に亡くなった。

沖縄戦で破壊され廃線となった沖縄県営鉄道を扱った同話の脚本は、沖縄出身で金城の盟友の上原正三が担当した。2005年5月発売のドキュメンタリーDVD「金城哲夫 西へ!」では金城の出演場面が収録され、一部ではあるがこれがケー100の初ソフト化となった。

第26話でケー100に沖縄へ来てもらうよう夕張まで頼みに来た少年は、金城哲夫という役名だった[16]。これは脚本の田口成光、青野監督がかつて円谷で仕事をした関係で共に金城と親しかったため、沖縄繋がりで自然と役名が決まったという[8]。第49話では、金城哲夫少年の姉を竹下景子(当時20歳)が演じた。

最高視聴率は第22話の14.9%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。全話中、山場となる夕張到着までの第22~25話のみ全て14%代であった。当初8~9%代だったが、第7話以降は第47話を除き2ケタ代を維持し、比較的好調だった。

ルートの都合で栃木県、群馬県、山梨県、長野県、三重県、奈良県、和歌山県、四国各県は通らなかった。東京都から茨城県へ行くには埼玉県か千葉県を通る必要があるが、省略された。

当初は四国がルートに含まれていて、大分県・別府から愛媛県八幡浜・松山、高知県・桂浜、徳島県・鳴門を経て大阪に至るストーリーが検討されていた[17]。しかし、早く夕張に着かなければいけないので最短距離で行くべきだという意見が出て実際の作品では変更された[8]

石橋正彦役の杜沢泰文は、成川哲夫がレギュラーとなる案があったがゲストのみとなったことを証言している[18]

主題歌[編集]

ソニー・ミュージックレコーズから発売のCD「GOLDEN☆BEST にしきのあきら」(2009年9月発売、MHCL-1614)、「GOLDEN J-POP/THE BESTにしきのあきら」(1998年11月発売、SRCL-4416)などに収録。 まきのりゆき[20]によるカヴァー版が放映当時に東芝レコード・東宝レコードから発売され、CD「昭和テレビ歌謡ベスト30」(2004年8月発売、東芝)に収録されている。DAM (カラオケ)で2014年に配信開始された[21]

挿入歌

  • 「いいじゃないか」(作詞・作曲・編曲・歌は主題歌と同じ)

にしきのあきら版は未CD化。作詞者のかまやつひろしによるカヴァー版がLP「釜田質店」(1973年発売)に収録、1994年にCD化されたが、廃盤となっている。

放送局[編集]

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考
関東広域圏 TBS TBS系列 金曜日
19:30 - 20:00
制作局
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ NET系列
TBS系列
岩手県 岩手放送 TBS系列 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
新潟県 新潟放送 TBS系列
山梨県 テレビ山梨
静岡県 静岡放送
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
近畿広域圏 朝日放送
鳥取県
島根県
山陰放送
岡山県 山陽放送 当時の放送地域は岡山県のみ
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
NET系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 RKB毎日放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
沖縄県 琉球放送
石川県 北陸放送 水曜日
18:00 - 18:30
5日遅れ
長野県 信越放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
鹿児島県 南日本放送 金曜日
18:00 - 18:30
7日遅れ

映像ソフト[編集]

ジェネオンエンタテインメントよりDVDボックスが発売されたが、2012年現在新品在庫は無い。第5・7・17・26・45・51話は青野監督と知識護(撮影チーフ)によるオーディオコメンタリーを音声特典として収録。次回予告はフィルム紛失のため未収録である。

  • めざせ!夕張編(1 - 25話、2007年9月21日発売)
  • 行くぜ!沖縄編(26 - 51話、2007年11月21日発売)

関連書籍[編集]

  • 岩佐陽一「最終回にほえろ! Part3」(同文書院、2000年2月発売)
    ケー100を大きく取り上げ、青野暉監督インタビューを掲載。番組終了後にソ連と合作で映画化の企画が持ち上がり、参考に京都編のフィルムを見せるなどしたが、日本側で乗ってくれる映画会社が見つからず結局実現しなかったという話が青野監督から明かされている。ケー100が北海道からシベリアに渡って、レニングラードに向かう構想だったという。
  • 高石朝夫「走れ!ケー100の青春」(文芸社、2012年8月発売)
    企画・原作者の佐賀邦夫がペンネームで執筆した、ケー100制作現場を描いたドキュメンタリー風フィクション小説。第2話撮影中のケー100炎上事故に多くページが割かれている。人名、社名、ケー100以外の作品名などは架空のものに変更されている。大野しげひさ→大山しげゆき、大川栄子→王禅寺英子、TBS→東京中央テレビ、「男はつらいよ」→「さすらいの辰五郎」など。
  • 「上原正三シナリオ選集」(現代書館、2009年8月発売)
    第50話「おじいちゃんの軽便鉄道 沖縄の巻」のシナリオ「うるま島発銀河特急便」を収録。
  • 青野暉監修・佐賀邦夫編集「走れ!ケー100 その奇跡の旅路記録写真集」(「走れ!ケー100」第一回放送終了35周年記念記念写真集編纂委員会、2009年10月発行)
    スタッフ、出演者、ファンなどが所蔵するケー100に関する写真、資料を一挙に掲載した同人誌。80ページ。大半のゲスト出演者の役名の記載もある。国会図書館東京本館、関西館にて閲覧可能[22]

玩具[編集]

  • 1/43 走れ!ケー100 No.01 ケー100前期型
  • 1/43 走れ!ケー100 No.02 ケー100後期型
    2007年11月、アオシマ(青島文化教材社)から発売。ケー100を1/43スケール塗装済み完成品で模型化。第26話以降、車体の色が青から紺色に変わっているため、前期型と後期型の2種類が発売された。ゴムタイヤ姿の他、同梱の鉄道車輪(回転はしない)に取り替える事で、劇中の線路走行シーンを再現出来る。動力ユニットは別売り。2015年8月現在、後期型のみメーカー在庫がある[23]
  • タカトク製ソフビ玩具
    放映後にケー100を引き取った朝霧高原グリーンパークで販売されていた物は、パッケージの日本地図で同パークの位置が示されている。そのデッドストックの未開封品を多数ノスタルジックヒーローズ(静岡市)が販売している[24]
  • まぼろしソフビシリーズ第1弾 走れ!ケー100
    2007年11月、トーイズから発売。ソフトビニール製。タカトクの商品を元にしている。

脚注[編集]

  1. ^ 石田伸子という本名は設定のみで、作中で呼ばれる事はなかった。
  2. ^ 第16話のセリフより。当時の大野しげひさは33歳。
  3. ^ 第5話より。これは通称「5トン機関車」のケ100形蒸気機関車と同程度。臼井茂信「国鉄狭軌軽便線 5」鉄道ファン1983年6月号 (No.266)P88参照
  4. ^ テレビドラマ版男はつらいよ最終回で寅さんが奄美大島でハブに噛まれて死んでしまうが、影響があったかは不明。
  5. ^ 毎日小学生新聞・昭和48年3月1日(発車オーライ!走れケー100)
  6. ^ この廃車体は鉄道ファン1968年7月号、1985年3・5月号、1999年11月号、RailMagazine1994年6月号、臼井茂信「機関車の系譜図 2」(1973年、交友社)などでも紹介された。ただしカラーブックスの「ケ100」という説明は誤りで、実際はケ100とは無関係の機関車である。
  7. ^ 山下商店の「深川」。 - 編集長敬白アーカイブ 「山下商店のSL」(泡沫軌道部)
  8. ^ a b c DVD「行くぜ!沖縄編」解説書
  9. ^ クレジットの二郎は誤植。
  10. ^ a b 金城哲夫少年役。第26話では「紺野秀樹」、第49話では「紺野英樹」とクレジットされているが、どちらが誤植かは不明。
  11. ^ クレジットの藤原鎌足は誤植。
  12. ^ 「走れ!ケー100 その奇跡の旅路記録写真集」P33
  13. ^ 尾美は公式には1978年、13歳で市川崑監督の映画『火の鳥』でデビューした事になっており、正確なデビュー作は不明。
  14. ^ 「走れ!ケー100 その奇跡の旅路記録写真集」P35
  15. ^ 金城哲夫は藤原釜足が演じる元軽便鉄道機関士を診察する医者の役。
  16. ^ 第49話で登場した際は次回で金城哲夫本人が登場するため、役名を名乗る事も呼ばれる事も無かった。(第51話オーディオコメンタリー・青野監督の発言)
  17. ^ DVD「めざせ!夕張編」解説書に採録の企画書
  18. ^ 「INTERVIEW 杜澤たいぶん」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.69-71、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  19. ^ OPにはクレジットされていない。
  20. ^ こおろぎ'73の初期メンバー。
  21. ^ 演歌・歌謡 今月の最新配信曲2016年9月25日閲覧
  22. ^ 走れ!ケー100 : その奇跡の旅路記録写真集 : 第一回放送終了35周年記念記録写真集 (「走れ!ケー100」記念写真集編纂委員会): 2009|書誌詳細|国立国会図書館サーチ2016年3月9日閲覧
  23. ^ 道路を走る機関車! アオシマ 1/43 走れ!ケー100後期型 入荷しました(上新電機Joshin web J-鉄道部)2016年3月9日閲覧
  24. ^ 「最終回にほえろ! Part3」、タカトク「走れ!ケー100フィギュア」-ノスタルジック・ヒーリーズ2014年11月16日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 金曜19時台後半(一部地域を除く)
前番組 番組名 次番組
走れ!ケー100