の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
の子
出生名 大島亮介
生誕 (1985-06-16) 1985年6月16日(32歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
学歴 東京学館高等学校中退
ジャンル ロックエモポップ・ロックエレクトロニカヒップホップなど
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカルギターキーボード
活動期間 2007年 -
レーベル unBORDEワーナーミュージック・ジャパン
事務所 PERFECT MUSIC
共同作業者 mono、ちばぎん、みさこ(神聖かまってちゃん
公式サイト 子供ノノ聖域
伊野尾京子の糞部屋☆うぃーっす!

の子(のこ、1985年6月16日 - )は、日本バンド神聖かまってちゃん」のボーカルギタリスト。同バンドの全楽曲の作詞作曲を手掛けている。

「の子」の由来は男の子でも女の子でもない名前にしたかったから、響きがかわいいから[1]

本名、大島 亮介(おおしま りょうすけ)[2]

所属レコードレーベルはunBORDEワーナーミュージック・ジャパン)。所属事務所はPERFECT MUSIC。

来歴[編集]

1985年ニューヨークで生まれ、千葉県印西市千葉ニュータウンで育つ。

中学生の頃は陸上部に所属し、長距離選手をしていた[3]。小中学生時代からいじめを受けており[4]東京学館高等学校に進学後中退[要出典]

高校中退後はニートフリーターとして生活をし、2005年頃には「真っ昼間ボーイズ」というデュオで活動していた。その後、びばるげばる物語、びばるげばる書店、うっそぴょんなどのバンドを経て、現在の神聖かまってちゃんとして活動を始める。

2007年頃からデモ音源やPVをネットに公開し始めた。2008年には「2才」というハンドルネームを用いて2ちゃんねるでの挑発的な書き込みや自作自演を繰り返し批判を集める。同年5月に自身初のストリーミング配信[5]

上記の活動の中で、流血[6][7]、全裸[8]、放尿[9]、無許可路上ライブ[10][11]などのパフォーマンスが注目を集め、楽曲も次第に注目されるようになった。

現在もTwitCastingニコニコ生放送で頻繁にライブストリーミング配信を行っており、自宅から風呂、トイレまで様々な姿を公開している。

人物[編集]

境界性人格障害[12][注釈 1]を患っており、精神科への通院や精神薬の服用を公言している一方、過去の破滅的なパフォーマンスについては後に「若気の至り」[13]と述べている。

名指しでアーティストを批判する場合があるが、それを「ディスペクト」[14][注釈 2]と表現し「嫉妬であり愛の現れで本当に嫌いならば話題にもしない」と語っている[15]

ネオニー(ネオニートに由来)と名付けた雄のスコティッシュフォールドを飼っており、愛猫家としての一面が多くの作品で見受けられる。

自身のウィキペディアの項目を編集したことがあり、「非常にcleverな人間」、「ネット配信の先駆者」を自称している[16]

音楽について[編集]

小学生時代はB'zを中心としたJ-POPを好んでおり、中学1年生の時にビートルズを聴いたことでロックを知り3年生で本格的にギターを手にした[17]。しかし、攻撃的な印象からロックを好んでおらず[18]、当初はゲーム音楽の作曲家を目指してMDと鼻歌で作曲をしていた。

影響を受けたアーティストとしてオアシスピクシーズマイ・ブラッディ・ヴァレンタインエイフェックス・ツイン戸川純じゃがたら筋肉少女帯P-MODEL久石譲、他にマジック:ザ ギャザリングの世界観やファイナルファンタジー聖剣伝説などのゲーム音楽を挙げている。

YouTubeにて大島亮介名義であげられているPVは全て個人で制作しており、殆どの撮影を実父が担当。曲は自宅で収録したもので、発表された曲の多くに個人作成のデモバージョンとバンドメンバーが編曲、演奏したバージョンが存在する。

主な活動[編集]

ソロとして[編集]

  • 2013年8月1日 - LIQUIDROOM ebisu「の子ソロライブ」
    チーナを中心としたサポートメンバーを迎え、神聖かまってちゃんメンバーのmonoも参加[19]
  • 2013年8月7日 - 詩集「るーるるらーら」を発売
    あとがきには、の子に関する大槻ケンヂのインタビューが掲載された[20]
  • 2013年9月11日 - の子名義のソロアルバム「神聖かまってちゃん」発売
    椎名杏子(Piano / チーナ)、柴由佳子(Violin / チーナ)、リーダー(G, Syn / チーナ)、林絵里(Contrabass / チーナ)、後藤大樹(Dr /Andymori)、小宮山純平(Dr / MAGICAL CHAIN CLUB BAND、ex. cutman-booche)、楢原英介(G / VOLA & THE ORIENTAL MACHINE、YakYakYak)を迎えたセルフカバーアルバム。
    新曲として「躁鬱電池メンタル」が収録された[21]
  • 2013年12月 - ニコニコ動画公式ユーザーチャンネル「伊野尾京子の糞部屋☆うぃーっす!」開設
    一般公募約4万3000人のうち選ばれた第一弾の17チャンネルの一つ。
    「子供ノノ聖域連盟」と題したブログマガジンは「伊野尾京子」という別人格が書いている設定で女性語を使用。
    会員限定の放送や新曲が公開されている。
    2015年9月6日 - 有料課金放送『自宅からお届けするアコースティックライブ配信!』を開始、高画質高音質で自宅からライブを行った。

参加作品[編集]

  • 2013年6月26日 - アニメ『惡の華』コンセプトE.P.『惡の花譜』
    同年4月から放送されたテレビアニメ『惡の華』(第1話 - 第3話)のオープニング曲。
    歌詞は、作曲者しのさきあさこ(宇宙人)との共作。
  • 2013年11月13日 - アルバム『Don't Stop The Music』(tofubeats
    収録曲「おしえて検索 feat.の子」[1]にゲストボーカルとして参加。
    2013年、 2014年の『COUNTDOWN JAPAN』にtofebeatsのゲストとして登場した。
  • 2014年2月28日 - 「ゼロ〜裸の俺たち〜」(ハッカーズ)
    堀江貴文茂木健一郎金杉肇による音楽ユニットにギタリストとして参加。
  • 2016年10月26日 - 大森靖子「POSITIVE STRESS」
    収録曲「非国民的ヒーロー」の共作

使用機材[編集]

以前はYAMAHAのMTR「AW2816」を中心として作曲をしていたが、2013年頃からDTMでの作曲を開始。

2014年にはボーカロイド初音ミクを使ってセルフカバーPVの投稿をした。

左利きであるがギターは右利き用を使用している。

ギター[編集]

  • RKS The Wave Pinklipstick
    初期のトレードマークとも言えるギター。[22]
  • Squier Stratocaster with Tremolo PIN
    このギターを弾く姿がFenderの国内ポスターに起用された。[23]
  • Squier Stratocaster with Tremolo FR
  • Squier FSR Jagmaster シグネチャーモデル
    の子仕様にカスタマイズされたギター。1号機はヘッド先端、ピックガードのイラストが特徴。[24]ピックアップが2ハムにみえるがダミーで、実は2シングル仕様。2号機はピックアップがシングルタイプになっており、イラストはない。「NOKO Ltd」として200本限定で発売されたモデル[25]は2号機と見た目はほぼ同じだがアウトプットがひとつになっている。
  • Squier Noko Custom Jazzmaster Special
    当初はカラーのみのカスタムだったが、メイプル指板を使用3日目に破損。ローズ指板のネックに交換された。2013年9月頃からは今までのNOKOPINKと称されたカラーとは違う緑色のボディが登場し、こちらはツマミが1ボリューム、アウトプットが2つになっている。
  • Squier FSR Jazzmaster Special Candy Apple Red
  • Rickenbacker Model 620
    宅録専用ギター。ボディにチェ・ゲバラのステッカーが貼られている。
  • Fender SONORAN-SCE CandyAppleRed
    アコースティックギターだがヘッドストックがストラトキャスターと同じなのが特徴。
  • Crews ES-2000
    12弦のエレアコ 自宅での弾き語りやレコーディングなどに使われている。

その他の機材[編集]

キーボード

  • Roland VP-770
  • Roland Fantom-X6
  • KORG microSAMPLER

ギターエフェクター

ボーカルエフェクター

  • DigiTech Vocalist Live 4
  • DigiTech Vocal300

ギターアンプ

  • Marshall JCM900
  • fender Super-Sonic

電子チェンバロ

  • Roland C30

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 境界性人格障害との併存率が高い双極性障害(躁鬱)と発言する場合もある。
  2. ^ の子本人による造語。ディスリスペクトリスペクトの中間的な意味合いで使われる。
  3. ^ 一般販売されているデザインとは違う特殊なペイントの物を使用。

参照元[編集]

  1. ^ 神聖かまってちゃん / の子 (Vo,G) (4/10) - 音楽ナタリー Power Push
  2. ^ 大島亮介 - YouTube
  3. ^ 神聖かまってちゃん、新作の光と闇 「解散も考えた」
  4. ^ ライブ初配信/いじめ体験談 神聖かまってちゃんダイジェスト5
  5. ^ 神聖かまってちゃん の子 作曲風景 2008/05/27”. YouTube. 2014年8月19日閲覧。
  6. ^ 神聖かまってちゃん【流血ライブ】 2009/9/21 東高円寺UFO CLUB”. YouTube. 2014年1月24日閲覧。
  7. ^ かおりちゃん”. YouTube. 2014年1月24日閲覧。
  8. ^ 神聖かまってちゃんダイジェスト25 下北沢全裸ライブ 後編”. ニコニコ動画. 2014年1月24日閲覧。
  9. ^ 神聖かまってちゃん おしっこライブpart3/5”. YouTube. 2014年1月24日閲覧。
  10. ^ 【路上ライブ】 神聖かまってちゃん の子 VS 警察官 【渋谷駅前】”. YouTube. 2014年1月24日閲覧。
  11. ^ 神聖かまってちゃん の子 新宿 ライブ 補導される(交番前ライブ)”. YouTube. 2014年1月24日閲覧。
  12. ^ 神聖かまってちゃんの新曲「フロントメモリー」が別格すぎると音楽業界で話題沸騰中 >>455”. 2014年1月24日閲覧。
  13. ^ オトナの! 2013年11月6日放送 6分32秒”. 2014年1月24日閲覧。
  14. ^ 2013.01.27 神聖かまってちゃん の子&mono DJ練習配信1”. ニコニコ動画. 2014年8月17日閲覧。
  15. ^ 録画ライブ #90914355”. モイ. 2014年8月17日閲覧。
  16. ^ 録画ライブ ロックンロールスターです #90914355
  17. ^ 神聖かまってちゃん/の子(Vo,G)(2/10)”. ナターシャ. 2014年1月24日閲覧。
  18. ^ スペシャルロック対談”. 竹山ロックンロール. 2014年8月27日閲覧。
  19. ^ かまってちゃん・の子が初ソロライブ「目指すはさいアリ」”. 2014年8月17日閲覧。
  20. ^ 神聖かまってちゃん の子の詩集『るーるるらーら』、8月7日に発売”. 2014年8月17日閲覧。
  21. ^ の子ソロアルバム詳細発表、新曲「躁鬱電池メンタル」も”. 2014年8月17日閲覧。
  22. ^ 神聖かまってちゃん「つまんね」「みんな死ね」全曲解説”. ナターシャ. 2014年9月25日閲覧。
  23. ^ 神聖かまってちゃん・の子がFenderの国内ポスターに登場”. ナターシャ. 2014年8月26日閲覧。
  24. ^ 神聖かまってちゃん@Fender Showcase Tokyo”. fender. 2014年8月26日閲覧。
  25. ^ 神聖かまってちゃん・の子モデル"JAGMASTER NOKO Ltd."発売決定!”. Fender. 2014年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]