吉田正輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉田 正輝(よしだ まさてる、1932年3月26日 - 2011年2月7日[1])は、東京府出身の大蔵官僚銀行局長。

来歴・人物[編集]

東京都立日比谷高等学校東京大学法学部を経て、1954年大蔵省入省、大臣官房秘書課属。同期入省者は窪田弘(元国税庁長官、元日債銀会長)、岡崎洋(元神奈川県知事)、長岡聰夫(元日航常務、元大蔵省印刷局長・国際金融局次長)、矢澤富太郎(元太田昭和監査法人会長、元大蔵省関税局長)、森卓也(元日銀政策委員)などで、同期から次官は出ていない。

銀行局担当審議官のとき、米里恕銀行局長の下、新銀行法成立に尽力した。また退官後には、時の寺村信行銀行局長の下、「金融システム維持」のために大蔵・日銀共同で再建に乗り出すこととなり、大蔵OBの吉田が寺村の要請もあり兵庫銀行社長に就任、のち経営破綻により最後の社長となった。

2011年2月7日、心不全のため死去。78歳没[1]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]