持田昌典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もちだ まさのり
持田 昌典
生誕 1954年????
日本の旗 日本 東京
出身校 慶應義塾大学経済学部
ペンシルベニア大学ウォートン・スクール
職業 銀行家

持田 昌典(もちだ まさのり、1954年昭和29年) - )は、ゴールドマン・サックス(GS)日本法人代表取締役社長、本社経営委員会のメンバー、Management Committee。

略歴[編集]

千代田区神田和泉町で羊毛卸し業の「メリノ」を経営する父・武雄、母・清子の長男として生まれた。西麻布若葉会幼稚園から慶應義塾幼稚舎へ進学し、中学へ上がるころには、メリノは子供用ニットメーカーとして業界トップの大企業になり、渋谷・松濤に六階建ての豪邸、運転手付きの外車、軽井沢に別荘といった裕福な家庭で育った。慶應義塾高等学校の一年生のときに母親が急死。母親が会社を取り仕切っていたため、経営が傾き始め、メインバンクの第一勧業銀行が建て直しに入った。父親は銀座のクラブ「ラ・モール」の名物マダム、花田美奈子と再婚し、家を出る[1]

1977年慶應義塾大学経済学部に進み、大学時代は、ラグビー部で副将を務め、3年時にはラグビー学生日本代表を経験。大学卒業後は第一勧銀に入行し、西新宿支店から日比谷支店に移ったころ、メリノが倒産し、松濤の自宅を売却。社内ではラグビー部強化に尽力し、社費留学試験にも合格して、ペンシルベニア大学ウォートン・スクールに留学。MBA課程を修了したが、第一勧銀には戻らず、1985年、ゴールドマン・サックスに入社。日本でのM&Aの第一人者。金融業界では、Mr. Japanと呼ばれる。

2001年、投資銀行部門からゴールドマン・サックス日本法人の社長に就任。アジア人の中で唯一、本社経営委員会のメンバーに名を連ねる[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]