藤井理央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 理央(ふじい りお、1964年11月11日 - )は、日本キーボーディスト編曲家音楽プロデューサー。男性。

経歴[編集]

[1]血液型はO型。小学校までは表参道沿いで育ち、中学校で鎌倉市に移る。
鎌倉市立第二中学校鎌倉学園高校時代は吹奏楽部トロンボーンユーフォニウムを演奏、それぞれ部長、副部長を務める。
東洋大学経営学部へ進学、軽音サークルに於いてバンドでキーボードを担当。

卒業後、笹路正徳に師事し音楽業界へ。アシスタント業(ボーヤ)を経て、
1993年よりキーボーディスト、編曲家、プロデューサーとして多数の歌手、アーティストとともに活躍。

1994年奥田民生のシングル「愛のために」のレコーディングでハモンドオルガンを担当、ミリオンヒットとなる。

1996年から2002年にかけて、FIELD OF VIEWのツアーでキーボードを担当。

2002年から2006年まで、コブクロのツアー、レコーディングでバンドマスターを務め、ピアノおよびストリングス編曲を担当。
ヒット・シングルに「永遠にともに」「ここにしか咲かない花」「」「君という名の翼」、’07年レコード大賞受賞曲「」などがある。
またアルバム中9曲に参加した『ALL SINGLES BEST』は累計売上枚数350万枚以上を記録する。
その後も2016年まで多くの楽曲にストリングス編曲で参加。

2007年よりブログを始めた[2]

2014年、アルバム「ディズニー 声のドリームデュエット」全8曲、
2018年、アルバム「ディズニー 声の王子様  Voice Stars Dream Selection」全13曲で編曲を担当。
後者は週間アルバム・ランキング4位にチャート・インする。

ライヴまたはレコーディング参加アーティスト[編集]

脚注[編集]