森安正幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 森安正幸 七段
名前 森安正幸
生年月日 (1947-05-20) 1947年5月20日(70歳)
プロ入り年月日 1971年10月1日(24歳)
棋士番号 108
出身地 岡山県笠岡市
師匠 藤内金吾八段
段位 七段
戦績
通算成績 288勝497敗(0.3669)
2016年10月16日現在

森安 正幸(もりやす まさゆき、1947年5月20日 - )は、将棋棋士。棋士番号108。岡山県笠岡市出身。藤内金吾門下。同じく将棋棋士である森安秀光は実弟。

人物[編集]

  • 弟・秀光とともに奨励会に入会したが、四段昇段は弟に3年半後れを取った。
  • 主な棋戦での優勝歴は無いが、第16回古豪新鋭戦(1972年)では決勝まで勝ち進んだ。決勝での対戦相手は弟・秀光であり、この対局に敗れて棋戦優勝を逃している。
  • 1972年4月に、兵庫県川西市に「森安将棋道場」を開設。師範を務めている。
  • 弟子に、双子のプロ棋士である畠山成幸畠山鎮兄弟及び宮本広志がいる。

昇段履歴[編集]

  • 1962年 11級
  • 1965年 初段
  • 1971年10月1日 四段
  • 1978年11月17日 五段
  • 1992年2月25日 六段
  • 2004年3月31日 引退
  • 2007年4月1日 七段[1]

通算成績[編集]

  • 288勝497敗

表彰など[編集]

  • 1996年 現役勤続25年
  • 2005年 川西市民文化賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2007年4月1日付昇段・昇級者|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]