藍澤證券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイザワ証券から転送)
移動先: 案内検索
藍澤證券株式会社
Aizawa Securities Co., Ltd.
Aizawa Securities the head office 14-01.JPG
本社ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8708
2006年2月22日上場
略称 アイザワ証券
本社所在地 103-0027
東京都中央区日本橋一丁目20番3号
設立 1933年昭和8年)10月3日
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 5010001036574
金融機関コード 9548
事業内容 投資・金融サービス業
代表者 藍澤基彌
代表取締役社長
資本金 80億円
(2014年3月31日現在)
発行済株式総数 4,952万5千株
(2014年3月31日現在)
売上高 連結:160億81百万円
単体:146億87百万円
(2014年3月期)
純利益 連結:87億30百万円
単体:76億44百万円
(2014年3月期)
純資産 連結:514億47百万円
単体:501億13百万円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結:863億71百万円
単体:840億円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結:490人
単体:422人
(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 藍澤基彌 4.96%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 3.47%
アイザワ 3.23%
鈴木啓子 2.98%
みずほ銀行 2.10%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 #関連会社参照
外部リンク http://www.aizawa.co.jp/
テンプレートを表示

藍澤證券株式会社(あいざわしょうけん、Aizawa Securities Co., Ltd.)は、日本証券会社いちよし証券岩井コスモ証券極東証券丸三証券水戸証券東洋証券と並ぶ、中堅証券会社に位置づけられる。

概要[編集]

独立系の中堅証券会社で、関東を地場とする老舗の旧藍澤證券に関西の平岡証券が合併した。2006年平成18年)3月31日現在で国内37店舗を展開する。

外国株の取扱に力を入れており、中国株香港深圳上海)をはじめ、韓国台湾タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、アメリカなど幅広く取り扱っているのが特徴。

正式な商号の文字が難解なためか、店頭看板などには「アイザワ証券」と記載されている。

本社所在地では日本橋一丁目東地区再開発事業が計画されており、本社移転を検討している。

沿革[編集]

関連会社[編集]

不祥事[編集]

  • 2011年平成23年)6月に、杉戸支店長(埼玉県杉戸町)が、前任の生駒支店(奈良県生駒市)での株の無断売却を隠蔽する目的で、奈良県生駒市の顧客の自宅に不法侵入し、両手で顧客の首を締め殺害しようとしたとして、奈良県警生駒署に逮捕された[3][4]。その後、2012年6月1日に奈良地裁で殺人未遂と業務上横領などの罪により求刑8年に対し、5年6月の実刑判決が下されている[5]

過去スポンサー番組[編集]

  • 1990年代には、「久保田利伸ランド・オブ・グルーヴ」など、TOKYO FM系列の全国ネットのラジオ番組のスポンサーでもあった他、TOKYO FMの22時~23時台にCMを流していた。当時の同社のCMは、自社の取扱商品のPRよりも、社員個人に対する営業ノルマがないなど就職活動中の学生に対し自社の労働環境をPRする内容が主体である点に特色があった[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 八幡証券株式会社との合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ - 藍澤證券ニュースリリース、2015年8月14日
  2. ^ 日本アジア証券株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ - 藍澤證券株式会社 2017年1月27日
  3. ^ 顧客を殺人未遂容疑 - 元証券会社支店長を送検 - 奈良新聞、2011年6月8日
  4. ^ 弊社社員の逮捕について (PDF) - 藍澤證券ニュースリリース、2011年6月7日
  5. ^ 毎日新聞 2012年6月2日

外部リンク[編集]