松田茂役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 松田茂役 九段
Matsuda Shigeyuki.JPG
1952年
名前 松田茂役
生年月日 (1921-06-28) 1921年6月28日
没年月日 (1988-08-02) 1988年8月2日(67歳没)
プロ入り年月日 1940年1月1日(18歳)(四段)
棋士番号 25
出身地 鳥取県鳥取市
師匠 金子金五郎九段
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 5回
2017年8月21日現在

松田 茂役(まつだ しげゆき、初名は茂行1921年6月28日 - 1988年8月2日)は、将棋棋士棋士番号は25。鳥取県鳥取市出身。A級在籍10期。金子金五郎九段門下。

人物[編集]

1935年、金子金五郎門下で奨励会入り。1940年四段、1951年八段。1981年九段。1985年引退。1988年呼吸不全のため死去。

日本将棋連盟理事を長く務めた。

晩年に名前を茂行から茂役に改名した。

を愛した無頼派の「将棋指し」であった。こういうタイプの棋士が高く評価された往時、升田幸三がA級棋士に向かって「君達の将棋は松田君より大駒一枚弱い」と言ったことがあるという[1]

また、アマ強豪棋士とも多く交流を持ち、小池重明がプロ棋士を志願したとき、師匠役を買って出て、棋士会(棋士総会や2009年創設の棋士会とは別の、理事と棋士間で定期的に開催される懇談会)で小池のプロ入りを提案した。 しかし出席者の大半が提案に反対したため棋士総会で正式議題として取り上げられることもなく、小池のプロ入りは立ち消えとなった。

プロ入りした弟子には、加瀬純一木下浩一真田圭一、女流の弟子には長沢千和子がいる。

詰将棋の名手としても知られた。

昇段履歴[編集]

  • 1935年 入門
  • 1940年1月1日 四段
  • 1941年 五段
  • 1941年 六段
  • 1947年 七段
  • 1951年 八段
  • 1981年 九段
  • 1985年 引退

戦歴[編集]

棋戦優勝[編集]

優勝合計 5回

タイトル戦登場[編集]

登場回数3、獲得0

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 河口俊彦「一局の将棋 一回の人生」新潮文庫

関連項目[編集]

外部リンク[編集]