ルリミゾカクシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロベリアから転送)
移動先: 案内検索
ルリミゾカクシ
Lobelia erinus1.jpg
ルリミゾカクシ(Lobelia erinus
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キキョウ目 Campanulales
: キキョウ科 Campanulaceae
: ミゾカクシ属 Lobelia
: ルリミゾカクシ L. erinus
学名
Lobelia erinus L.
和名
ルリミゾカクシ
ルリチョウソウ
英名
edging lobelia

ルリミゾカクシ(瑠璃溝隠、学名:Lobelia erinus)とは、キキョウ科ミゾカクシ属多年草。別名ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)、ルリチョウチョウ(瑠璃蝶々)、ロベリア(属の学名から)。

原産地は南部アフリカマラウィナミビアから南アフリカにかけて。亜熱帯では多年草だが、温帯では秋蒔き一年草として扱うことが多い。開花期は春。暑さにも寒さにもあまり強くない。

草丈は8〜15cm。茎の下部につく葉は長さ10mm幅4〜8mmの楕円形で鋸歯がある。上部につく葉は細く、鋸歯がないこともある。野生種は幅8〜20 mmの花をつける。花弁は5つで、色は青や紫。花序は間隔の開いた円錐花序である。果実は5〜8mmの蒴果で、内部に無数の細かい種子を生じる。

L. erinusの瑠璃色のもの

草花として栽培されており、白、ピンク、赤などの花色も作出されている。