小田急箱根高速バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田急電鉄 > 小田急箱根高速バス
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:各路線の沿線風景(走行写真)、路線図の画像提供をお願いします。2012年10月
小田急箱根高速バス株式会社
Odakyu Hakone Highway Bus, Co., Ltd.
ロゴ
高速バス
高速バス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
156-0051
東京都世田谷区宮坂三丁目1番60号
本店所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿一丁目8番3号
設立 2000年8月1日
業種 陸運業
法人番号 1011101030223 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業、一般貸切旅客自動車運送事業 他
代表者 代表取締役社長 二見則之
資本金 5000万円
純利益 6851万1000円(2021年03月31日時点)[1]
総資産 6億0121万9000円(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 100人
決算期 毎年3月31日
主要株主 小田急電鉄 100%
外部リンク https://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/
テンプレートを表示

小田急箱根高速バス株式会社(おだきゅうはこねこうそくバス、: Odakyu Hakone Highway Bus, Co., Ltd.)は、新宿駅御殿場駅箱根エリアを結ぶ高速バスや、貸切バスなどを運行しているバス会社。

以前は小田急箱根ホールディングス傘下であったが、箱根線の採算収益性が好調(特に団体を伴わないインバウンド客の利用増)であることや、小田急電鉄本体事業との相乗効果による更なる収益向上を目指すことから、小田急電鉄直下に改組された。本社は東京都世田谷区宮坂にある。

元々は小田急電鉄が従来より運行していた新宿と箱根方面を結ぶロマンスカーを補完する目的で、直営のバス部門(高速自動車課)として1969年6月6日に開設されたものである[注釈 1]。その後、同バス部門が2001年4月1日に分社化[注釈 2] されて現在に至る。

営業所[編集]

  • 経堂営業所
所在地:東京都世田谷区宮坂3丁目1番60号[2]
  • 御殿場営業所
所在地:静岡県御殿場市東田中1138番13号[2]
営業所では、案内の他、グッズなどの販売もしている。

この他、かつては新宿駅西口35番のりば前の小田急ハルク1階にて「小田急高速バス案内所」を営業していた。2016年4月バスタ新宿開業に伴い高速バスの出発便が集約された後も営業を続けていたが、開業から1年経過して移行が進んだことから2017年3月31日をもって乗車券の発売を終了し[3]、同年6月15日をもって閉所した[4]

2022年1月1日付けで小田急シティバス小田急バス子会社)と合併し、小田急箱根高速バスを存続会社とし「小田急ハイウェイバス株式会社」に商号(社名)変更することを2021年12月1日に発表した。なお、本社は小田急シティバスの所在地(世田谷区若林)に置かれる[5][6]

路線[編集]

当初の新宿駅と御殿場・箱根地区を結ぶ路線に加えて、2004年からは羽田空港・横浜駅発着路線を運行するなど、御殿場・箱根地区で一定の存在感がある。

なお、伊豆長岡・修善寺温泉ライナー(当初はツアーバスとして2006年運行開始、2009年より路線バス化)や三島エクスプレス(2010年運行開始)といった伊豆地区への路線も運行していたが、いずれも撤退している。

以下、【】内は2010年6月15日から箱根地区の路線バスに導入された路線記号[7]

高速路線バス[編集]

箱根線[編集]

バスタ新宿に向かう箱根線
概要
小田急SR端末で発券した乗車券 車内で発券した乗車券。上の券片はICカード乗車券利用時の控え
小田急SR端末で発券した乗車券
車内で発券した乗車券。上の券片はICカード乗車券利用時の控え
  • 箱根への観光の他、鉄道での乗り継ぎの便が悪い新宿 - 東名御殿場御殿場駅間など都市間輸送でも広く利用されている。
  • 一般的な高速バス路線と異なり、都内の新宿高速バスターミナル - 池尻大橋間を除いて乗降制限(クローズドドアシステム)がなく、東名高速道路上では並行する東名ハイウェイバス東名御殿場 - 箱根小田急山のホテル間では箱根登山バスの補完的役割(近距離輸送)を併せ持つ。
  • 東名御殿場 - 箱根小田急山のホテル間は同地区を走る箱根登山バスと同様に、箱根フリーパスなどの小田急グループの箱根地区フリー乗車券での乗車が可能である。また、その他区間もフリーパスを提示すると割安で乗車できる。
  • 予約制だが、空席があれば予約なしでも乗車可能(乗車券は車内発券)。
  • 往復割引券や回数券が発売されているが、定期券は発売されていない。
  • 自社直営の窓口での片道乗車券の購入及び当日空席がある場合の車内(乗務員による取り扱い)での片道乗車料金の支払いに、PASMOSuicaなどの交通系ICカードが利用可能である。ただし、一般路線バスとは異なり「バス利用特典サービス(バス特)」は適用されない。
  • 山内シャトル便は通常の路線バスとして運行される。そのため予約制ではなく、前乗り・前降り・運賃後払い(高速バス車両での代走時は運賃先払い)である[8]
歴史

羽田線[編集]

羽田線箱根桃源台行(羽田空港にて)
概要
  • 京浜急行バスと共同運行。
  • 箱根線とは異なり、クローズドドアシステムを採用している。
    • 羽田空港 - 横浜駅間のみの利用はできない。また、東名秦野 - 箱根桃源台間は、下り便は降車・上り便は乗車のみの扱いである。
  • 羽田空港行は予約定員制(空席があれば予約なしでも乗車可能)、羽田空港発は便指定制(当日カウンターもしくは自動券売機で便指定の乗車券を購入可能)である。
  • 箱根線と同様に、自社直営の窓口での片道乗車券の購入及び当日空席がある場合の車内(乗務員による取り扱い)での片道乗車料金の支払いに、PASMO・Suicaなどの交通系ICカードが利用可能である。ただし、一般路線バスとは異なり「バス利用特典サービス(バス特)」は適用されない。なお、帰路のバス(羽田空港発)でICカードを使用したい場合は、カウンターもしくは乗り場係員より便指定の整理券をもらい、乗車の際に車内で乗車券を購入(運賃はICカードから引き落とし)する。
  • 座席予約システムは京浜急行バスの「高速バス予約サービス」を使用。
歴史
  • 2004年7月12日 - 羽田空港 - 東名御殿場・御殿場駅間で運行開始。
  • 2005年7月20日 - 箱根桃源台へ路線延長。東名大井から東名足柄までの各バス停留所も停車開始。
  • 2013年3月16日 - 東名秦野バス停への停車を開始。
  • 2021年3月25日 - 御殿場営業所窓口と富士山御殿場・はこね観光案内所(御殿場駅箱根乙女口)にて自動券売機の供用開始。

アウトレット線[編集]

専用車で運行される御殿場プレミアム新宿号
  • 御殿場プレミアム新宿号:新宿高速バスターミナル・新宿駅西口(上りのみ)・池尻大橋(上りのみ) - (無停車) - 御殿場プレミアム・アウトレット
    • 2010年3月13日、後述のツアーバスに加えて、新宿行きの高速路線バスの運行を開始。
    • 2016年11月1日、アウトレット行きも運行を開始し、東名御殿場停留所を新設[12]
    • 2015年10月1日乗車分より、座席予約システムをJRバス系の「高速バスネット」に移行。
    • 2018年6月1日、ダイヤ改正により東名御殿場停留所が廃止[13]

貸切バス[編集]

ハイアットリージェンシー東京 シャトルバス
ハイアットリージェンシー東京送迎バス(現行のカラーリング)

専用カラーの特定車にて運行されていたが、2021年3月31日をもって終了した。

冨士霊園 直通墓参バス
冨士霊園に向かうふじやま号

2017年7月1日より、ふじやま号の新宿駅の乗車場所がハルク前から新宿駅南口小田急サザンタワー1階ロータリーに変更された[14]

2021年の催行分より、最少催行人員が15名となった。

休廃止路線[編集]

以下のバス停留所はいずれも廃止時点におけるものである。

新宿・箱根湯本ライナー[編集]

  • 直行:新宿駅西口・池尻大橋 - (無停車) - 箱根湯本駅

2011年4月9日から7月15日まで運行。同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に伴う電力事情悪化により長期運休措置が取られた小田急ロマンスカーの代替として急遽開設し、1日4往復で運行。ロマンスカーは4月16日から運行を再開したが、運行本数を大幅に減少していたため当ライナーはロマンスカーのバックアップとして運行を継続していた。その後、ロマンスカーの運行本数が平常並みに戻ったため同年6月4日より1往復に減便し、同年7月15日を以って運行を終了した。

  • 2011年4月9日:運行開始。
  • 2011年7月15日:運行終了。

伊豆長岡・修善寺温泉ライナー[編集]

概要

前身は2006年11月1日に東海自動車と小田急箱根高速バスが共同で開設した会員制バス伊豆=新宿ライナー(小田急サザンタワー - (無停車) - 伊豆長岡 - かつらぎ山パノラマパーク - 修善寺駅 - 修善寺温泉 - 修善寺 - ラフォーレ修善寺)」であったが、2009年3月1日より路線バス化し、新東海バス(当時)と共同運行となる。同時にルート変更(新宿駅西口 - 池尻大橋 - (無停車) - サントムーン柿田川 - 長岡温泉 - 大仁・伊豆温泉村 - 修善寺駅 - 修善寺温泉 - 修善寺年川車庫)を実施。 2014年4月1日より東駿河湾環状道路経由に変更し、愛称を「伊豆=新宿ライナー」から「伊豆長岡・修善寺温泉ライナー」に変更[15]。2015年9月16日より新東海バスの単独運行になり、小田急箱根高速バスは撤退した。

歴史
  • 2006年11月1日:会員制ツアーバスとして運行開始。
  • 2009年3月1日:高速路線バスに形態変更。新宿駅の発着場所を新宿駅西口35番停留所に変更
  • 2014年4月1日:ルート変更を行い「サントムーン柿田川」停留所を廃止。愛称が「伊豆長岡・修善寺温泉ライナー」となる。
  • 2015年9月16日:路線撤退。

三島エクスプレス[編集]

土休日2往復のみ:新宿高速バスターミナル・新宿駅西口(上りのみ)・池尻大橋(上りのみ) - 三島駅北口・三島駅南口・社会福祉会館・一本松・清水町地域交流センター・清水中学校・中徳倉・大平車庫

上記以外:新宿高速バスターミナル・新宿駅西口(上りのみ)・池尻大橋(上りのみ) - 三島駅北口・三島駅南口・社会福祉会館・一本松・松本・オムロン前・大平車庫

東京線[編集]

東京線箱根桃源台行(東京駅にて)

東京駅(発:八重洲南口、着:日本橋口)霞が関(上りのみ) - 東名御殿場・御殿場駅・乙女峠・金時登山口・箱根ガラスの森(一部のみ)・箱根仙石案内所・仙郷楼前・仙石高原・パレスホテル箱根前・箱根桃源台

  • 従来からの新宿発の便に加え、訪日外国人旅行者の増加に伴い、公共交通の集中する東京駅周辺に滞在する訪日客が箱根にアクセスしやすい環境を整えることや、新宿への旅客の集中を緩和を目的[17] として、2015年10月1日に1日6往復で運行を開始した。
  • この路線が開業した2015年は、大涌谷周辺で火山性地震が増加しごく小規模な噴火が発生するなど、観光客数の低迷した時期であった。開業に際し、箱根町長は「秋の紅葉シーズンを前に大きな力になる」とコメントしている[18]。また、東京駅発着とすることで、東北・北陸など北日本からの新幹線利用者の誘客も期待されると報じられた[19] ほか、箱根エリア内のホテルも「より箱根が身近に感じられるようになる」などのコメントを発表した[20]
  • 運行開始当初はジェイアールバス関東との共同運行であったが、同社は2019年8月31日の運行をもって撤退[21]。翌日より小田急箱根高速バスの単独運行となり、1日3往復に減便していた。
  • 座席予約システムは箱根線、御殿場プレミアム新宿号と同様にJRバス系の「高速バスネット」を使用していた(運行開始時より)。
  • 箱根線とは異なり、クローズドドアシステムを採用していた(東名御殿場 - 箱根桃源台間のみの利用は不可)。
  • 2019年11月30日をもって運行休止[22]

箱根湯本エアライナー[編集]

【D】:羽田空港・横浜駅東口 - 箱根湯本駅・ホテルはつはな

アウトレットショッピングバス[編集]

  • 新宿駅南口(小田急サザンタワー) - 御殿場プレミアム・アウトレット(往復)
  • 渋谷駅東口(宮下公園)・三軒茶屋駅 - 御殿場プレミアム・アウトレット(往復)
  • 町田駅南口 - 御殿場プレミアム・アウトレット(往復)
  • 藤沢駅北口・辻堂駅北口 - 御殿場プレミアム・アウトレット(往復)

前述の高速路線バスと異なり、こちらは新宿駅と御殿場プレミアム・アウトレットを往復するツアーバスで、片道のみの利用は不可であった。繁忙期には続行便として、神奈中観光と共同運行を行なっていた。

    • 2009年4月1日乗車分以降、楽天トラベルの予約サービスと提携しインターネットでの予約が可能となった。なお、募集型企画旅行商品とはいえ、首都圏や関西圏の大手私鉄系路線バス事業者で同社と提携したのは小田急箱根高速バスが初である(楽天トラベルの高速バス予約サービスは、ツアーバスの予約取り扱いからスタートしたため)[26]
    • 2017年7月1日より、新宿駅の乗車場所が小田急ハルク前から新宿駅南口小田急サザンタワー1階ロータリーに変更された[27]。同年11月26日の運行をもって休止[28]

停留所[編集]

凡例
  • ●・〇:上下線共乗降可能
  • ▼・▽:下り乗車・上り降車のみ
  • ▲:下り降車・上り乗車のみ
  • ■:下り乗車のみ
  • ★・☆:下り降車のみ
  • ◆:上り降車のみ
  • |:通過
  • ∥:非経由

このうち白抜き記号(〇、▽、☆)の停留所は一部の便のみ停車

停留所名 箱根線 御殿場プレミアム
新宿号
羽田線 所在地
特急・
シャトル
超特急 深夜特急 直通
新宿高速バスターミナル 東京都 渋谷区
新宿駅西口 新宿区
池尻大橋 目黒区(下り) / 世田谷区(上り)
羽田空港 大田区
横浜駅東口 神奈川県 横浜市西区
東名向ヶ丘 川崎市宮前区
東名江田 横浜市青葉区
東名大和 大和市
東名綾瀬 綾瀬市
東名厚木 厚木市
東名伊勢原 伊勢原市
東名秦野 足柄上郡中井町
東名大井 足柄上郡大井町
東名松田 足柄上郡松田町
東名山北 足柄上郡山北町
東名小山 静岡県 駿東郡小山町
東名足柄
東名御殿場 御殿場市
御殿場インター前
御殿場プレミアム・アウトレット
ホテルクラッド・木の花の湯
御殿場駅
温泉会館前
乙女峠
富士屋仙石ゴルフ場 神奈川県 足柄下郡箱根町
乙女口
金時神社入口
太郎平
金時登山口
箱根仙石
仙石原小学校
箱根ハイランドホテル前
箱根ガラスの森
箱根仙石案内所
仙石文化センター前
川向
仙郷楼前
台ヶ岳
仙石高原
東京放送入口[注釈 3]
南仙石原
箱根カントリー入口
姥子温泉入口
温泉荘
パレスホテル箱根前
南温泉荘
公園管理事務所前
白百合台
箱根レイクホテル前
箱根桃源台
湖尻
ピクニックガーデン
箱根園ゴルフ場
箱根園
箱根小田急山のホテル

車両[編集]

  • 三菱ふそう製の車両が用いられる。スーパーハイデッカー(エアロクィーンII)、ハイデッカーエアロエース)のほか、ハイアットリージェンシー東京送迎バスの三菱ふそう・エアロスターまで多様である。以前は2階建て車(エアロキング)や日産ディーゼルユーロツアーも保有していた。
  • 箱根線の山内シャトル便は、この路線のために導入された新車の一般路線バス車両1台が通常用いられる。車種・型式は三菱ふそう製エアロスター2PG-MP35FM[29]
  • 貸切車も在籍するが、一部を除き小田急グループ共通塗装となっている。登録番号とは別に4桁の社番が付与されている。
  • なお、小田急バスとの外観上の違いとして、小田急箱根高速バスが親会社の小田急電鉄と同様に小文字odakyu と表記するのに対し、小田急バス(観光・空港限定車、小田急シティバスも含む)は大文字ODAKYU と表記しのレリーフ(小田急バスの登録商標)が付けられていることが挙げられる。
  • 2012年10月より2015年3月までアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とのタイアップによるラッピングバスが運行された。同作に登場する「第3新東京市」が箱根をモデルとしている縁で実現したもので、この車両のみ音声ガイドは同作の登場人物・伊吹マヤ役の声優長沢美樹が務めた。2014年4月から1年間は「2号機」との2車体制で運行された。
  • 2009年に導入された1995までは払い出しナンバーであったが、2010年に導入された2091より希望ナンバーを採用している。2013年8月までは、車庫が世田谷区の経堂営業所のみであったため全車両が品川ナンバーであった。
  • 御殿場営業所の開設以降については、御殿場所属車は富士山ナンバーとなったほか、経堂所属車は2015年4月以降に導入された車両については、世田谷ナンバー(ご当地ナンバー)となった。1403については導入当初は品川ナンバーであったが、2017年に御殿場営業所に転属し富士山ナンバーとなり、2018年に再び経堂営業所に戻ったため世田谷ナンバーとなっている。
  • 2018年に導入された1801〜1803・5181および2019年5月に導入された5191は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレートとなっているほか、2019年12月以降に導入された車両は地方版図柄入りナンバーとなっている。
  • 2018年5月よりロマンスカー70000形GSE誕生を記念して新車の一台(5181)を同車のカラーリングで導入している[30]。同年11月には同様のカラーリングで1802が導入された。
  • 山内シャトル便の車両には、2019年12月1日の運行開始よりテレビアニメ新世紀エヴァンゲリオン」の劇中に登場するNERV本部をイメージしたラッピングがされている。これは小田急グループが2020年1月10日から同年6月30日の間行う、エヴァンゲリオンシリーズとのコラボレーションイベント「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」の一環によるものである。高速バス車両1台(5162)にも同年1月10日より同様のラッピングが施されている[29]
  • 2020年12月には、貸切車に新車7201・7202(いずれもエアロエース)が導入された。

過去の車両[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 小田急グループ内で既にバス事業を行っていた小田急バスは、当バス部門の発足当時に管理部門を中心に逆出向させて基礎を築かせた。
  2. ^ 会社設立は2000年8月1日
  3. ^ TBS箱根クラブ(保養所)の最寄り停留所。2020年10月に東京放送ホールディングスからTBSホールディングスに社名が変わっているが、停留所名の変更は行われていない。

出典[編集]

  1. ^ a b 小田急箱根高速バス株式会社 第21期決算公告
  2. ^ a b 「小田急箱根高速バス創立15周年記念 親子バス教室 in 箱根の自然」を開催 (PDF)”. 小田急電鉄 (2015年5月29日). 2016年6月19日閲覧。
  3. ^ 新宿駅周辺の小田急ハイウェイバス(夜行便)乗車券発売箇所について 小田急バス公式サイト、2017年3月15日、2019年11月23日閲覧。
  4. ^ 高速バス案内所閉所について(お知らせ)”. 小田急箱根高速バス (2017年4月15日). 2017年9月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月4日閲覧。
  5. ^ 小田急グループの高速バス事業再編について (PDF)”. 小田急電鉄 (2021年12月1日). 2021年12月2日閲覧。
  6. ^ 多和田新也 (2021年12月1日). “新会社「小田急ハイウェイバス」発足へ。小田急グループが高速バス事業再編”. トラベル Watch. インプレス. 2021年12月2日閲覧。
  7. ^ 箱根エリアバス路線の系統記号化を実施します (PDF)”. 箱根登山バス・小田急箱根高速バス・沼津登山東海バス (2010年6月8日). 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月15日閲覧。
  8. ^ 箱根線・山内シャトル便(ご案内)”. 小田急箱根高速バス. 2019年12月18日閲覧。
  9. ^ 小田急箱根高速バスの歴史”. 小田急箱根高速バス. 2016年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月12日閲覧。
  10. ^ 小田急箱根高速バス時刻表上り【箱根・御殿場⇒新宿方面】 (PDF)”. 小田急箱根高速バス (2018年6月1日). 2018年7月19日閲覧。
  11. ^ a b “新宿~御殿場~箱根を結ぶ小田急箱根高速バスの利便性を向上 12月1日(日) 定時性・速達性を高めた新ダイヤを導入!!” (プレスリリース), 小田急箱根高速バス, (2019年11月23日), https://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/files/news/2019.12.1(日)ダイヤ改正について.pdf 2019年12月8日閲覧。 
  12. ^ ダイヤ改正のお知らせ”. 小田急箱根高速バス (2016年10月3日). 2016年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  13. ^ ダイヤ改正のお知らせ (PDF)”. 小田急箱根高速バス (2018年6月1日). 2018年7月19日閲覧。
  14. ^ 小田急ふじやま号の発着場所変更について”. 冨士霊園 (2017年5月30日). 2020年7月10日閲覧。
  15. ^ 「サントムーン柿田川」上下バス停 廃止のお知らせ”. 小田急箱根高速バス (2014年3月27日). 2014年4月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月7日閲覧。
  16. ^ a b 三島地区高速乗合バスダイヤ改正のお知らせ (pdf)” (2019年5月27日). 2019年12月8日閲覧。
  17. ^ “東京駅八重洲口-箱根桃源台に高速バス 小田急箱根とJRバス関東”. トラベルニュース (トラベルビジョン). (2015年11月10日). オリジナルの2015年11月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151118071204/http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=69885 2017年5月27日閲覧。 
  18. ^ 神奈川新聞 2015年10月7日[要ページ番号]
  19. ^ 毎日新聞 2015年10月2日[要ページ番号]
  20. ^ 日本の玄関口・東京駅から観光地・箱根まで一直線!高速バス新路線が10月1日(木)運行開始”. 箱根ハイランドホテル (2015年9月7日). 2017年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月27日閲覧。
  21. ^ 東京駅~箱根挑源台間の高速バス減便について”. ジェイアールバス関東 (2019年7月29日). 2019年9月8日閲覧。
  22. ^ “東京線運行休止について” (プレスリリース), 小田急箱根高速バス, (2019年12月1日), https://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/files/news/tokyo-line.pdf 2019年12月8日閲覧。 
  23. ^ 箱根湯本エアライナーの運転開始について(羽田空港・横浜駅〜箱根湯本駅・ホテルはつはなを結ぶ高速バス) (PDF)”. 小田急箱根高速バス (2011年10月14日). 2012年2月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月27日閲覧。
  24. ^ 京浜急行バス、深夜急行バス廃止 箱根湯本発着の空港バス廃止し、桶川・上尾路線から撤退”. トライシージャパン (2020年6月20日). 2020年7月10日閲覧。
  25. ^ 新型コロナウイルス感染症の影響による運休便・おとくなきっぷの発売休止・窓口営業時間変更のお知らせ (PDF)”. 小田急箱根高速バス (2020年4月9日). 2020年7月10日閲覧。
  26. ^ 小田急箱根高速バス「御殿場プレミアムアウトレット・ショッピングバス」”. 成定竜一 (2009年3月23日). 2016年11月3日閲覧。
  27. ^ 「御殿場プレミアム・アウトレット ショッピングバスツアー」発着場所の変更について (PDF)”. 小田急箱根高速バス (2017年5月24日). 2020年7月10日閲覧。
  28. ^ アウトレットショッピングバス”. 小田急箱根高速バス. 2020年7月10日閲覧。
  29. ^ a b “人気アニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボレーションイベント「NERV(ネルフ)」ラッピングバス登場!!” (pdf) (プレスリリース), 小田急箱根高速バス, (2019年11月12日), https://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/files/news/2019.11.12エヴァンゲリオンラッピング.pdf 2019年12月8日閲覧。 
  30. ^ .pdf “小田急箱根高速バス「GSEカラーバス」を導入” (pdf) (プレスリリース), 小田急箱根高速バス, (2018年5月9日), .pdf オリジナルの2018年7月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180730080825/https://www.odakyu-hakonehighway.co.jp/files/news/GSEカラーバス .pdf 2018年7月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]