能勢秀幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

能勢秀幸(のせ ひでゆき、1954年6月13日 - )は、日本の銀行家SBJ銀行監査役。大東銀行社長、新生信託銀行社長等を歴任した。

人物・来歴[編集]

2003年、プロパーである高橋清幸が大東銀行頭取に就任するも、5期連続の赤字と、2期連続の無配に至り、在任1年で蓮佛宗宏会長とともに引責辞任した。このため、蓮佛と同様大蔵省出身で東北財務局長等を経て、専務に就任していた佐藤武が同行トップに就任する。

佐藤は、相互銀行時代の精神にたち返るため、その象徴として、就任と同時に頭取の呼称を社長に変更。不良債権処理の目処をつけ、2005年3月期の決算は6期ぶりに黒字の計上となった。そして、更なる経営改革を新生銀行グループから招聘し専務に就任していた能勢に委ねることとし、在任1年で退任した。

頭取在任時には、収益構造の安定化に努め[1]、在任5年で退任した[2]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「クレジットポリシーの厳正運用が5年連続赤字銀行を変えた 大東銀行 能勢秀幸」『週刊金融財政事情』 2009年5月4日・11日合併号
  2. ^ “人事、大東銀行”. 日本経済新聞. (2010年5月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNMSJT53901_U0A510C1000000/ 2014年1月19日閲覧。 
  3. ^ a b c 『日本金融名鑑(上)2000年』日本金融通信社、1999年
  4. ^ 役員の異動のお知らせ (PDF)”. SBJ銀行 (2010年9月1日). 2014年1月19日閲覧。