この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

西京銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社西京銀行
The Saikyo Bank, Ltd.
SaikyoBank.JPG
本店(2006年11月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
山口県周南市平和通1丁目10-2
設立 1930年昭和5年)11月17日
業種 銀行業
法人番号 8250001008844
金融機関コード 0570
SWIFTコード SAKBJPJZ
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
代表者 代表取締役頭取 平岡英雄
資本金 126億9,000万円
(2016年3月31日現在)
発行済株式総数 普通株式 9,161万9千株
第一種優先株式 228万株
(2016年3月31日現在)
純利益 連結:40億70百万円
単体:39億55百万円
(2016年3月期)
純資産 連結:486億45百万円
単体:487億13百万円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結:1兆2,258億45百万円
単体:1兆2,260億22百万円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結:791人
単体:747人
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 みずほ銀行 4.19%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口4)3.68%
西京銀行行員持株会 3.18%
富士通 1.76%
損害保険ジャパン日本興亜 1.72%
(2016年3月31日現在)
主要子会社 #関係会社参照
外部リンク 西京銀行
テンプレートを表示
西京銀行のデータ
店舗数 44店
(実質店舗数)
貸出金残高 9,171億56万円
預金残高 1兆1,433億2百万円
特記事項:
(2016年3月31日現在)
『株式会社西京銀行 有価証券報告書 ‐ 第108期』に拠る。
テンプレートを表示

株式会社西京銀行(さいきょうぎんこう、The Saikyo Bank,Ltd.)は、山口県周南市に本店を置く第二地方銀行

概要

近年、首都圏への積極的な進出やインターネット銀行構想、邦銀初の女性副頭取を置くなど女性の起業や社会進出を支援する姿勢を前面に押し出しており、話題性が豊富で、決して規模は大きくない第二地方銀行であるが、知名度は全国区となった。

ただ、その後、インターネット銀行構想の挫折に加え、2000年から2005年にかけて発覚した行員による不祥事4件を金融庁への報告義務を怠っていたことがわかった。金融庁に報告していなかった不祥事は4件で、いずれも行員による着服行為。同庁には届けずに処理し、被害額は既に弁済されたという。また財務局へ3件の内部告発があり、更に内部調査で1件が発覚した。これを受けて財務省中国財務局は2006年5月26日、西京銀行に対し内部管理体制の立て直しなどを求める業務改善命令を発動した[1][2]

日銀出身の大橋光博頭取は「これまで進めてきた改革が内部の抵抗で十分に受け入れられず、それが内部告発につながった」と主張。内部の抵抗として東京戦略や女性の積極登用(東京戦略の中心で、邦銀初の女性副頭取だった銭谷美幸副頭取。次期頭取の有力候補と見られていた)、ライブドアとのインターネット銀行の設立構想(後述参照)を挙げた。結局、大橋頭取は不祥事の責任を取る形で2006年6月末付けで辞任。銭谷副頭取も退任した(公式には任期満了に伴うものとされた)[3][4]。後任はプロパーである渡邊孝夫相談役が就任[5]。東京戦略の見直しと地元回帰路線を進め経営改善を図った。

2010年には第7代頭取として平岡英雄が昇格した[6][7]

インターネット専業銀行構想

2005年1月24日、インターネット関連企業のライブドアと提携してインターネット専業銀行「西京ライブドア銀行」を設立することを明らかにした。既に証券業進出を果たしているライブドアの金融事業の強化を図ることを目指しており、銀行業の免許取得次第年内にも営業開始をしたいとしていたが、翌年3月29日、ライブドア旧経営陣の逮捕・起訴などを受けて提携を解除し、「西京ライブドア銀行」計画は中止された[8][9]

店舗

山口県内を中心に店舗を構える。事業の見直しに伴い小規模店舗のブランチインブランチ化を推進しているため、実態店舗は44店となる。また県外では、福岡県広島県に店舗を設置するほか、東京、大阪にローンセンターを、2016年6月13日には、顧客の中国・東南アジア事業支援を目的に那覇市に沖縄事務所を開設した[10][11]

ネット支店

2010年12月24日に、中国地方に本拠を置く銀行としてはトマト銀行岡山県)に次いで2番目となるインターネットバンキング専業支店であるウェブ一丁目支店(現:アクト支店)を開設した。支店コードは044で、広島支店のブランチインブランチとなっていた大阪支店の口座勘定を継承した上で業態転換した形となっている[12][13][14][15]

沿革

  • 1930年昭和5年)11月17日 - 徳山無尽共益株式会社設立。
  • 1944年(昭和19年)2月1日 - 徳山無尽共益株式会社、下関無尽株式会社、宝永無尽株式会社が合併し、山口無尽株式会社を設立。
  • 1951年(昭和26年)10月20日 - 相互銀行法(昭和26年法律第199号)の規定により相互銀行の免許を受け、株式会社山口相互銀行に商号変更。
  • 1984年(昭和59年)4月1日 - 山口県指定代理金融機関となる。
  • 1989年平成元年)2月1日 - 金融機関の合併及び転換に関する法律(昭和43年法律第86号)に基づく認可により普通銀行に転換し、株式会社西京銀行に商号変更。
  • 2001年(平成13年) - この年開催された地方博覧会「山口きらら博」に富士通と共同でパビリオン「ファンタジーサーカス」を出展。パビリオン内に移動銀行窓口車「さいきょうきらら号」を設けた。
  • 2005年(平成17年)1月24日 - ライブドアとの共同によるインターネット専業銀行である「西京ライブドア銀行」の設立計画を発表。
  • 2006年(平成18年)3月29日 - 西京ライブドア銀行設立の計画中止を発表。
  • 2008年(平成20年)5月 - 2007年度決算で、連結当期損失56億円を計上、無配に。
  • 2009年(平成21年)3月27日 - 大阪に本部を置くノンバンク・イッコー(現:Jトラスト)と業務提携。西京カードの共同出資移行で合意。
  • 2010年(平成22年)12月24日 - インターネット専業支店「ウェブ一丁目支店」を開設[13][14]
  • 2014年(平成26年)1月28日 - 西京カードの株式を再取得。連結子会社化。
  • 2015年(平成27年)9月15日 - アイザワ証券と包括的業務提携を締結[16]
  • 2016年(平成28年)4月18日 - インターネットバンキングを活用し手続きを簡素化したクラウドファンディングである「ふるさと投資サービス」を開始[17][18]

関係会社

連結子会社

  • きらら債権回収株式会社
  • 株式会社エス・ケイ・ベンチャーズ
  • 株式会社西京システムサービス
  • 西京カード株式会社
  • 投資事業有限責任組合さいきょう地域支援ファンド
  • 投資事業有限責任組合さいきょう地方創生ファンド
  • 投資事業有限責任組合さいきょう観光ファンド

持分法適用関連会社

  • 株式会社ジェイ・モーゲージバンク

情報処理システム

勘定系システム

富士通開発・同社メインフレームの勘定系システムであるPROBANKが稼動させている。また、2011年9月には第2世代(PROBANK-R2)の稼動が開始されており、西京銀は2014年1月にリプレースした[19][20][21]

MIRAIへの参加

周南地区の地域経済活性化、子供支援活動を目的とする月刊雑誌・企画であるMIRAIを積極的に応援している。同誌の表紙裏に笑顔の力という名称で、地域の子供や家族写真で埋め尽くしたページを提供している。

地元大学との提携講座

2007年1月26日、西京銀行本社と同一市内にある私立徳山大学と連携協力を結んだ。同年4月より同大において冠講座として「現代株式市場論」を実施している。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 47ニュース 西京銀行に業務改善命令 金融庁、不祥事隠しで」 『共同通信』 2006年5月26日
  2. ^ 株式会社西京銀行に対する行政処分について (PDF) 中国財務局 2006年5月26日
  3. ^ 47ニュース 西京銀行を行政処分へ 不祥事報告せず」 『共同通信』 2006年5月26日
  4. ^ 業務改善命令に関するご説明とお詫びについて (PDF) 株式会社西京銀行 2006年5月26日
  5. ^ 47ニュース 西京銀行の頭取が引責辞任 「命令避けたかった」 」『共同通信』 2006年5月26日
  6. ^ 47ニュース 西京銀頭取に西岡氏就任へ」 『中国新聞』 2010年5月14日
  7. ^ 役員の異動に関するお知らせ (PDF) 株式会社西京銀行 2010年5月14日
  8. ^ 47ニュース 西京銀とのネット銀行断念 ライブドア、事件の影響で」 『共同通信』 2006年3月29日
  9. ^ ITpro【速報】ライブドアと西京銀行がインターネット専業銀行の設立契約を解消」 『日経コンピュータ』 2006年3月29日
  10. ^ “西京銀が沖縄事務所、顧客企業の中国・東南アジア事業支援”. 日本経済新聞. (2016年6月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO03386850Y6A600C1LC0000/ 2016年11月16日閲覧。 
  11. ^ “西京銀行が沖縄事務所を新設”. 山口新聞. (2016年6月9日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0609/4.html 2016年11月16日閲覧。 
  12. ^ 店舗移転のお知らせ - 西京銀行公式サイト
  13. ^ a b 西京銀行、ネット専用支店を開設 中国地方で2番目 山口新聞:2010年12月21日(2011年1月24日閲覧)
  14. ^ a b 西京銀行、ネット専用支店開設 周南で記念セレモニー 山口新聞:2010年12月25日2011年1月24日閲覧)
  15. ^ インターネット取引専業支店『ウェブ一丁目支店』のオープン日の決定について (PDF)”. 西京銀行ニュースリリース (2010年12月16日). 2011年1月24日閲覧。
  16. ^ “西京銀行 アイザワ証券と提携 創業や海外進出支援で”. 山口新聞. (2015年9月16日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2015/0916/6p.html 2016年11月16日閲覧。 
  17. ^ “「ふるさと投資サービス」開始 西京銀、出資額に応じ分配金や商品”. 山口新聞. (2015年4月19日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2016/0419/4.html 2016年11月16日閲覧。 
  18. ^ “西京銀、地域密着で独自色 小口投資仲介・店に高齢者憩いの場”. 日本経済新聞. (2016年4月23日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99992390S6A420C1LC0000/ 2016年11月16日閲覧。 
  19. ^ 勘定系共同システム『PROBANK』の継続利用について (PDF) 株式会社西京銀行 2011年5月11日
  20. ^ 西京銀行様が次期勘定系システムに富士通「PROBANK」を継続採用 富士通株式会社 2011年5月11日
  21. ^ ITpro 富士通、西京銀行との勘定系アウトソーシング契約を更新へ」 『日経コンピュータ』 2011年5月12日

外部リンク