INSEAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
INSEAD
Inseadlogo.jpg
校訓 motto: The Business School for the World
mission: [1]
学校種別 私立ビジネススクール
設立年 1957年
基金 1.52億 ユーロ[2]
学部長 Ilian Mihov[3]
大学職員数
250人+
大学院生数 1000人+ (主にMBAプログラム)
博士課程在籍数
80人+
位置 フォンテーヌブロー、シンガポール、アブダビ
キャンパス フォンテーヌブロー、シンガポール、アブダビ
ウェブサイト www.insead.edu

INSEAD(インシアード)は、フランスフォンテーヌブローシンガポールアブダビにキャンパスを持つビジネススクール経営大学院である。MBAをはじめ、EMBA (Executive MBA)、EMCCC( Executive Master in Consulting and Coaching for Change)、Ph.D.、MFIN(Master in Finance)、などのプログラムがある。2017年現在、MBAには80か国余りから約1000名、Ph.D.には30余国から60名強の学生が在籍する[4]

INSEADのMBAプログラムは、Financial TimesGlobal MBA ranking 2016, 2017で2年連続で世界第1位にランキングされている。また、BusinessWeekおよび QS Global 200 Business Schools Reportで欧州ビジネススクール第1位にランキング、FT500(時価総額ランキングトップ500社)の企業にCEOを輩出した人数をもとにしたMBAランキング(Financial Times紙, 2017年)では、ハーバード・ビジネス・スクールを抜いて世界で第1位となっている[5]

略史[編集]

INSEADの歴史はJean-Louis Barsoux著の"INSEAD: From Intuition to Institution"に詳しい[6]

  • 1957年 - 創設
  • 1961年 - 校友組織が発足
  • 1969年 - フォンテンブローキャンパスを開設
  • 1974年 - アジア・ビジネス・プログラムを開始
  • 1989年 - 博士課程を開設
  • 2000年 - シンガポールでMBAプログラムを開設、26か国から53人が入学
  • 2001年 - ペンシルベニア大学ウォートン・スクールとの提携成立
  • 2003年 - EMBAプログラムを開始

INSEADの歴代学長[6]

概要[編集]

INSEAD Asia Campus(シンガポール)

INSEADの主な特色として、1年制MBAプログラムであること、80か国以上から学生が集まっており言語国籍多様性があること、キャンパスがフランスシンガポールアブダビに分かれていること、コーチングに関するユニークなマスターコース(EMCCC)があること等が挙げられる。また、バリュー・ステートメントの中でも言及されているとおり[7]政府大学企業から独立した機関であることも特徴のひとつである。

なお、INSEADは企業求人データベースに関して、ハーバード・ビジネス・スクールケロッグ経営大学院スタンフォード経営大学院と提携を結んでおり、これら4校の在学生・卒業生はお互いの求人データベースにアクセスができる[8]

校名[編集]

INSEADという名称は「Institut Européen d'Administration des Affaires (European Institute of Business Administration)」の頭文字に由来しており、「欧州経営大学院」の意であった。しかしながら、アジアへの展開を始めとするグローバル化志向から、「欧州」という特定の地名を含んだ旧称は避けられるようになり、現在では「INSEAD」のみを正式名称として認めるに至っている[9]

MBAプログラム[編集]

概要[編集]

INSEADのMBAプログラムは1年が5学期に分かれており、各学期2か月ずつ、正味10か月のプログラムである。授業は全て英語で行われる。入学時期が1月と8月にあり、修了時期はそれぞれ12月と7月である。1、2、3学期の一部で必修科目として、経営学の一般科目である会計学金融財務経営戦略論マーケティング論統計学経済学オペレーション組織論IT国際関係論の基礎科目が提供され、3、4、5学期に選択科目としてそれら各分野の発展・応用講座が開かれる。また、入学時点で英語ともう1か国語(英語以外の母語でも可)の二言語に精通していること、さらに卒業時点までに、もう1か国語が基礎レベルに達することが要求される[10]

入学者選考[編集]

INSEADの選考過程は厳しく、選考委員会(Admissions Committee)が出願者の言語・数学基礎能力(GMAT)、職務・職業履歴、国際経験、リーダーとしての素質、過去の学業成績等を考慮して出願者の合否を判断する。出願者はエッセイ、推薦状、GMAT得点、英語(TOEFL)ともう1か国語の語学能力証明書、過去に在籍した大学・大学院の成績表等を選考委員会に提出する。なお、2015年卒業予定の学生の平均GMAT得点は704点であった[11]

選考委員会による一次書類審査を通過すると、世界中に散らばるINSEAD卒業生による個人面接が2回行われ、その結果と一次書類審査の評価を総合して委員会が合否を決定する。そのため、出願者は選考過程においてキャンパスを訪れる必要はない。

国際性[編集]

INSEADの特色の1つがその国際性である。学校側が公式にも、「我々はフランスの学校でも、シンガポールの学校でもない。グローバル・スクールである」[12]と述べており、学生の出身国は80カ国以上におよぶ。ただし全学生が多言語話者であり多数が国境文化を越えたバックグラウンドを持つため、単一出身国が定義しづらく、出身国の特定自体にあまり意味がない場合も多い。教授陣は30カ国あまりから140名強がフルタイムとして在籍している。また学校の特徴が現れている文化現象であるが、学内においては、民族的なマジョリティマイノリティ、国内学生・留学生といった概念がない。全員がマイノリティおよび留学生であるともいえる。2007年卒業予定のMBAプログラム学生の第一言語は、英語17%、フランス語13%、ヒンディー語8%、スペイン語6%、中国語(普通話)5%、ポルトガル語5%、ドイツ語5%、その他41%である[11]

キャンパス[編集]

INSEADのキャンパスはフランスフォンテンブローシンガポール、およびアブダビにある。公式には、国名を避け「ヨーロッパ・キャンパス」、「アジア・キャンパス」のように呼ばれる。本校・分校の区別はなく、全てのキャンパスを合わせて1つのグローバルスクールであり、入学審査もキャンパスとは無関係に共通で行われる。学生は、入学時に最初の2学期を過ごす校舎を希望選択し、3学期から5学期まではまたそれぞれ学期ごとに希望するキャンパスに移ることができる。なお、2014年では7割の学生が1年の間に複数キャンパスに在籍をした[13]。また多くの教授陣も1年を通して両校舎を行き来する。キャンパス間で必修科目に差はないが、選択科目において多少の差があるため、学生は、授業・教授陣も考慮に入れて3-5学期の希望キャンパスを決める。

またペンシルベニア大学 ウォートン・スクールおよび、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院と提携しており、各校間での交換学生も在籍する[14]。学生によっては1年の間に3つのキャンパスを移動する者もいる。

卒業後[編集]

2014年卒業生(1011名)の主な進路は、マッキンゼー・アンド・カンパニー120名、ボストン・コンサルティング・グループ70名、ベイン・アンド・カンパニー44名、Amazon.com39名、アクセンチュア19名、Strategy&19名、マイクロソフト16名、A.T.カーニー15名、グーグル13名であった[15]

主な日本人卒業生[編集]

著名な教授[編集]

関係者[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "As an educational institution, our mission is to promote a non-dogmatic learning environment that brings together people, cultures and ideas from around the world, changing lives, and helping transform organisations through management education. Through teaching, we develop responsible, thoughtful leaders and entrepreneurs who create value for their organisations and their communities. Through research, we expand the frontiers of academic thought and influence business practice."
  2. ^ INSEAD's Endowment”. INSEAD. 2015年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月19日閲覧。
  3. ^ Ilian Mihov appointed Dean of INSEAD”. MBA Today. 2013年10月4日閲覧。
  4. ^ QuickFacts - INSEAD公式ウェブサイト at the Wayback Machine (archived 2007年10月10日)
  5. ^ [1]
  6. ^ a b Barsoux (2000), Insead : from intuition to institution, New York, N.Y: St. Martin's Press, ISBN 978-0-312-23385-3 
  7. ^ 我々のミッションと価値 - INSEAD公式ウェブサイト at the Wayback Machine (archived 2007年10月10日)
  8. ^ 卒業生向けのキャリア・サービスについて - INSEAD公式ウェブサイト at the Wayback Machine (archived 2007年09月27日)
  9. ^ "Is INSEAD an acronym? What does it mean?" への回答 - INSEAD FAQ at the Wayback Machine (archived 2007年10月10日)
  10. ^ 必修言語について - INSEAD公式ウェブサイト at the Wayback Machine (archived 2014年10月06日)
  11. ^ a b 学生プロファイルページ at the Wayback Machine (archived 2007年09月27日)
  12. ^ "Why aren't you considered to be a French or Singaporean business school?" - INSEAD FAQ at the Wayback Machine (archived 2007年10月10日)
  13. ^ MBA 2014 Brochure (PDF) - INSEAD公式ウェブサイト[リンク切れ]
  14. ^ ウォートン・スクールとの提携について - INSEAD公式ウェブサイト
  15. ^ 進路についての統計 (PDF) - INSEAD公式ウェブサイト[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]