白眉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白眉(はくび)とは、白い眉毛のこと。数あるものから、最もすぐれているものや人の例え。

成語の経緯[編集]

  • 出典:『三国志』蜀書 馬良伝

三国時代馬良馬謖ら兄弟は、5人ともに「常」の字が付くので馬氏の五常と言われ、5人揃って才名があったが、その中でも四男の馬良が最も優れていて、彼の眉の中に白毛が混じっていたという。このため、「馬氏には5人の"常"がいるが、白い眉の"常"が最も良い」ことから、白眉という言葉が生まれた。また、この故事から出て「馬氏の五常」といえば兄弟相並んで才名が高いものに例えられる。

関連項目[編集]