PROBANK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

PROBANK(プロバンク、PROgressive BANKing solution:プログレッシブバンキングソリューション)は、富士通が開発した金融機関向けの勘定系システムである。「PROBANK」は富士通の登録商標である。

概要[編集]

富士通製メインフレームで稼働する。

特徴として、24時間365日連続運転機能の標準提供 、既存チャネル(営業店システム、ATM等)やサブシステムとの容易な接続、コスト削減などがある。また、同社は開発・運用を含めたアウトソーシングとして提案している。

富士通が1999年12月から推進した「PROBANK研究会」では、2000年2月時点の参加行は地銀18行であった(東邦銀行青森銀行岩手銀行大分銀行群馬銀行佐賀銀行十八銀行筑邦銀行名古屋銀行北陸銀行など)。

しかし、その開発の遅れから当初提携を契約していた銀行からの契約解除が続いた。北日本銀行は従前のシステムが危篤状態だったといわれ、延命措置をはからざるを得なくなったと言われる。また2003年10月には「富士通が、十八銀行・筑邦銀行・佐賀銀行に対して“損失弁済金”を支払っていた」ことが報道された。

なお、ベンダー主導の勘定系パッケージとしての競合製品には、NTTデータBeSTA(BeSTA自体はソフトウェアアプリケーションのため、ハードウェア(メインフレーム)は別途要し、いくつかの形態で提供されている)、NECBankingWeb21などがある。

2011年9月の連休時にハードウェア更新を行い、第2世代のPROBANK(PROBANK-R2)を稼働開始した。そのプライマリユーザは東邦銀行であった。2014年5月7日、第1世代稼働行で唯一R2へ移行しなかった北都銀行が、BeSTAcloudへ移行したため、第1世代のPROBANK稼働行はなくなった。

富士通は2017年1月よりPROBANKの後継となる「FUJITSU Financial Services Solution」(FSPS)を新たに稼働させた。

東邦銀行が2017年10月10日よりFSPSへ移行した[1]以降は、R2稼働行は初代から移行した清水銀行西京銀行の2行だが、2021年9月に清水銀行はNTTデータのSTELLA CUBEへ、西京銀行は日本ユニシスのBankVisionへの移行予定を発表した[2]

採用銀行[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “東邦銀行様が、勘定系システムアウトソーシングサービス「FSPS」を採用” (プレスリリース), 富士通株式会社, (2015年7月17日), http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/07/17.html 2016年2月6日閲覧。 
  2. ^ 富士通の共同システム利用行はゼロに 清水銀行が離脱 - 日本経済新聞
  3. ^ 東邦銀行の新勘定系システムが稼働 株式会社東邦銀行 富士通株式会社 平成15年9月16日
  4. ^ 清水銀行と富士通がバンキングシステムのアウトソーシングで基本合意 株式会社清水銀行 富士通株式会社 平成12年2月29日
  5. ^ “金融機関向け基幹系サービス「BeSTAcloud®」 フィデアグループ(荘内銀行・北都銀行)への本格提供を開始”. 株式会社NTTデータ. (2014年5月7日). http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2014/050700.html 2014年10月27日閲覧。 
  6. ^ 東邦銀行様が次期勘定系システムに富士通「PROBANK」を継続採用 富士通株式会社 2010年3月4日
  7. ^ 清水銀行様が次期勘定系システムに富士通「PROBANK」を継続採用 富士通株式会社 2010年11月10日
  8. ^ “清水銀行がNTTデータ基幹系共同センター「STELLA CUBE®」への参加を決定” (プレスリリース), 株式会社NTTデータ, (2021年9月27日), https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2021/092700/ 2021年9月29日閲覧。 
  9. ^ 西京銀行様が次期勘定系システムに富士通「PROBANK」を継続採用 富士通株式会社 2011年5月11日
  10. ^ “西京銀行がオープン勘定系システム『BankVision』の採用を決定” (プレスリリース), 日本ユニシス, (2021年9月24日), https://www.unisys.co.jp/news/nr_210924_bankvision.pdf 2021年9月29日閲覧。 
  11. ^ コストを抑えた二重化システムで、万一にも備えた安定環境を構築富士通株式会社 2017年2月1日
  12. ^ “滋賀銀行が日立のオープン勘定系を採用、富士通製からリプレース”. 日経クロステック. (2020年9月29日). https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08840/ 2021年9月29日閲覧。 
  13. ^ “基幹系システム共同化に関する基本合意について” (プレスリリース), 東邦銀行, (2019年9月18日), http://www.tohobank.co.jp/news/pdf/20190918_006301-sub.pdf 2021年9月29日閲覧。 
  14. ^ 北日本銀行が富士通の勘定系パッケージ導入を白紙撤回」 『日経コンピュータ』2003年4月2日
  15. ^ 北日本銀行が日立の地銀向け共同システムの利用を開始」『日経コンピュータ』 2008年1月7日
  16. ^ 島根銀行の次世代システム、既存ベンダーへのアウトソーシングで一件落着」 『日経コンピュータ』 2004年8月2日
  17. ^ ITpro 経営の情識 第31回:繰り返されるシステム共同化の失敗」 『日経コンピュータ』 2006年11月14日

関連項目[編集]