森安多恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 森安多恵子 女流四段
名前 森安多恵子
生年月日 (1948-05-05) 1948年5月5日(70歳)
プロ入り年月日 1976年9月(28歳)
棋士番号 3
出身地 鹿児島県霧島町
師匠 高島一岐代九段
段位 女流四段
戦績
2016年9月15日現在

森安 多恵子(もりやす たえこ、1948年5月5日 - )は、日本将棋女流棋士鹿児島県霧島町出身。高島一岐代九段門下。女流棋士番号は3。

人物[編集]

  • タイトル挑戦は2回。女流棋士になって間もない1976年に第3期女流名人位戦の挑戦者、79年に第2期女流王将戦で挑戦者となったが、ともに蛸島彰子に退けられている。なお、1976年にタイトル挑戦者となったことで女流1級から女流二段に飛び昇段したが、これは女流棋士で初の事例であった。
  • 2011年8月31日、8歳年長の関根紀代子女流五段が現役を引退した。これに伴い、日本将棋連盟所属の現役最年長女流棋士となった。(次に年長者は16歳年少の長沢千和子LPSA所属では2歳年長の蛸島)
  • 2012年1月17日の対局を最後に、3月31日付で現役を引退した。4月1日付で、引退女流棋士昇段規定により女流四段に昇段した。生涯成績は164勝307敗。

昇段履歴[編集]

  • 1976年9月 - 女流1級
  • 1976年11月26日 - 女流二段(タイトル挑戦)
  • 1989年5月22日 - 女流三段(勝星)
  • 2012年4月1日 - 女流四段(引退女流棋士昇段規定)

外部リンク[編集]