谷岡一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

谷岡 一郎(たにおか いちろう、1956年8月18日[1] - )は、日本社会学者学校法人谷岡学園理事長大阪商業大学学長・総合経営学部教授社会学博士大阪府出身。

略歴[編集]

  • 1980年 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
  • 1983年 南カリフォルニア大学行政管理学部大学院修士課程 修了
  • 1989年 南カリフォルニア大学社会学部大学院博士課程 修了,「The informal social control of high school student behavior in Osaka, Japan : a test of "the Web of Informal Control" theory of delinquency causation」(大阪の高校生におけるインフォーマルな社会統制」でPh.D.
  • 1997年 大阪商業大学 学長就任
  • 2005年 学校法人谷岡学園 理事長就任 

主な研究[編集]

人物[編集]

祖父は大阪商業大学創設者の谷岡登、父親は谷岡学園総長・理事の谷岡太郎。ギャンブルの研究については有名であり、『ギャンブリング*ゲーミング学会』を主宰し会長を勤め、日本のカジノ合法化論議において提言を行っている。

高校2年の時にコントラクトブリッジを始める[2]

将棋界とも交流があり、その関係で2006年に日本将棋連盟から旧「将棋博物館」寄贈の資料を、大阪商業大学アミューズメント産業研究所に委託を受けた。

また、2006年に作られた囲碁史研究団体「囲碁史会」の初代会長ともなった(運営委員、相場一宏秋山賢司)。また、アミューズメント産業研究所の東京分室として、「囲碁殿堂資料館」を日本棋院と共同で運営している。

また、著書『「社会調査」のウソ』等で、リサーチ・リテラシーに鈍感なアンケートの類がいかにメディアに誘導されるかについて、説いている。SFファンでもあり、大阪商業大学でSF入門の講義も担当している。

元参議院議員(愛知選挙区)の谷岡郁子は姉。『爆笑問題のニッポンの教養』2010/5/25に出演。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ギャンブルフィーヴァー 依存症と合法化論争』〈中公新書〉、1996年。
  • 『ツキの法則 「賭け方」と「勝敗」の科学』〈PHP新書〉、1997年。
  • 『現代パチンコ文化考』〈ちくま新書〉、1998年。
  • 『ラスヴェガス物語 「マフィアの街」から「究極のリゾート」へ』〈PHP新書〉、1999年。
  • 『「社会調査」のウソ リサーチ・リテラシーのすすめ』〈文春新書〉、2000年。
  • 『ビジネスに生かすギャンブルの鉄則』日本経済新聞社、2001年。
  • 『確率・統計であばくギャンブルのからくり 「絶対儲かる必勝法」のウソ』講談社ブルーバックス〉、2001年。
  • 『カジノが日本にできるとき 「大人社会」の経済学』〈PHP新書〉、2002年。
  • 『こうすれば犯罪は防げる 環境犯罪学入門』〈新潮選書〉、2004年。
  • 『ラスベガスの歴史 写真とエピソードで知る』第5巻、大阪商業大学アミューズメント産業研究所〈大阪商業大学アミューズメント研究叢書〉、2004年。
  • 『データはウソをつく 科学的な社会調査の方法』〈ちくまプリマー新書〉、2007年。
  • 『「図解」ツキの法則 「賭け方」と「勝敗」の科学』PHP研究所、2008年。
  • 『脳がよろこぶ思考力アップ!パズル エレガントに解ける魅惑の66題』PHP研究所、2008年。
  • 『SFはこれを読め!』〈ちくまプリマー新書〉、2008年。
  • 『はじめての刑法入門』〈ちくまプリマー新書〉、2009年。
  • 『知的遊戯の歴史』大阪商業大学アミューズメント産業研究所〈大阪商業大学アミューズメント研究叢書 第11巻〉、2010年。
  • エッシャーペンローズ・タイル』PHP研究所〈PHPサイエンス・ワールド新書〉、2010年。
  • 『40歳からの知的生産術』ちくま新書、2011
  • 『負け方の王道』毎日コミュニケーションズ マイコミ新書 2011
  • 『囲碁十九路盤の起源 創生と伝播に関する「統合「元嘉暦」仮説」』大阪商業大学アミューズメント産業研究所, 2013.
  • 『科学研究とデータのからくり 日本は不正が多すぎる!』(PHP新書 2015.10
  • 『世界を変えた暦の歴史』PHP文庫 2018.1
  • 『15夜 (いごのよる) 物語 囲碁エッセイ集』(大阪商業大学アミューズメント研究叢書 大阪商業大学アミューズメント産業研究所, 2018.3
  • 『定年後の知的生産術』ちくま新書 2018.4
  • 『ランキングのカラクリ』自由国民社, 2019.4
  • 『悪魔の証明――なかったことを「なかった」と説明できるか』 (ちくま新書) 2021

共著・編著・共編著[編集]

  • 松田道弘共著『カジノゲーム入門事典』東京堂出版、1996年。
  • 『ギャンブルの社会学』仲村祥一共編、世界思想社〈Sekaishiso seminar〉、1997年。
  • 『私立大学の変革と活性化の方向 組織と政策の経営社会学』谷岡太郎監修、中井節雄共編、同友館、1997年。
  • 谷川浩司共著『勝負運の法則 「ツキ」と「実力」の関係』PHP研究所、2002年。『「ツキ」と「実力」の法則 天才棋士とギャンブル学の権威に学ぶ』PHP文庫
  • 『日本のギャンブル 公営・合法編』第3巻、宮塚利雄共編著、大阪商業大学アミューズメント産業研究所〈大阪商業大学アミューズメント研究叢書〉、2002年。
  • 『カジノ導入をめぐる諸問題 1』第4巻 カジノ研究プロジェクト研究報告書、菊池光造共編、大阪商業大学アミューズメント産業研究所〈大阪商業大学アミューズメント研究叢書〉、2003年。
  • 『カジノ導入をめぐる諸問題 2』第7巻 カジノ研究プロジェクト研究報告書、岸本裕一共編著、大坂商業大学アミューズメント産業研究所〈大阪商業大学アミューズメント研究叢書〉、2006年。
  • 日本ポーカー研究会『The poker 全日本ポーカー選手権公式ガイドブック』森巣博共監修、扶桑社、2007年。
  • 『週刊しゃかぽん にっぽん・せかいビックリ社会誌』26(宮本武蔵・大地震・ギャンブル・大仏・アルカトラズ刑務所)、伊藤育雄内田正信鳥越泰彦山口正山村武彦共監修、朝日新聞社〈朝日ジュニアシリーズ〉、2007年。
  • 『日本人の意識と行動 日本版総合的社会調査JGSSによる分析』仁田道夫岩井紀子共編、東京大学出版会、2008年。
  • 『カジノ導入をめぐる諸問題 3』(大阪商業大学アミューズメント研究叢書 第14巻. カジノ研究プロジェクト研究報告書) 美原融 共編著. 大阪商業大学アミューズメント産業研究所, 2014.3
  • 『スポーツ・ベッティング :ブッキー・ビジネスと賭け方の研究 (大阪商業大学アミューズメント研究叢書 編著. 大阪商業大学アミューズメント産業研究所, 2017.3

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.266
  2. ^ 谷岡一郎『ラスヴェガス物語』PHP研究所、239ページ、1999年、ISBN 4-569-60703-9

外部リンク[編集]