田中潤司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 潤司(たなか じゅんじ、1933年 - )は、日本の、ミステリ研究者・翻訳家。 東京生まれ。早稲田大学文学部卒。同じ早稲田大学出身の式貴士等と親交を持つ。

早くから海外ミステリに精通。早川書房に入社し、『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』の創刊に関わるが、退社して創刊編集長は都筑道夫に譲る。後に、江戸川乱歩主催の『宝石』の顧問もつとめた。

パズル・ゲームについても研究し、1972年「アダルトゲーム研究会」を創設した[1](なお、この場合の「アダルトゲーム」は、現在呼ばれるところの「性的表現があるゲーム」ではなく、「子供むけではなく大人向けのゲーム」という意味である)。

著書[編集]

  • 暗号の話 1967年 (徳間ブックス)
  • 頭のトレーニング 徳間書店 1967年
  • パズル大学 大泉書店 1969年
  • パズル天才志願 大泉書店 1969年
  • 推理パズル100題 たっぷり、あなたを苦しめる本 大泉書店 1971年 (プレイブックス)
  • ギャンブル・ゲーム ごま書房 1974年 (ゴマブックス)
  • カジノプレイ入門 大泉書店 1975年
  • おもしろ推理パズル シャーロック・ホームズも明智小五郎も脱帽! 頭脳の限界に挑戦する選りすぐりの難解推理パズル傑作選。 日本文芸社 1992年7月

翻訳[編集]

  • 四つ辻にて 編訳 芸術社 1957年 (推理選書)
  • グリーン家殺人事件 ヴァン・ダイン(村上啓夫共訳 世界推理小説大系 東都書房 1963年
  • ガードナー傑作選 第1 ペリー・メイスンの世界 新人物往来社 1970年
  • 一角獣殺人事件 カーター・ディクスン 世界探偵小説全集 国書刊行会 1995年11月「一角獣の殺人」2009年 (創元推理文庫)

参考[編集]

  • 訳書の略歴 

脚注[編集]

  1. ^ 『日本現代卓上遊戯史紀聞 [2]草場純』(Kindle本)