JT将棋日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

将棋日本シリーズ(しょうぎにっぽんシリーズ)は、日本将棋連盟と開催地新聞社[1]が共催、JT特別協賛の将棋の大会であり棋戦1980年創設。毎年6月から11月にかけて、全11局が全国各地の都市において公開対局で1局ずつ行われる。双方の持ち時間が少ない早指しの棋戦である。2011年度までの大会名はJT将棋日本シリーズ(ジェイティーしょうぎにっぽんシリーズ)。伝統的に準決勝は大阪と名古屋、決勝は東京ビッグサイトで開催される。

各々の大会ではこども大会も実施される。現在では、プロの公式戦だけでなく、こども大会も含めて「日本シリーズ」と称される。2012年度よりグループ会社のテーブルマークも協賛することになったことから、「JT将棋日本シリーズ」から「将棋日本シリーズ」に、そして2つの大会が「JTプロ公式戦」「テーブルマークこども大会」とそれぞれ変更されている。

方式[編集]

プロ公式戦[編集]

以下の順に従って選抜された12人の棋士がトーナメントで対局する。12名のうち出場順位上位4名が2回戦シードとなる[2]

  1. 前回優勝者
  2. タイトル保持者
  3. 獲得賞金ランキング上位者

持ち時間は10分で、切れたら1分単位で合計5回の考慮時間が与えられる。考慮時間を使い切ったら1手30秒未満。この他観客向けに「次の一手」クイズを行うため、対局途中で解説者の要請により封じ手を行い休憩(10分間)が挟まれる[2]

2015年現在は優勝賞金500万円、準優勝賞金150万円[2]。また副賞として、トーナメントで1勝する毎に勝者にJTグループの製品1年分(2014年まではジェイティ飲料の飲料類[3]、2015年はテーブルマークのインスタントライス[4])が贈られる。

こども大会[編集]

  • 2001年度から創設された大会で、大会は未就学児を含む小学校3年生までの低学年の部と小学校4年生~6年生対象の高学年の部の2つに分かれている。
  • まずブロック対局を行い、ブロックを勝ち抜いた選手によるトーナメントによって、各部門2名の代表を決定する。ブロック対局で敗れた選手も予選終了後に自由対局(練習試合)を指すことができ、参加者のレベルに応じた対局、あるいはプロや奨励会員との指導対局など、将棋を思う存分楽しみ、また成長できる環境が提供されている。
  • トーナメントを勝ち上がった各部門2名ずつが、プロ公式戦の前座試合として、プロと同じ対局会場・盤駒を使い、それぞれのクラスの優勝をかけて対局する。プロ同様に棋譜読み上げや記録係、大盤解説が付き、また和服(男子は紋付はかま、女子は振袖着物)が貸し出されるなど、プロの雰囲気をそのまま体験できるようになっている。

歴史[編集]

  • 1981年(昭和56年、第1回) - 大山康晴の発案で創設(この回のみ年初頭に行われたため1980年度の開催となる)。タイトル保持者であった、中原誠名人加藤一二三十段、大山康晴王将米長邦雄棋聖(肩書きは大会開始時点のもの)の4人によるトーナメントだった。
  • 1981年(昭和56年、第2回) - 参加棋士が8名になる。
  • 1983年(昭和58年、第4回) - 参加棋士が12名になる。
  • 1987年(昭和62年、第8回) - 第4回以降、1回戦4局は将棋会館で行われていたが、この年から全対局を公開対局と改める。
  • 2001年(平成13年、第22回) - 3都市で「こども将棋大会」を実施。
  • 2002年(平成14年、第23回) - こども大会をすべての開催地(11都市)で実施する。
  • 2006年(平成18年、第27回) - 優先出場資格の3番目を、順位戦ランキング上位者から、獲得賞金・対局料ランキング(前年1月 - 12月)の上位者に変更。
  • 2007年(平成19年、第28回) - 優勝賞金を、従来の350万円から500万円に増額。
  • 2012年(平成24年、第33回) - この年から、名称を「将棋日本シリーズ」に変更。また、JTグループのテーブルマークが協賛社になったことから大会名をそれぞれ「JTプロ公式戦」「テーブルマークこども大会」に変更。

エピソード[編集]

無冠のC級棋士が3連覇(第14回 - 第16回)

郷田真隆は、1992年、四段でタイトル(王位)獲得という究極の最低段記録を成し遂げ、翌年の第14回大会(1993年)に初出場。しかも優勝してしまう。決勝戦の前に王位を失冠し「郷田五段」となっていた。翌年の第15期は前回優勝者(第1シード)として出場し、これまた優勝。続く第16期も同様に優勝し、本棋戦史上初の3連覇を果たした。郷田は長考派として知られていたが、早指し将棋でも強いことを見せつけた。

台風・地震で異例の中止(第27回・第32回・第37回)

2006年9月17日に福岡市で開催予定の第27回2回戦・森内俊之名人対三浦弘行八段戦は、台風13号の影響により大会史上初の公開対局中止・延期になった。代替として同月20日に東京・将棋会館で非公開で対局されたが、ファンサービスのため、インターネット中継を行う措置がされた。
2011年6月4日に仙台市で予定されていた第32回1回戦第1局の深浦康市九段対佐藤康光九段戦は東日本大震災の影響で中止となり、対局は同日に東京・将棋会館で先述と同じく非公開対局・インターネット中継を行う措置が行われた。
2016年7月9日に熊本県益城町で予定されていた第37回1回戦第2局の深浦康市九段対行方尚史八段戦も熊本地震 (2016年)の影響で中止となり、同様に対局は同日に東京・将棋会館で先述と同じく非公開対局とし、インターネット中継が行われた。なお大会後の11月には「テーブルマークこども大会」応援大会として宇土シティホールで開催された。

新型インフルエンザ感染の疑いで(第30回)

2009年9月12日に福岡市で開催予定の第30回2回戦に出場予定であった渡辺明が、新型インフルエンザに罹患している可能性があるとして、欠場する旨が日本将棋連盟から発表された(9月8日)。妻の伊奈めぐみ(詰将棋作家・漫画家)が感染・発症したため[5]、渡辺本人が感染している可能性を否定できないためであった。代わって、前年の獲得賞金・対局料ランキング13位の谷川浩司が繰上げ出場となったが、谷川はそのチャンスを生かして優勝し、同棋戦の最多優勝記録を6に更新した。谷川は優勝後のインタビューで「本来、出場できる立場ではなかった」とし、優勝賞金を小学生への普及のために使ってほしい(寄付する)との旨を語った[6][5]。結果的に渡辺は発症せず、さらに対局当日の時点では伊奈も全快していた。渡辺は『週刊将棋』による取材の中で「今後は棋士が安心して自己申告できるような規定の整備が急務ではないか」と、現行の対応を非難するコメントをしている。

ギネス世界記録認定(第33回)

第33回より「テーブルマークこども大会」となったこども大会では、2012年11月18日に東京ビッグサイトにて開催された東京大会において1574局が同時に開催され、「同時に1カ所で行われた将棋の対局数ナンバーワン」としてギネス世界記録に認定された[7]

本棋戦史上初の持将棋が成立(第36回)

2015年9月5日に広島グリーンアリーナで開催された第36回2回戦・渡辺明対行方尚史戦では、本棋戦史上最長の297手を記録したうえ、本棋戦史上初の持将棋となった。直後に指し直し局が行われ、渡辺が勝利した。

歴代決勝結果[編集]

段位、称号は決勝当時のもの。

対局日 優勝 準優勝
1 1981年3月22日 米長邦雄棋王 加藤一二三十段
2 1981年10月31日 中原誠名人 大山康晴十五世名人
3 1982年10月31日 大山康晴十五世名人 中原誠前名人
4 1983年10月23日 加藤一二三前名人 米長邦雄王将
5 1984年11月11日 米長邦雄王将 谷川浩司名人
6 1985年11月24日 森安秀光八段 谷川浩司前名人
7 1986年11月9日 米長邦雄十段 谷川浩司棋王
8 1987年11月29日 加藤一二三九段 大山康晴十五世名人
9 1988年11月27日 高橋道雄七段 加藤一二三九段
10 1989年12月3日 谷川浩司名人 島朗竜王
11 1990年12月9日 谷川浩司竜王 中原誠名人
12 1991年12月15日 羽生善治棋王 有吉道夫九段
13 1992年11月29日 谷川浩司竜王 南芳一九段
14 1993年12月5日 郷田真隆五段 谷川浩司王将
15 1994年12月4日 郷田真隆五段 米長邦雄前名人
16 1995年12月3日 郷田真隆六段 米長邦雄九段
17 1996年12月15日 谷川浩司竜王 村山聖八段
18 1997年11月30日 谷川浩司竜王・名人 森内俊之八段
19 1998年11月29日 羽生善治四冠 佐藤康光名人
20 1999年11月28日 丸山忠久八段 羽生善治四冠
21 2000年12月10日 森内俊之八段 谷川浩司九段
22 2001年11月18日 丸山忠久名人 羽生善治四冠
23 2002年11月10日 藤井猛九段 丸山忠久九段
24 2003年11月30日 羽生善治名人 久保利明八段
25 2004年11月28日 佐藤康光棋聖 久保利明八段
26 2005年12月11日 藤井猛九段 郷田真隆九段
27 2006年11月26日 佐藤康光棋聖 郷田真隆九段
28 2007年11月18日 森下卓九段 森内俊之名人
29 2008年11月22日 森下卓九段 深浦康市王位
30 2009年11月22日 谷川浩司九段 深浦康市王位
31 2010年11月23日 羽生善治名人 山崎隆之七段
32 2011年11月20日 羽生善治二冠 渡辺明竜王
33 2012年11月18日 久保利明九段 羽生善治三冠
34 2013年11月10日 久保利明九段 羽生善治三冠
35 2014年11月16日 渡辺明二冠 羽生善治名人
36 2015年11月15日 三浦弘行九段 深浦康市九段
37 2016年10月23日 豊島将之七段 佐藤天彦名人

棋士別成績[編集]

棋士 優勝 準優 優勝年度 準優勝年度
谷川浩司 6 5 1989,1990,1992,1996,1997,2009 1984,1985,1986,1993,2000
羽生善治 5 5 1991,1998,2003,2010,2011 1999,2001,2012,2013,2014
米長邦雄 3 3 1980,1984,1986 1983,1994,1995
郷田真隆 3 2 1993,1994,1995 2005,2006
加藤一二三 2 2 1983,1987 1980,1988
久保利明 2 2 2012,2013 2003,2004
丸山忠久 2 1 1999,2001 2002
佐藤康光 2 1 2004,2006 1998
藤井猛 2 - 2002,2005
森下卓 2 - 2007,2008
大山康晴 1 2 1982 1981,1987
中原誠 1 2 1981 1982,1990
森内俊之 1 2 2000 1997,2007
渡辺明 1 1 2014 2011
森安秀光 1 - 1985
高橋道雄 1 - 1988
三浦弘行 1 - 2015
豊島将之 1 - 2016
深浦康市 - 3 2008,2009,2015
島朗 - 1 1989
有吉道夫 - 1 1991
南芳一 - 1 1992
村山聖 - 1 1996
山崎隆之 - 1 2010
佐藤天彦 - 1 2016

関連書籍[編集]

  • 『スリル満点、スピード将棋』(日本将棋連盟) ISBN 4-8197-0300-5
  • 「JT将棋日本シリーズBOOK」(『将棋世界』2006年7月号付録)

脚注[編集]

  1. ^ 河北新報社熊本日日新聞西日本新聞社静岡新聞静岡放送北海道新聞社新潟日報四国新聞山陽新聞中日新聞社北國新聞中国新聞社
  2. ^ a b c 「JTプロ公式戦」の概要 - 将棋日本シリーズ
  3. ^ 9月。 - 渡辺明ブログ・2013年9月7日
  4. ^ 段ボール - 妻の小言。・2015年9月22日
  5. ^ a b 将棋の渡辺くん』(伊奈めぐみ著、講談社)第2巻・p.53
  6. ^ 2009年11月28日放送の「囲碁・将棋ジャーナル
  7. ^ 同時に1574局、ギネス世界記録達成! - 日本将棋連盟公式サイト、2012年11月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]