昭和リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昭和リース株式会社
Showa Leasing Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 SL
本社所在地 日本の旗 日本
112-8574
東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル
設立 1969年(昭和44年)4月2日
業種 その他金融業
法人番号 9010001142187
事業内容 総合リース業
情報関連機器、産業・工作機械、建設機械、医療機器、商業設備、航空機などのリース、割賦販売ならびに各種ファイナンス業務
生命保険の募集に関する業務
代表者 代表取締役社長 清谷 清弘
資本金 293億6,000万円
売上高 951億61万円
(2017年3月期)
純利益 79億15万円
(2017年3月期)
総資産 5388億99万円
(2017年3月31日現在)
従業員数 507名
(2017年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社新生銀行(100%)
外部リンク http://www.s-l.co.jp/
テンプレートを表示

昭和リース株式会社(しょうわリース)は、東京都文京区に本社を置く新生銀行グループの総合リース会社である。元はりそな銀行グループの大手総合リース会社であったが、2005年に新生銀行によって買収されて新生銀行グループとなり、2016年には完全子会社化されている。

事業内容[編集]

  • 総合リース業

情報関連機器、産業・工作機械、建設機械、医療機器、商業設備、航空機などのリース、割賦販売ならびに各種ファイナンス業務、生命保険の募集に関する業務を行っている。中でもリース業務に関しては、工作機械のリースや、動産の処分、リースアップ物件の処理などは業界でもトップレベルのノウハウを持つ。

沿革[編集]

  • 1969年(昭和44年)4月 - 協和銀行(現りそな銀行)・安宅産業などにより設立。
  • 1986年(昭和61年)4月 - 昭和オートレンタリース株式会社設立。
  • 2005年(平成17年)4月 - 資本金を421億4900万円とする。
  • 2006年(平成18年) 新生ビジネスファイナンス株式会社の株式を取得し、グループ会社化。
  • 2007年(平成19年)4月 - 株式会社エス・エス・ソリューションズ事業開始。
    昭和ハイテクレント株式会社と合併。
  • 2008年(平成20年)
    • きらやか銀行系列のきらやかリース株式会社の株式を取得し、グループ会社化。
    • 昭和オートレンタリース株式会社の株式を譲渡。
    • 本社を江東区豊洲に移転。
  • 2009年(平成21年) 株式会社エス・エス・ソリューションズと合併。
  • 2010年(平成22年) 新生ビジネスファイナンス株式会社と合併。
  • 2011年(平成23年) 本社を文京区後楽に移転[1]
  • 2015年(平成27年)トーザイ貿易株式会社を買収
  • 2016年(平成28年)
    • 4月1日 - きらやか銀行がきらやかリースの株式を買い戻し、同社が昭和リースの関連会社から外れる[2]
    • 栄伸工業株式会社を買収
    • 12月1日 - 株式交換によって、新生銀行の完全子会社となる[3]

事業所[編集]

  • 本社及び支店ならびに営業グループ
本社 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル
大阪営業部 大阪市中央区淡路町2-2-14 北浜グランドビル9階
兵庫サテライト 神戸市中央区御幸通8-1-6 神戸国際会館22階
札幌オフィス 札幌市中央区南1条西6-15-1 札幌あおば生命ビル7階
仙台オフィス 仙台市青葉区一番町2-2-13 仙建ビル6階
松本オフィス 松本市深志2-5-2 県信松本深志ビル6階
広島オフィス 広島市中区紙屋町1-1-17 広島MIDビル11階
福岡オフィス 福岡市中央区天神2-8-30 福岡天神第一生命ビル3階
厚木オフィス 厚木市中町3-11-18 MY厚木ビル6F階
千葉オフィス 千葉市中央区新町1-17 JPR千葉ビル10階
立川オフィス 立川市錦町2-4-6 住友生命立川ビル4F階
京都オフィス 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 烏丸ビル3階
浜松オフィス 浜松市中区板屋町110-5 浜松第一生命日通ビル9階
神奈川営業部 横浜市中区常盤町4-54 りそな共栄社商事ビル3階
埼玉営業部 さいたま市浦和区北浦和4-5-5 北浦和大栄ビル5階
名古屋営業部 名古屋市中区錦2-15-22 りそな名古屋ビル7階

海外現地法人[編集]

  • 中国(青島)

脚注[編集]

外部リンク[編集]