武州銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武州銀行本店
武州銀行本店跡地に建つ浦和中央支店

武州銀行(ぶしゅうぎんこう)は、大正7年(1918年)11月に埼玉県北足立郡浦和町(のちの浦和市)に設立された銀行。本店のあった場所(さいたま市浦和区高砂2-9)には現在埼玉りそな銀行浦和中央支店がある。

沿革[編集]

旧武州銀行川越支店。(現・川越商工会議所)

埼玉県下に当時乱立した銀行はどれも規模が小さく、県の有力者200名が発起して資本金500万円で浦和町高砂に設立された。開業は翌年の1月。初代頭取は、渋沢栄一の甥の尾高次郎。同じく栄一の甥の大川平三郎も頭取を務めた。尾高は子沢山で、大川に鉄雄を養子に出している。鉄雄は山陽パルプ社長と日本フェルト工業(現・日本毛織)の社長を務めた。

大正9年(1920年)には粕壁銀行と、大正10年には川越商業銀行と、大正11年には豊岡町(現入間市)の黒須銀行と合併するなど合併を繰り返し拡大した。

昭和18年(1943年)7月、戦時統制で、当行と、川越市に本店を構える旧国立銀行八十五銀行、忍町(現在の行田市)に本店を構える忍商業銀行、飯能町(現在の飯能市)に本店を構える飯能銀行が大合併し、埼玉銀行(現・埼玉りそな銀行)となり、武州銀行は消滅した。

幼少期を川越で過ごした澁澤龍彦は、父親が武州銀行川越支店長だった。

2018年11月、武州銀行100周年を祝い、浦和中央支店とさいたま営業部の創立100周年記念式典が行われた。さいたま市長など関係者約200人が出席した。

年表[編集]

関連項目[編集]