この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

沖縄海邦銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社沖縄海邦銀行
THE OKINAWA KAIHO BANK, LTD.
Head office of OKINAWA KAIHO BANK.JPG
本店 
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
沖縄県那覇市久茂地2-9-12
設立 1964年(昭和39年)4月2日
業種 銀行業
法人番号 5360001000405
金融機関コード 0596
SWIFTコード OKWAJPJ1
事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など
代表者 代表取締役頭取 上地英由
代表取締役専務 大濱薫
資本金 45億3,700万円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数 340万株
(2015年3月31日現在)
純利益 連結:20億89百万円
単独:21億9百万円
(2015年3月期)
純資産 連結:397億40百万円
単独:394億39百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 連結:6,713億4百万円
単独:6,713億39百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 連結:673人
単独:662人
(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 竹野一郎 7.56%
沖縄土地住宅 6.04%
沖縄海邦銀行行員持株会 4.82%
みずほ銀行 4.05%
三菱東京UFJ銀行 4.04%
(2015年3月31日現在)
外部リンク 沖縄海邦銀行 公式サイト
テンプレートを表示
沖縄海邦銀行のデータ
店舗数 48
(本支店・出張所)
貸出金残高 4,201億10百万円
預金残高 6,247億97百万円
特記事項:
(2015年3月31日現在)
テンプレートを表示

株式会社沖縄海邦銀行(おきなわかいほうぎんこう、THE OKINAWA KAIHO BANK, LTD. )は、沖縄県那覇市久茂地に本店を置く第二地方銀行。通称は海銀。県外店舗は存在しない。

概要

2011年秋をめどに東証2部への上場を目指し準備を進めていたが[1]、市場動向を考慮して2013年3月期以降に延期されている[2]。また本店が老朽化したため新社屋の建設が進められていたが、本部部署は2015年12月7日から本店営業部は同12月14日から新本店で業務が開始された[3][4]

沿革

関連会社

ATM提携

九州地区の第二地方銀行各行と第二地銀だった旧・福岡シティ銀行の経緯を経る西日本シティ銀行とはATMの相互開放サービスを行っている。

以下の各銀行のキャッシュカードで預金の引き出しを行う際、他行手数料は徴収されない。(但し後述のMMK利用の場合は対象外。)

土曜日の14:00までの時間帯において、上記提携銀行のカードでは手数料が徴収されないが、海銀のカードの場合は出金手数料が徴収される。

また、海銀と沖縄銀行コザ信用金庫JAおきなわと合同で、マルチメディアキオスク(MMK)「うちな〜ネット」による共同ATMも展開している[注 1]

ギャラリー

社史・記念誌

  • 沖縄相互銀行編 『沖縄相互銀行三十年史』1984年(昭和59年)12月発行、297ページ。
  • 沖縄海邦銀行編 『沖縄海邦銀行55年史』2006年(平成18年)12月発行、448ページ。

脚注

[ヘルプ]

  1. ^ これまで沖縄県労働金庫も「うちな~ネット」共同ATM提携に参加していたが、同労金が他行ATMキャッシュバックサービス実施することに合わせ、2010年10月以降順次撤退した[9]

出典

  1. ^ “海銀、11年秋めどに上場 業績の回復を予想”. 琉球新報. (2009年4月26日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-143749-storytopic-4.html 2014年7月14日閲覧。 
  2. ^ “沖縄海邦銀が上場延期、13年3月期以降に 市場動向を考慮”. 日本経済新聞. (2010年5月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASJC1301Y_T10C10A5LXA000/ 2014年7月14日閲覧。 
  3. ^ “新本店ビルへの移転に伴う営業開始について”. 沖縄海邦銀行. (2015年12月2日). https://www.kaiho-bank.co.jp/files/topics/1183.pdf 2015年12月3日閲覧。 
  4. ^ “海銀新本店が久茂地に落成 来月14日、営業開始”. 琉球新報. (2015年11月28日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-179317.html 2015年12月3日閲覧。 
  5. ^ a b c d 「沿革」『株式会社沖縄海邦銀行 S100529D:有価証券報告書 ‐ 第68期』
  6. ^ “海銀が命名権取得 「かいぎんスタジアム国頭」「かいぎんフィールド国頭」”. 琉球新報. (2016年4月21日). http://ryukyushimpo.jp/news/entry-263767.html 2016年8月23日閲覧。 
  7. ^ “九州第二地銀6行 新システム移行へ”. 毎日新聞. (2016年8月2日). http://mainichi.jp/articles/20160802/ddp/008/020/028000c 2016年8月23日閲覧。 
  8. ^ 次期勘定系システムとして株式会社NTTデータが提供する金融機関向け勘定系システム「BeSTAcloud」の採用決定について”. 沖縄海邦銀行 (2016年8月1日). 2016年8月23日閲覧。
  9. ^ 沖縄県労働金庫による案内

外部リンク