なみはや銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社なみはや銀行(なみはや ぎんこう)は、かつて日本に存在した金融機関銀行第二地方銀行)である。東京証券取引所に上場していた。「なみはや」とは、大阪を意味する「浪速」(なにわ)を漢字ごとに訓読みしたことに由来する。

概要[編集]

1998年10月1日に設立。債務超過ではないものの経営が行き詰まった金融機関の救済策として、旧・なにわ銀行と旧・福徳銀行(いずれも旧相互銀行系列、ただし、旧・福徳銀行は現在の東京証券取引所に上場していた)を合併するとともに新設された銀行である(特定合併。また、合併の手続きとしては、当時の商法上での新設合併にあたる)。

統一金融機関コードは旧・福徳銀行の0553を引き継いでいた[1]

経営悪化[編集]

ただし、金融当局が両銀行の債務超過の実態を把握しないまま合併していたことが発覚した。これが原因で結局経営を更に悪化させてしまい、翌1999年8月6日に経営破綻(破綻認定申請。当局による破綻認定は翌8月7日)、「金融整理管財人による業務及び財産の管理を命ずる処分」を受けた。

その後2001年2月13日に全営業店舗が、店舗ごとに、大和銀行(現りそな銀行)あるいは近畿大阪銀行(現りそなグループ)へ、それぞれ営業のすべてが譲渡された(なみはや銀行としての営業は2月9日で終了し、3連休を使って、機器の入れ替えなどの改装が行われた)。

2001年4月27日に解散し、以後は山田庸男を代表清算人として清算事務がおこなわれてきたが、2006年10月6日清算を結了。同年12月8日の清算結了臨時株主総会において最後の株主総会が行われ、完全に消滅した。

なお、なみはや銀行の設立は「特定合併」によるものであったが、特定合併が採用されたのは、これが最初で最後のケースとなった。

営業譲渡[編集]

2001年に当行店舗は店舗ごとに営業譲渡をしている。譲渡先は店舗により異なるが以下の傾向であった。大阪府内および兵庫県の店舗については一部を除き近畿大阪銀行に営業譲渡され、その他の地域及び前述の一部に該当する店舗については大和銀行に営業譲渡された。大阪市内の店舗は全て近畿大阪銀行へ営業譲渡された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 旧・なにわ銀行は0551。株式事務代行はだいこう証券ビジネスであった