三菱サイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱サイダー
種類 炭酸飲料
販売元 弘乳舎
発祥国 日本の旗 日本
販売開始 1972年
無色透明
テンプレートを表示

三菱サイダー(みつびしサイダー)とは熊本県熊本市北区弘乳舎が販売していた炭酸飲料サイダーである。

概要[編集]

熊本のいわゆる地サイダーである。三菱サイダーは「三菱」という商標スリーダイヤロゴを用いるが、三菱グループ(旧三菱財閥)とは関係がない。1919年商標登録を行っており、三菱鉛筆と同じように、三菱グループ以外でスリーダイヤを使用する権利を有している。そのためウェブの説明には「三菱の商標とスリーダイヤモンドのロゴマークは大正8年に商標登録された古い商品です。大企業・三菱グループとは関係ありません」とあった。

上記の通り長い歴史を有していたが、2017年5月31日をもって終売となった[1]

主な販売場所[編集]

販売地域は熊本県鹿児島県宮崎県の一部が主であったが、福岡県佐賀県大分県などの北部九州地区や、山口県の一部でも販売されていた。

首都圏関東地方)では、東京銀座にある熊本県のアンテナショップ「銀座熊本館」で販売されていたほか、催事形式で、ごくまれに、千葉駅で販売されていた。

近畿地方(主に京阪神)では、スーパー玉出サンディなどで特売の際に販売されていたことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 三菱サイダー販売終了のお知らせ 弘乳舎、2017年5月31日(2017年6月7日閲覧)。

外部リンク[編集]