加藤小太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤小太郎

加藤 小太郎(かとう こたろう、明治5年4月16日[1]1872年5月22日) – 昭和10年(1935年4月27日[2])は、日本の日本の政治家・衆議院議員立憲同志会憲政会)。京都市助役。実業家。旧名太郎松[3]。族籍は新潟県士族[3]

経歴[編集]

新潟県北蒲原郡新発田町(現在の新発田市)出身[1]。新潟県士族・先代小太郎の長男[3]1898年(明治31年)、同志社大学部政治科を卒業[1]1902年(明治35年)まで滋賀県立商業学校で教壇に立った[1]。その後、国民新聞社大阪支局長、『東京日日新聞』を発行する日報社の業務担当社員・理事を歴任した[1]1909年(明治42年)、京都市助役に就任[1]1914年大正4年)までの在任中、京都市三大事業を手掛け、また京都商品陳列所所長、京都市盲唖院院長、京都市水道事務所所長、京都市立第一商業学校校長などを兼ねた[1]

1915年(大正4年)、第12回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その後、名古屋信託株式会社社長、関西信託株式会社専務取締役、東洋リノリユーム株式会社取締役、塚口土地株式会社取締役、堂ビル株式会社取締役、大阪製粉株式会社監査役、大阪自動車商事株式会社監査役、山口合資会社支配人などを歴任した[3]

家族・親族[編集]

加藤家

新潟県北蒲原郡新発田町、兵庫県川辺郡立花村[3]

  • 父・小太郎(新潟県士族)[3]
  • 母・サト(新潟県士族・斎藤桑右衛門の長女)[3]
  • 弟、妹[3]
  • 妻・小咲(福井県士族・本多精一の妹)[3]
1877年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『現代日本の政治家』立憲同志会pp.118-119。
  2. ^ 『衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b c d e f g h i 『人事興信録 第9版』カ9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年7月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 細井肇 『現代日本の政治家』 国光社、1916年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第9版』 人事興信所、1931年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年