サワギキョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サワギキョウ
Lobelia sessilifolia 4.JPG
2008年8月 尾瀬
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asterdiae
: キキョウ目 Campanulales
: キキョウ科 Campanulaceae
: ミゾカクシ属 Lobelia
: サワギキョウ L. sessilifolia
学名
Lobelia sessilifolia Lamb.
和名
サワギキョウ(沢桔梗)

サワギキョウ(沢桔梗、学名: Lobelia sessilifolia )はキキョウ科ミゾカクシ属多年草。美しい山野草であるが、有毒植物としても知られる。

特徴[編集]

茎の高さは50cmから100cmになり、枝分かれしない。は無柄で茎に互生し、形は披針形で、縁は細かい鋸歯状になる。

花期は8月から9月頃で、濃紫色の深く5裂した唇形のを茎の上部に総状に咲かせる。花びらは上下2唇に分かれ、上唇は鳥の翼のように2裂し、下唇は3裂する。萼は鐘状で先は5裂する。キキョウと同じく雄性先熟で、雄しべから花粉を出している雄花期と、その後に雌しべの柱頭が出てくる雌花期がある。

分布と生育環境[編集]

北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の湿った草地や湿原などに自生する。普通、群生する。

近縁種[編集]

他のキキョウ類とは花形が全く異なる。

同属は世界に200種あり、大柄な植物も多いが、日本には4種しかない。小笠原諸島には低木状になるオオハマギキョウ(L. boninensis Koidz.)があるが、日本本土には以下の種が普通。

水田雑草として普通で、背の低い草である。近縁種が琉球列島にある。

毒草[編集]

サワギキョウは毒草としても知られる。麻酔などの効能を薬草として利用された例もあるが、危険が大きいようである。

横溝正史の長編推理小説『悪魔の手毬唄』では「お庄屋殺し」の名で登場し、場面を盛り上げた。

関連項目[編集]