この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大東銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社大東銀行
The Daito Bank, Ltd.
大東銀行本店.JPG
本店(2015年4月撮影)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8563
本社所在地 日本の旗 日本
963-8004
福島県郡山市中町19番1号
設立 1942年(昭和17年)8月18日
(大東無尽株式会社)
業種 銀行業
法人番号 7380001005689
金融機関コード 0514
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
代表者 代表取締役社長 鈴木孝雄
資本金 147億43百万円
(2013年3月31日現在)
発行済株式総数 127,014千株
(2013年3月31日現在)
純利益 単体:19億74百万円
連結:20億84百万円
(2013年3月31日現在)
純資産 単体:295億62百万円
連結:309億64百万円
(2013年3月31日現在)
総資産 単体:7,511億28百万円
連結:7,535億96百万円
(2013年3月31日現在)
従業員数 単体:592名
連結:606名
(2013年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 8.85%
大東銀行行員持株会 2.89%
CBNY DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO(常任代理人シティバンク銀行)2.69%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口4)2.44%
双葉不動産建設 1.71%
東邦銀行 1.54%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)1.44%
損害保険ジャパン 1.20%
豊和銀行 1.00%
大光銀行 0.90%
(2013年3月31日現在)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
大東銀行のデータ
店舗数 62
貸出金残高 4,579億59百万円
預金残高 7,069億76百万円
特記事項:
(2013年3月31日現在)
テンプレートを表示

株式会社大東銀行(だいとうぎんこう、The Daito Bank,Ltd.)は、福島県郡山市に本店を置く第二地方銀行

営業政策

店舗展開

県外店舗

県外店舗は、東京と宇都宮の2店が開設されているが、2013年6月11日にさいたま市大宮区にさいたま支店が加わった[1]

2003年(平成15年)2月までは仙台市にも店舗が開設されていたが、合理化の一環で仙台銀行中央通支店に業務を事業譲渡したため、東北6に本店を置く銀行の中で唯一仙台地区に支店をおいていない。

地方公共団体取引

自動機サービス

南東北地方(東北地方南部)の第二地方銀行(きらやか銀行仙台銀行福島銀行)とATM相互無料提携した「東北おむすび隊」(仙台銀行のみ入出金、その他は出金のみ)を行っている[2]

2009年(平成21年)11月16日にイオン銀行と入出金の相互提携を開始した。福島県の銀行がイオン銀行と提携するのは初である。また、同年12月21日にセブン銀行と提携を開始した。

店舗外ATMコーナーにて硬貨入出金・現金振込が出来る稀な銀行であったが、ATM障害の多発により2010年(平成22年)10月18日からATMによる硬貨の入金・出金の取扱を停止した。

その他

沿革

  • 1942年(昭和17年)8月18日 - 郡山無尽株式会社、会津勧業無尽株式会社、磐城無尽株式会社の3無尽会社が合併して、大東無尽株式会社を設立。
  • 1951年(昭和26年)10月 - 相互銀行法の制定に伴い、株式会社大東相互銀行商号変更。
  • 1967年(昭和42年)2月 - 本店新築落成。
  • 1968年(昭和43年)5月 - 電子計算機稼動開始。
  • 1971年(昭和46年)3月24日 - 仙台支店開設。
  • 1972年(昭和47年)2月1日 - 水戸支店開設。
  • 1975年(昭和50年)9月 - 事務センター新築。
  • 1976年(昭和51年)4月 - オンラインシステム導入。
  • 1979年(昭和54年)3月 - 外国為替業務開始。
  • 1980年(昭和55年)2月 - 第2次オンラインシステム稼動。
  • 1989年(平成元年)2月1日 - 普通銀行に転換、株式会社大東銀行に商号変更。
  • 1991年(平成3年)
    • 1月 - リース業務に係る事業会社として、株式会社大東リースを設立。
    • 5月 - 第3次オンラインシステム稼動。
    • 7月 - 担保附社債信託業務の営業免許を取得。
  • 1992年(平成4年)12月 - 東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 1996年(平成8年)9月 - 東京証券取引所市場一部銘柄に指定。
  • 1998年(平成10年)12月 - 投資信託窓口販売業務取扱開始。
  • 2001年(平成13年)4月 - 保険商品窓口販売業務取扱開始。
  • 2002年(平成14年)
    • 1月 - 株式会社大東ミリオンカードを株式会社大東クレジットサービスに商号変更。
    • 3月12日 - 東北おむすび隊に参加し、南東北の第二地方銀行とATM相互無料開放を開始。
    • 5月 - 経営効率化の一環として株式会社大東ビジネスサービスを解散。
    • 7月 - 環境への取り組みとしてISO 14001認証取得。
    • 12月20日 - 水戸支店を廃止し、茨城銀行本店営業部(現:筑波銀行水戸営業部)に営業譲渡。
  • 2003年(平成15年)2月14日 - 仙台支店を廃止し、本店営業部と仙台銀行中央通支店に分割営業譲渡。
  • 2005年(平成17年)
    • 2月 - 株式会社大東クレジットサービスと株式会社大東カードが合併し、株式会社大東クレジットサービスとなる。
    • 12月 - 証券仲介業開始(本店営業部、平支店)。
  • 2006年(平成18年)
    • 2月 - 新情報系システム「DASH」稼動[3]
    • 4月 - 大東信用保証株式会社と株式会社大東リースが合併し、株式会社大東リースとなる[4]
  • 2007年(平成19年)5月6日 - 入金ネットに仙台銀行が加入し、同行でのカード入金が平日9:00から18:00に限り無料化。
  • 2009年(平成21年)1月5日 - 勘定系システムを更新[5]
  • 2010年(平成22年)6月25日 - 能勢秀幸が社長を退任。後任には鈴木孝雄専務が昇格[6][7]
  • 2013年(平成25年)6月11日 - さいたま支店(さいたま市大宮区)を開設。
  • 2016年(平成28年)5月6日 - 勘定系システムNEXTBASEへリプレース[8][9][10]

地域社会への貢献

環境への取組

関連会社

脚注

  1. ^ “さいたま支店の新設について”. 株式会社大東銀行. (2013年3月15日). http://www.daitobank.co.jp/document/lib/file_2013/20130315-new-130527.htm 2013年10月17日閲覧。 
  2. ^ “仙台銀行、殖産銀行、福島銀行、山形しあわせ銀行との「CD・ATMの共同利用サービス」について”. 株式会社大東銀行. (2002年3月11日). http://www.daitobank.co.jp/document/lib/file_2002/news084.html 2013年10月17日閲覧。 
  3. ^ “新情報系システム「DASH(ダッシュ)」の稼働について”. 株式会社大東銀行. (2006年2月20日). http://www.daitobank.co.jp/document/lib/file_2006/20060220-7.htm 2013年10月17日閲覧。 
  4. ^ 子会社の合併に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社大東銀行 (2006年3月24日). 2013年10月17日閲覧。
  5. ^ 新勘定系システム稼働について (PDF)”. 株式会社大東銀行 (2008年12月26日). 2013年10月17日閲覧。
  6. ^ 代表取締役の異動及び役員の異動に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社大東銀行 (2010年5月14日). 2013年10月17日閲覧。
  7. ^ “大東銀行社長に鈴木氏”. 日本経済新聞. (2010年5月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF1400F_U0A510C1EE1000/ 2014年1月19日閲覧。 
  8. ^ “大東銀行が次期基幹系システムとして日立の地域金融機関向け共同アウトソーシングサービス「NEXTBASE」の採用を決定”. 株式会社大東銀行 株式会社日立製作所. (2013年10月18日). http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2013/10/1018.html 2014年1月19日閲覧。 
  9. ^ “大東銀、新システム稼働 個人ネットバンクなど対応”. 福島民報. (2016年5月7日). http://www.minpo.jp/news/detail/2016050730770 2016年5月10日閲覧。 
  10. ^ “大東銀行が新システム稼働 コンビニのATMなど24時間取り扱い”. 福島民友. (2016年5月7日). http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160507-071712.php 2016年5月10日閲覧。 

関連項目

  • うすい百貨店 - 郡山市にある老舗百貨店。本拠が同じ郡山ということで同社のセカンドバンクである。

外部リンク