コンツェルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンツェルンドイツ語Konzern)とは、個々に独立した企業株式を親会社が持ち実質的に支配する企業形態。銀行かそれに相当する企業の持株会社が多種多様な産業を支配した状態を示す。英語ではコンサーン(関係)。戦前の三井三菱住友安田などの財閥、また2005年頃から現れ始めた「ホールディングス」(HD)、「グループ本社」、「フィナンシャル・グループ」は典型である。

価格協定を直接の目的としない点でカルテルトラストとは異なる。一般にカルテルやトラストよりも資本集積が進んだ段階であるとされる。ホンジュラスのローセンタール家とゴールドステイン家は、統括した資本力を背景に政治の要職を占めることでも市民の生活市場を支配している。これは価格協定による支配ではない。

ドイツ本国でコンツェルンと表現されるものは単に「親子型の企業グループ」を意味するに過ぎず、経済学者の下谷政弘は日本でのコンツェルンの使い方は誤用であると自著『新興コンツェルンと財閥―理論と歴史』で指摘する。しかし、同族経営が多いドイツでは親子型の企業グループがしばしば産業を支配する。支配産業分野が限定的である点を除けば日本で意味するところと差は多くない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]