MICS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MICS全国キャッシュサービスMulti Integrated Cash Service)は、民間金融機関の各業態別オンライン提携ネットワークを、中継センターを介して接続するCD/ATMネットワークの名称。1990年2月にBANCSを利用する都市銀行13行(当時)と、ACSを利用する全国地方銀行協会加盟行64行(当時)が接続し、以後業態別に接続を拡大していった。

概要[編集]

都市銀行(新生銀行、あおぞら銀行、商工組合中央金庫を除く)、地方銀行信託銀行、かつての長期信用銀行(新生銀行、あおぞら銀行)・商工組合中央金庫第二地方銀行信用金庫信用組合労働金庫、系統農協・信連(農林中央金庫信用農業協同組合連合会農業協同組合JAバンク)、県域漁業協同組合・信漁連(JFマリンバンク))等の9業態のCD・ATMネットワークである。ただし、これら全ての業態が相互接続しているわけではないので注意が必要である。また接続状況に関わらず、法人キャッシュカードは使用できない[1]。なお、2004年1月4日から、MICSはNTTデータの提供する「統合ATMスイッチングサービス」を利用している[2]

2016年1月1日より、稼働時間が土日祝日も8:00~21:00に拡大され、また、これまで利用不可能だった1月1日から3日までと5月3日から5日までについても稼働可能となった。ただし、個別の事情により、この拡大への参加を見合せている金融機関もあるため、一部は従来通り、土日祝日が9:00~17:00までとなっているATMや各金融機関のカードもある。

MICS接続ネットワーク[編集]

業態間の接続状況は2016年11月現在。[要出典]

◎:接続(現金出金・残高照会・キャッシュカードによる振込が利用可)
△:接続(現金入出金・残高照会・キャッシュカードによる振込が利用可。ただし、カード振込は、発行元と同じ都道府県内のATMに限る)
○:接続(現金出金・残高照会が利用可)
×:非接続(利用不可)
使用キャッシュカードの金融機関の
所属業態ネットワーク
利用するATMの金融機関の
所属業態ネットワーク
(A)



(B)



(C)



(D)



(E)



(F)



(G)



(H)



(I)



(A) 都市銀行 - BANCS
(B) 地方銀行 - ACS ×
(C) 信託銀行 - SOCS
(D) 新生あおぞら商工中金 - LONGS × × × × × ×
(E) 第二地方銀行 - SCS ×
(F) 信用金庫 - しんきんネットキャッシュサービス ×
(G) 信用組合 - SANCS ×
(H) 労働金庫 - ROCS ×
(I) 系統農協 - JAバンクJFマリンバンク ×

参考文献[編集]

  1. ^ 法人名義および任意団体名義の当行キャッシュカードをお持ちのお客様へ (PDF)
  2. ^ 決済システム等の企画・運営 - 全国銀行協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]