崎山龍男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「﨑山 龍男」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
﨑山 龍男
生誕 (1967-10-25) 1967年10月25日(50歳)
出身地 日本の旗 日本栃木県佐野市
学歴 文化服装学院卒業
ジャンル ロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラム
コーラス
活動期間 1987年 -
レーベル ポリドール
1991年 - 2001年
ユニバーサルJ
2002年 - )
事務所 Road & Sky
共同作業者 スピッツ

﨑山 龍男(さきやま たつお、1967年10月25日[1] - )は、日本ドラマーミュージシャンである。ロックバンドスピッツドラムを担当している。栃木県佐野市出身。

人物[編集]

基礎情報[編集]

  • スピッツのメンバーやファンからは主に「﨑ちゃん」と呼ばれる。
  • 身長は166cmで、血液型はB型。
  • 中高と剣道部に所属。
  • 既婚者であり二児の父。下にも一人いる。

来歴[編集]

  • 1967年栃木県佐野市で生まれる。実家は洋裁店。
  • 中学高校時代にベーシストとしてバンド活動を始める。
  • 栃木県立佐野高等学校3年生のとき、ヘヴィメタルバンド“THE・テルズ”の後任ドラマーとして抜擢される。崎山の後任となったベーシスト“kkluv”に「なんて弾きやすいリズムを奏でるんだ!」と驚愕された。
  • 文化服装学院ファッション工科専門課程アパレル技術科を卒業。フォークソング部の部長を務めた。花形ドラマーとして実力を知られた存在であり、さまざまなバンドでヘルプドラマーをしていた。
  • 1987年、文化服装学院の同級生であった三輪テツヤの紹介で、スピッツに助っ人として加わり、現在に至る。その後、一度も正式メンバーになってくれと言われていないため「崎ちゃんは今でもヘルプ」というネタがライブ等で登場する。
  • 今では想像し難いが、スピッツの前にいたバンドがメタルバンドだったため、メンバーと初めて出会った格好が金髪に革ジャンというものであった。その容姿のためか、他のメンバーからは同い年でありながら敬語を使われたりするなど、しばらくは恐れられていた。またその風貌から、飲食店などでアルバイトを断られ、マタニティショップで商品を出荷するアルバイトをしていた。

趣味[編集]

  • 好きであり、家では犬一匹を飼っている。犬以外にも動物全般が好きで、ウサギも飼っている。犬はゴールデンレトリバーの「キナコ」、ウサギは「モナコ」と名前をつけている。
  • 高校時代から阪神タイガースの大ファンであり、ライブのMCでもそのネタがたびたび出てくる。
  • アップルパイ、とうもろこしが大好物。

音楽的影響[編集]

音楽活動[編集]

  • スピッツでは楽曲のシンプルさに合わせてそれほど派手に叩くことはないが、難易度の高いテクニックとされるモーラー奏法を体得しており、さまざまなジャンルを叩くことも出来る優れた技量を持ったドラマーである。
  • スピッツのライブでは、多くの楽曲でコーラスを担当している。
  • YELL FROM NIPPONにもドラマーとして参加したり、一般のドラマーを対象とした「ドラムクリニック」を開催するなど、活動内容も幅広い。
  • 今のところ、彼が作曲を手がけた曲はない。アルバム『インディゴ地平線』の時は作曲にトライしたが、採用はされなかった。
  • 一時期[いつ?]ギターを練習していると言っていたが、その後ギターのことについては話していない[要出典](しかし、『魔法のコトバ』のPVでは彼のギターを弾く場面が見られる)。現在は、LOUDNESSの高崎晃が使用している「ランダムスター」というモデルのギターを購入して練習している[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b PROFILE”. 2015年6月7日閲覧。

関連項目[編集]