昭和枯れすゝき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
昭和枯れすすきから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭和枯れすゝき
さくらと一郎シングル
A面 昭和枯れすゝき
B面 恋吹雪
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル 演歌
レーベル ポリドールレコード
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • テンプレートを表示

    昭和枯れすゝき」(しょうわかれすすき)は、さくらと一郎シングル1974年昭和49年)7月21日発売。発売元はポリドールレコード(レコード番号:DR-1868)。150万枚を売り上げ、1975年オリコン年間ヒットチャート1位を記録した。

    概要[編集]

    1974年7月21日に発売した当初はレコードの売れ行きが伸び悩んでいたが、同年10月16日から放送開始された『時間ですよ昭和元年』(TBS系列)の挿入歌として、細川俊之演じる十郎と大楠道代演じる菊との居酒屋の場面に効果的に使われたことにより、有線放送を中心に人気に火が付き、発売約9か月後の1975年5月5日から3週間、オリコンシングルチャート1位を獲得した。グループ唯一のミリオンセラーも達成している。この年のオリコンシングルチャートで年間1位となり、『第8回全日本有線放送大賞』では大賞にも輝いている。

    この後1978年に一郎(徳川一郎)がさくら(河野さくら)とのコンビを解消。2代目さくら(山岡さくら)と新コンビを結成し、新たに「昭和枯れすゝき」をリリースした。

    一方、初代さくら(河野さくら)も漫談家松鶴家千とせとユニットを組み“さくらと千とせ”として「昭和枯れすゝき」をリリースしている。

    収録曲[編集]

    1. 昭和枯れすゝき
    2. 恋吹雪
      • 作詞:岡田冨美子、作曲:むつひろし、編曲:伊部晴美

    カバー[編集]

    映画[編集]

    この歌をモチーフとする[1]歌謡映画が、松竹の製作配給により、1975年(昭和50年)6月7日に公開されている。「昭和枯れすゝき」はこの映画の主題歌にもなっている[1]

    • タイトル:『昭和枯れすすき
    • 公開日:1975年(昭和50年)6月7日
    • 製作:松竹大船撮影所
    • 配給:松竹
    • 上映時間:87分、カラー

    キャスト[編集]

    スタッフ[編集]

    脚注[編集]

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]