エジプト十字架の謎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エジプト十字架の謎
The Egyptian Cross Mystery
著者 エラリー・クイーン
発行日 1932年
ジャンル 推理小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ギリシア棺の謎
次作 アメリカ銃の謎
コード

978-0-451-08663-1

OCLC 7263819
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

エジプト十字架の謎』(エジプトじゅうじかのなぞ、The Egyptian Cross Mystery )は、アメリカの推理作家エラリー・クイーンの長編推理小説で、国名シリーズの第5作。1932年に刊行。

あらすじ[編集]

ウエスト・ヴァージニアの片田舎でクリスマスの朝、T字路のT字型の道標に、首を切られT字型に吊るされた死体が発見された。ドアにはTの血文字。エラリー・クイーンは、T字型がエジプト十字架やタウ十字架 (Cross of Tau) の形であることを説明し、裸体主義者の預言者に疑いの目を向けるが、決定的な証拠が得られないまま事件は迷宮入りになる。

半年後、ロングアイランドにて第2の殺人、第3の殺人が発生する。被害者は同じく首を切られT字型に吊るされていたが、依然として犯人の正体はつかめない。

しかし、再び場所をウエスト・ヴァージニアに移して発生した第4の殺人において、現場に残された手がかりから、エラリーは遂に犯人の正体を見破る。そして、車や飛行機を駆使した追跡劇の末、シカゴで犯人を追い詰める。

提示される謎[編集]

  • 犯人当て(決め手となる犯人指摘の手がかり)

特記事項[編集]

田中西二郎は「悲劇四部作に入れて、『Tの悲劇』としてもよいほどの傑作」と述べている[1]

作品の評価[編集]

日本語訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『エジプト十字架の秘密』(1958年初版 新潮文庫)訳注ほか
  2. ^ 『エラリー・クイーン Perfect Guide』(株式会社ぶんか社、2004年)に掲載。
  3. ^ 同ランキングでは、本作品より上位に1位『ギリシア棺の謎』、2位『Xの悲劇』が挙げられている。