田中西二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 西二郎(たなか せいじろう、1907年11月28日 - 1979年1月15日)は、日本の翻訳家。東京生まれ。東京商科大学卒。1930年中央公論社入社。文芸家協会、華北綜合調査研究所、一橋大学経済研究所などに勤務[1]。文芸評論を志し「知識階級の文学論」、「鴎外と露伴」(『群像』1954年5月号)、「露伴に帰れ」(『群像』1954年8月号)などを発表[2]

また、英米文学の翻訳家としてハーマン・メルヴィル白鯨』、グレアム・グリーン『情事の終り』など多くの翻訳を残した。初期の筆名は佐木狷介。白木茂中村能三らと大久保康雄の元で下訳を担当し翻訳工場と呼ばれた[3]

『情事の終り』は映画化の際の邦題だが、田中はあえて『愛の終り』と訳し、そのまま文庫化されたが、その後改題した。

1961年、東京創元社の「世界名作推理小説大系」のために訳した『郵便配達は二度ベルを鳴らす』について、東京創元社がその年に倒産したため、田中はこの翻訳を新潮社に持ち込み1963年同書は新潮文庫の一冊として刊行。そのため、その後のしばらくの間、再建された東京創元社の翻訳の仕事は田中に依頼されなくなった[4]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ人物情報
  3. ^ 市川ゆかりの著作家・大久保康雄
  4. ^ 戸川安宣『ぼくのミステリ・クロニクル』