東京クレジットサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社東京クレジットサービス
Tokyo Credit Services,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 101-0003
東京都千代田区一ツ橋2丁目6番3号
一ツ橋ビル7階
設立 1981年7月3日
業種 金融業
事業内容 VISAカードの発行、加盟店の募集・管理、個人向けファイナンス等
代表者 代表取締役社長 名賀石 篤
資本金 5億円
主要株主 三菱東京UFJ銀行
主要子会社 株式会社ティーシーサービス
外部リンク http://www.tokyo-card.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社東京クレジットサービス(とうきょうクレジットサービス)は、三菱東京UFJ銀行子会社のクレジットカード会社である。

概要[編集]

東京銀行(東銀)の子会社として設立され、当時の住友クレジットサービスとその親会社であった住友銀行が率いるビザ・ジャパン(現在のVJA)のブラザーカンパニー(加盟会社)として「東京カード (TOKYO CARD)」を発行している。

旧・東銀系企業として現存する会社の一つである。 三菱UFJニコス(旧・三菱銀行母体の旧・ディーシーカード、旧・UFJグループの旧・UFJニコス)とは距離を置いており、同社発行のカードに切り替える兆候は見られない。ただし、三菱UFJニコスとはMUFGカード加入者向けの金融取引サービス(ワールドカレンシーショップ店頭での外貨キャッシュご購入レートの優遇サービス)で提携している。

また、母体行である三菱東京UFJ銀行では、DCブランド扱のキャッシュカード一体型や単体型クレジットカード(MUFGDCNICOS)の募集がメインになっている。

旧・東銀の顧客基盤を中心に主にカード発行、加盟店の獲得をしていたが、母体行が東京三菱銀行を経て三菱東京UFJ銀行となった今日ではその色はかなり薄くなっている。現在でも純粋に旧・東銀店をメインバンクとしている企業は多くなく、且つDC・MUFGを優先としている旧・東京三菱銀行の営業を、顧客開拓として頼る事が難しいためである。

東京三菱銀行となった1996年から、東京カードの支払口座を東京三菱銀行に指定すると、DCカードと同じく「東京三菱カード (Tokyo-Mitsubishi Card)」の名称で発行されたが現在は取りやめている。

VJ(ビザ・ジャパン)グループとしていくつかの提携カードを発行しているが、それらを除いたプロパーカードでは、コーポレートカードの発行が多いようである。また、ショッピングリボルビング払いの手数料(利息)率が一般カードでも実質年利8%台とTuoカード並に、VJAグループの中では最も低利であったが、2005年から他のVJAグループ加盟会社と同等の年15%に引き上げ、足並みを揃える形となった。

事実上VJAのマスターカード部門ともいえるオムニカード協会にも公式ホームページに加盟社として名を連ねているが、実際には発行していない。

長らくウェブサイトでの申し込みは出来なかったが、現在は可能である。

外貨両替店[編集]

旧東銀の外為業をバックに「ワールドカレンシーショップ」と言う外貨両替店の運営も行っており、15を超える外貨現金とトラベラーズチェックを扱っており、在庫も豊富に揃えている為、すぐ両替ができる。外貨レートは三菱東京UFJ銀行の窓口営業時間中はそれに準じている。

日本では珍しく、世界3大ブランドのトラベラーズチェックを合わせて取りそろえていた。現在、新規の販売は終了しているが(国内で最後まで取り扱っていたアメリカン・エキスプレスの販売終了による)、買取のみ継続している。

  • SMBC-VISA(三井住友銀行子会社のSMBCインターナショナルビジネス社発行)
  • 三菱東京UFJ銀行(旧三菱銀行)発行-MasterCard (Thomas Cook)
  • American Express International

店舗は三大都市圏ターミナル駅近隣のデパートや旧東京銀行系支店周辺、MUFGプラザ内に出店している。なお、母体銀行と極端に親密ではないためか、三井住友銀行店舗などグループ外の他行でも、外国為替の取扱時間外だったり、米ドルユーロ以外の現金などの両替などの場合は近辺のワールドカレンシーショップを紹介することが多々ある。 この数年、母体行である三菱東京UFJ銀行の本支店の一部で、外国為替業務(外貨送金や輸出入手形)へ特化する為、外貨両替業務を廃止し、母体行の比較的大きいターミナル店舗内にワールドカレンシーショップを併設するケースが多くなって来た。

クレジットカード[編集]

いずれも国際加盟店ブランドはVISA

プロパーカード[編集]

  • 東京カード
  • 東京カードA
  • 東京エグゼクティブ・カード
  • 東京ゴールド・カード
  • 東京バーチャル・カード
  • TOKYO CARD ASSIST - 39歳まで申し込み出来、常時ポイントが2倍。40歳を超えても解約しなければ契約を継続可能。

提携カード[編集]

  • CLUB ENOTECAクラシック(ワインショップ エノテカ
  • CLUB ENOTECAゴールド(ワインショップ エノテカ)
  • 神戸コレクション
  • ファミリーライフカード (セレモア
  • TIMELESS COMFORTカード
  • Berlitsカード (ベルリッツ・ジャパン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]