第70期王将戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第70期王将戦
開催期間 2020年1月7日 - 2021年3月14日
前王将 渡辺明(4期目)
第70期王将 渡辺明(5期目)
挑戦者決定リーグ
リーグ残留 豊島将之/永瀬拓矢/羽生善治/広瀬章人
リーグ陥落 藤井聡太/木村一基/佐藤天彦
王将戦
第69期第71期 >
テンプレートを表示

第70期王将戦(だい70きおうしょうせん)は、2020年度(2020年1月7日 - 2021年3月14日)の王将戦である。 挑戦者決定リーグでは、豊島将之竜王と永瀬拓矢王座が5勝1敗の成績で同率1位となり、プレーオフが開催された[1]。挑戦者決定プレーオフでは、永瀬拓矢王座が豊島将之竜王に勝利し、渡辺明王将への挑戦を決めた[2]。王将戦七番勝負は、渡辺明王将が4勝2敗でタイトル防衛、3期連続通算5期目の王将位を獲得した[3]。渡辺は王将位防衛により、タイトル獲得27期で歴代4位の谷川浩司九段に並んだ[4]

第70期王将戦七番勝負[編集]

開催:2021.1.09 - 2021.3.14

日程
(2021年)
第1局 第2局 第3局 第4局 第5局 第6局 第7局※ 結果
1月10-11日 1月23-24日 1月30-31日 2月13-14日 3月01-02日 3月13-14日 3月20-21日
(会場)

対局者
静岡県
(
)

掛川市
大阪府
(
)

高槻市
栃木県
(
)

大田原市
東京都
(
)

立川市
佐賀県
(
)

上峰町
島根県
(
)

大田市
新潟県
(
)

佐渡市
掛川城 山水館 ホテル花月 SORANO
HOTEL
大幸園 さんべ荘 グリーンホテル
きらく
渡辺明 王将
 封 

 封 


- 王将位 防衛
永瀬拓矢 王座
 封 

 封 
 封   封  -
125手 120手 115手 113手 110手 72手 113手 -
先:先手番 /  封 :1日目 封じ手の手番

※ 第7局は実施されず

挑戦者決定リーグ[編集]

挑戦者決定戦[編集]

  挑戦者決定戦 0王将戦七番勝負 挑戦者0
リーグ 5勝1敗(順位2位)
 豊島将之 竜王 
 挑戦者
  永瀬拓矢 王座  
リーグ 5勝1敗(順位5位)
 永瀬拓矢 王座 

挑戦者決定リーグ[編集]

挑戦1名・陥落3名/対局相手名の(数字)は対局順

順位 棋士 (成績順)0結果 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦
1 広瀬章人 八段
3
3
(4)
0リーグ残留
--
(1)

佐藤
/●先0
(2)

豊島
(5)

木村
●先0
(4)

藤井
●先0
(3)

羽生
○先0
(6)

永瀬
2 豊島将之 竜王
5
1
(1)
0プレーオフ
(1)

木村
○先0
(2)

藤井
/○
(3)

広瀬
--
(4)

佐藤
(5)

永瀬
○先0
(6)

羽生
3 藤井聡太 二冠
3
3
(5)
陥落
●先0
(1)

羽生
(2)

豊島
●先0
(3)

永瀬
(4)

佐藤
(5)

広瀬
--
○先0
(6)

木村
3 羽生善治 九段
4
2
(3)
0リーグ残留
(1)

藤井
--
○先0
(2)

佐藤
(4)

永瀬
○先0
(5)

木村
○先0
(3)

広瀬
(6)

豊島
5 永瀬拓矢 王座[注 1]
5
1
(1)
0プレーオフ
(1)

佐藤
○先0
(2)

木村
(3)

藤井
○先0
(4)

羽生
--
○先0
(5)

豊島
(6)

広瀬
5 木村一基 九段
0
6
(7)
陥落
●先0
(1)

豊島
(2)

永瀬
--
●先0
(4)

広瀬
(5)

羽生
●先0
(3)

佐藤
(6)

藤井
5 佐藤天彦 九段
1
5
(6)
陥落
(4)

広瀬
●先0
(5)

永瀬
(6)

羽生
(3)

木村
●先0
(1)

藤井
●先0
(2)

豊島
--
  • 広瀬-豊島 戦は持将棋局(先手:豊島)のち、先後を入替え指し直し局を実施。
  • 羽生と藤井聡の順位は両者同順位の3位(前年成績、前年順位が共に同じため)

二次予選[編集]

二次予選 1組[編集]

  1回戦 2回戦 二次予選 1組 決勝
  (bye) -
 永瀬 挑戦者決定リーグ入り
タイトル保持者  永瀬拓矢 二冠 -
 永瀬拓矢 二冠
順位戦 A級  佐藤康光 九段
 近藤
一次予選 3組  近藤誠也 七段
一次予選 9組  大石直嗣 七段
 大石
一次予選 4組  渡辺和史 四段
 久保利明 九段
前期リーグ陥落  久保利明 九段 -
 久保
  (bye) -

二次予選 2組[編集]

  1回戦 2回戦 二次予選 2組 決勝
  (bye) -
 佐藤 挑戦者決定リーグ入り
順位戦 A級  佐藤天彦 九段 -
 佐藤天彦 九段
一次予選 1組  石田直裕 五段
 佐々木
一次予選 5組  佐々木大地 五段
一次予選 7組  斎藤慎太郎 八段
 斎藤
一次予選10組  戸辺誠 七段
 糸谷哲郎 八段
前期リーグ陥落  糸谷哲郎 八段 -
 糸谷
  (bye) -

二次予選 3組[編集]

  1回戦 2回戦 二次予選 3組 決勝
  (bye) -
 木村 挑戦者決定リーグ入り
タイトル保持者  木村一基 王位 -
 木村一基 王位
一次予選 2組  黒沢怜生 五段
 稲葉
順位戦 A級  稲葉陽 八段
一次予選 6組  青嶋未来 五段
 青嶋
一次予選 8組  池永天志 四段
 三浦弘行 九段
前期リーグ陥落  三浦弘行 九段 -
 三浦
  (bye) -

一次予選[編集]

一次予選 1組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 1組 決勝
(Bye) -
阿久津
阿久津主税 八段 -
阿久津
佐藤秀司 七段
杉本
杉本和陽 四段
中座真 七段
川上猛 七段
川上
及川拓馬 六段
中座
大平武洋 六段
中座
中座真 七段
神谷広志 八段
田中
田中悠一 五段
石田
松本佳介 六段
石田 二次予選 進出(2組)
石田直裕 五段
石田直裕 五段
真田圭一 八段
中村
中村太地 七段
中村
長岡裕也 五段
髙野
髙野秀行 六段

一次予選 2組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 2組 決勝
(Bye) -
深浦
深浦康市 九段 -
中川
所司和晴 七段
中川
中川大輔 八段
中川大輔 八段
八代弥 七段
八代
田中寅彦 九段
伊藤
西尾明 七段
伊藤
伊藤真吾 五段
瀬川晶司 六段
片上
片上大輔 七段
片上
長谷部浩平 四段
長谷部 二次予選 進出(3組)
横山泰明 七段
黒沢怜生 五段
泉正樹 八段
阿部
阿部光瑠 六段
黒沢
黒沢怜生 五段
黒沢
三枚堂達也 七段

一次予選 3組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 3組 決勝
(Bye) -
屋敷
屋敷伸之 九段 -
千田
佐々木慎 六段
千田
千田翔太 七段
千田翔太 七段
阿部健治郎 七段
中村
中村修 九段
宮田
宮田敦史 七段
宮田
北島忠雄 七段
田村康介 七段
金沢
金沢孝史 五段
金沢
室岡克彦 七段
日浦 二次予選 進出(1組)
日浦市郎 八段
近藤誠也 七段[注 2]
上野裕和 六段
近藤
近藤誠也 六段
近藤
勝又清和 六段
勝又
小林宏 七段

一次予選 4組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 4組 決勝
飯塚祐紀 七段
門倉
門倉啓太 五段
飯島
飯島栄治 七段
飯島 二次予選 進出(1組)
山本博志 四段
渡辺和史 四段
青野照市 九段
渡辺
渡辺和史 四段
渡辺
藤井猛 九段
渡辺
渡辺大夢 五段
野月浩貴 八段
野月
土佐浩司 八段
野月
佐藤和俊 七段
佐藤
井出隼平 四段
野月浩貴 八段
森下卓 九段
森下
髙﨑一生 六段
金井
島朗 九段
金井
金井恒太 六段

一次予選 5組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 5組 決勝
岡崎史明 七段
岡崎
小倉久史 七段
渡辺
高橋道雄 九段
渡辺 二次予選 進出(2組)
渡辺正和 五段
佐々木大地 五段
佐々木大地 五段
佐々木
藤倉勇樹 五段
佐々木
本田奎 四段
本田
石川陽生 七段
木下浩一 七段
塚田
塚田泰明 九段
塚田
中田宏樹 八段
森内
森内俊之 九段
橋本崇載 八段
郷田真隆 九段
石井
石井健太 郎五段
橋本
堀口一史座 七段
橋本
橋本崇載 八段

一次予選 6組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 6組 決勝
(Bye) -
行方
行方尚史 九段 -
松尾
富岡英作 八段
松尾
松尾歩 八段
鈴木大介 九段
佐々木勇気 七段
佐々木
窪田義行 七段
鈴木
上村亘 五段
鈴木
鈴木大介 九段
千葉幸生 七段
千葉
丸山忠久 九段
青嶋
青嶋未来 五段
青嶋 二次予選 進出(3組)
村中秀史 七段
青嶋未来 五段
増田康宏 六段
髙野
髙野智史 五段
遠山
遠山雄亮 六段
遠山
近藤正和 六段

一次予選 7組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 7組 決勝
(Bye) -
斎藤
斎藤慎太郎 七段 -
斎藤
小林健二 九段
菅井 二次予選 進出(2組)
菅井竜也 七段
斎藤慎太郎 八段[注 3]
井上慶太 九段
伊奈
伊奈祐介 七段
村山
山本真也 六段
村山
村山慈明 七段
竹内雄悟 五段
竹内
伊藤博文 七段
竹内
北浜健介 八段
北浜
増田裕司 六段
竹内雄悟 五段
東和男 八段
阪口悟 六段
畠山
畠山鎮 八段
畠山
小林裕士 七段

一次予選 8組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 8組 決勝
(Bye) -
山崎
山崎隆之 八段 -
山崎
神崎健二 八段
神崎
有森浩三 七段
山崎隆之 八段
大橋貴洸 六段
大橋
黒田尭之 四段
出口
藤原直哉 七段
出口
出口若武 四段
中田功 八段
中田
古森悠太 四段
阿部
畠山成幸 八段
阿部 二次予選 進出(3組)
阿部隆 八段
池永天志 四段
池永天志 四段
池永
今泉健司 四段
池永
島本亮 五段
南芳一 九段

一次予選 9組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 9組 決勝
長沼洋 七段
大石
大石直嗣 七段
大石
浦野真彦 八段
谷川 二次予選 進出(1組)
谷川浩司 九段
大石直嗣 七段
星野良生 四段
都成
都成竜馬 六段
船江
船江恒平 六段
船江
脇謙二 八段
桐山清澄 九段
安用寺
安用寺孝功 六段
西川
矢倉規広 七段
西川
西川和宏 六段
牧野光則 五段
澤田真吾 六段
宮本
宮本広志 五段
牧野
牧野光則 五段
牧野
中村亮介 六段

一次予選 10組[編集]

  1回戦 2回戦 準決勝 一次予選 10組 決勝
戸辺誠 七段
戸辺
佐藤紳哉 七段
戸辺
藤森哲也 五段
佐藤 二次予選 進出(2組)
佐藤慎一 五段
戸辺誠 七段
髙見泰地 七段
斎藤
斎藤明日斗 四段
斎藤
先崎学 九段
梶浦
梶浦宏孝 五段
福崎文吾 九段
村田
村田智弘 七段
杉本
石川優太 四段
杉本
杉本昌隆 八段
西田拓也 四段
平藤眞吾 七段
豊川
豊川孝弘 七段
西田
村田顕弘 六段
西田
西田拓也 四段

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 二次予選トーナメント終了後に叡王失冠[5]
  2. ^ 一次予選トーナメント組み合わせ発表後、順位戦B級1組昇級による昇段を果たした[6]
  3. ^ 一次予選トーナメント組み合わせ発表後、順位戦A級昇級による昇段を果たした[7]

出典[編集]

  1. ^ 第70期王将戦挑戦者決定リーグ戦最終戦一斉対局”. 日本将棋連盟 (2020年10月20日). 2021年6月20日閲覧。
  2. ^ 第70期王将戦挑戦者決定リーグ戦プレーオフ 永瀬拓矢王座が挑戦を決める”. 日本将棋連盟 (2020年10月30日). 2021年6月20日閲覧。
  3. ^ 渡辺明王将VS永瀬拓矢王座 第70期王将戦七番勝負第6局 渡辺明王将が勝利し王将を防衛”. 日本将棋連盟 (2021年3月14日). 2021年6月20日閲覧。
  4. ^ 渡辺王将、3連覇で獲得タイトル27期、歴代4位タイに”. 産経ニュース (2021年3月14日). 2021年6月20日閲覧。
  5. ^ 永瀬拓矢叡王VS豊島将之竜王 第5期叡王戦七番勝負第9局 豊島将之竜王が勝利し叡王を奪取”. 日本将棋連盟 (2020年9月21日). 2021年6月20日閲覧。
  6. ^ 近藤誠也六段が七段に昇段”. 日本将棋連盟 (2019年3月12日). 2021年6月20日閲覧。
  7. ^ 斎藤慎太郎七段が八段に昇段”. 日本将棋連盟 (2020年2月14日). 2020年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]