高島一岐代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 高島一岐代 九段
Oyama Yasuharu and Takashima Kazukiyo.JPG
大山康晴(左)とともに(1955年)
名前 高島一岐代
生年月日 (1916-05-18) 1916年5月18日
没年月日 (1986-07-29) 1986年7月29日(70歳没)
プロ入り年月日 1936年1月1日(19歳)(四段)
棋士番号 19
出身地 大阪府八尾市
師匠 藤内金吾八段
段位 九段
戦績
2017年8月21日現在

高島 一岐代(たかしま かずきよ、1916年5月18日 - 1986年7月29日)は、将棋棋士大阪府八尾市出身。藤内金吾八段門下。棋士番号19。将棋棋士八段の高島弘光。元指導棋士五段の高島一由岐は長男。

人物[編集]

1929年藤内金吾に入門。1936年四段、1949年八段。1953年全八段戦優勝。1955年には名人戦七番勝負で大山康晴に挑戦しており、この頃が全盛時であった。1958年度の王将戦で大山康晴に挑戦するも敗退。病弱で、1962年にA級在位のまま引退。1979年九段。1986年に膀胱のため死去。

「日本一の攻め」と称された。

弟子に高島弘光、脇謙二東和男らがいる。

昇段履歴[編集]

戦績[編集]

  • タイトル戦登場2回(1955年名人戦、1958年度王将戦)
  • 棋戦優勝2回(1953年全八段戦ほか)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]