岡三証券グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社岡三証券グループ
OKASAN SECURITIES GROUP INC.
Okasan Securities Group Inc. Logo.png
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証1部 8609
1973年6月1日上場
大証1部(廃止) 8609
2013年7月12日上場廃止
名証1部 8609
1978年8月1日上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-8268
東京都中央区日本橋1丁目17番6号
北緯35度40分57.3秒 東経139度46分37.4秒 / 北緯35.682583度 東経139.777056度 / 35.682583; 139.777056座標: 北緯35度40分57.3秒 東経139度46分37.4秒 / 北緯35.682583度 東経139.777056度 / 35.682583; 139.777056
設立 1944年8月25日
(岡三証券株式会社)
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 1010001034747 ウィキデータを編集
事業内容 持株会社
代表者 代表取締役会長
加藤哲夫
代表取締役社長
新芝宏之
資本金 185億8900万円
(2020年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 2億0821万4969株
(2020年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 650億3800万円
単独: 65億5000万円
(2020年3月期)[1]
営業利益 連結: 20億7200万円
単独: 32億7700万円
(2020年3月期)[1]
経常利益 連結: 54億8800万円
単独: 37億9500万円
(2020年3月期)[1]
純利益 連結: 40億8800万円
単独: 34億1300万円
(2020年3月期)[1]
純資産 連結: 1644億4700万円
単独: 737億1300万円
(2020年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 4404億5300万円
単独: 890億4800万円
(2020年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 3,451人
単独: 17人
(2020年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
会計監査人 東陽監査法人[1]
主要株主 日本生命保険 4.87%
農林中央金庫 4.85%
三井住友信託銀行 4.36%
大同生命保険 4.33%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 3.75%
三菱UFJ信託銀行 2.91%
藤精 2.63%
りそな銀行 2.47%
みずほ銀行 2.46%
みずほ信託銀行退職給付信託 みずほ銀行口 2.46%
(2020年3月31日現在)[1]
主要子会社 #グループ企業参照
外部リンク https://www.okasan.jp/
テンプレートを表示

株式会社岡三証券グループ(おかさんしょうけんグループ、: OKASAN SECURITIES GROUP INC.[2])は、岡三証券岡三オンライン証券、岡三アセットマネジメントなどを傘下に置く日本の金融持株会社。旧商号は岡三ホールディングス株式会社

概説[編集]

1923年、三重県津市にて創業。1949年に本店を大阪市に、1965年に東京に移転。創業80周年の2003年10月、持株会社体制に移行し、旧「岡三証券」は金融持株会社「岡三ホールディングス」(現・岡三証券グループ)となり、完全子会社の新「岡三証券」が証券事業を継承した。

社名の由来は、創業者・加藤清治が三人兄弟であったことと、創業当時に支援を受けた人物の姓「岡副」からきている。

創業から1949年まで津に本店を置いていた関係から三重県とのつながりが強い。持株会社に移行する前の旧岡三証券の株主総会は、津で開いていた。

かつては興銀系と言われていたが、現在は独立色が強い。

沿革[編集]

  • 1923年大正12年)4月 - 加藤清治が、三重県津市に岡三商店を創業。
  • 1944年昭和19年)8月25日 - 岡三証券株式会社設立。
  • 1949年(昭和24年)
  • 1954年(昭和29年)4月 - 岡三興業株式会社を設立。
  • 1956年(昭和31年)
    • 10月 - 吉村証券株式会社(東京)の営業権譲受け。
    • 10月 - 丸米証券株式会社(名古屋)を吸収合併。
  • 1958年(昭和33年)2月 - 中屋証券株式会社(京都)の営業権譲受け。
  • 1959年(昭和34年)6月 - 興隆証券株式会社(広島)の営業権譲受け。
  • 1961年(昭和36年)1月 - 三宝証券株式会社(神戸)の営業権譲受け。
  • 1964年(昭和39年)10月 - 日本投信委託株式会社を設立。
  • 1965年(昭和40年)10月 - 本店を東京都中央区日本橋江戸橋1-5に移転。
  • 1973年(昭和48年)6月 - 東京証券取引所大阪証券取引所市場第二部に上場。
  • 1975年(昭和50年)11月 - 東京・大阪両証券取引所市場第一部に指定替え。
  • 1976年(昭和51年)12月 - 岡三国際(亜洲)有限公司(香港)を設立。
  • 1980年(昭和55年)7月 - コンピュータ部門を分離し、株式会社岡三インフォメーションサービス(現・岡三情報システム株式会社)を設立。
  • 1981年(昭和56年)8月 - 調査部・投資顧問室を分離し、株式会社岡三経済研究所を設立。
  • 1983年(昭和59年)9月 - 岡三投資顧問株式会社を設立。
  • 1996年(平成8年)3月 - 岡三ビジネスサービス株式会社を設立。
  • 2003年平成15年)10月 - 証券業その他の営業を会社分割により岡三証券分割準備株式会社(現・岡三証券株式会社、連結子会社)に承継させ、持株会社に移行するとともに、社名を岡三ホールディングス株式会社に変更。
  • 2006年(平成18年)1月 - 岡三オンライン証券株式会社を設立。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 日本投信委託株式会社と岡三投資顧問株式会社が合併し、岡三アセットマネジメント株式会社に社名変更。
    • 10月 - 株式会社岡三証券グループに社名変更。
  • 2011年(平成23年)1月 - 本社機能を東京都中央区日本橋室町二丁目の室町東三井ビルディング(コレド室町1)に移転。
  • 2015年(平成27年)3月 - 株式会社証券ジャパンと業務資本提携、同年10月に持分法適用会社化。
  • 2018年(平成30年)9月 - 岡三キャピタルパートナーズ株式会社を設立。
  • 2021年(令和3年)
    • 3月 - 株式会社証券ジャパンを持分法適用会社から連結子会社へ変更。
    • 10月 - 岡三証券と岡三オンライン証券が経営統合予定。

グループ企業[編集]

国内[編集]

海外[編集]

  • 岡三国際(亜洲)有限公司(香港

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 株式会社岡三証券グループ (2020-06-29). 第82期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 株式会社岡三証券グループ 定款 第1章第1条

外部リンク[編集]