水口義朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水口 義朗(みずぐち よしろう、1934年9月6日 - )は、編集者ジャーナリスト、テレビ司会者である。

略歴[編集]

東京出身。早稲田大学文学部大学院独逸文学専攻科修士課程修了。

1959年中央公論社入社。『中央公論』副編集長、『婦人公論』編集長などを務めた。

1986年1994年テレビ朝日ニュースワイドショー「こんにちは2時」のキャスター。

1994年、「婦人公論」編集長・主幹に再任。

大正大学「ジャーナリズム論」講師。サイバー大学客員教授(言論・表現の不自由-文学作品を中心に-)。

著書[編集]

  • 『こんにちは2時です ワイドショー綱渡り』講談社 1990
  • 『解体珍書 イッショケンメ人間の五臓六腑』集英社文庫 1997
  • 『恋のよろこびが美しい女をつくる』有楽出版社 2000
  • 『ヨクマナビヨクアソベ 「修身」を抹消した日本人の後遺症』インターメディア出版 2001
  • 『記憶するシュレッダー 私の愛した昭和の文士たち』小学館 2006 「記憶に残る作家二十五人の素顔」中公文庫 
  • 『忠君愛国の後遺症 生きる知恵としての修身、道徳』扶桑社 2008

出演テレビ番組[編集]

外部リンク[編集]