福田譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 譲(ふくだ ゆずる、1975年(昭和50年)1月 - )は、日本経営者SAPジャパン代表取締役社長

来歴・人物[編集]

千葉県柏市出身。新卒者としてSAPジャパン入社。おもに営業畑のマネジメントを歴任[1]。 2014年7月28日、安斎富太郎(元デル執行役員、元日本アイ・ビー・エム理事)の後任として、生え抜き社員として初のSAPジャパンの社長に就任した。

1997年4月にSAPジャパンに入社、プロセス製造業の大手顧客を担当、ERP(基幹業務統合システム)導入による業務改革(BPR)・経営改革・情報化の提案活動に従事。 2002年4月以降、化学/石油業界の大手顧客担当、中堅/中小顧客担当、食品/消費財/医薬/小売大手顧客担当の営業部長を歴任、2007年に新規製品事業(Platform製品事業)を統括するバイスプレジデントに就任、ミドルウェア、ビジネスインテリジェンス(BI)、経営管理ソリューション(EPM)事業や、SAPが買収したビジネスオブジェクツ社日本法人の統合を指揮。 2011年から、特定戦略顧客、流通・サービス業、通信・メディア業、プロセス製造業等の営業部門長を歴任、2014年7月に社長に就任。

略歴[編集]

  • 1997年 - 早稲田大学教育学部社会科卒業
  • 1997年 - SAPジャパン入社
  • 2002年 - プロセス産業営業本部 第二営業部 部長
  • 2004年 - 地域営業本部 東日本第二営業部 部長
  • 2005年 - 流通・サービス産業営業本部 第一営業部 部長
  • 2006年 - プロセス産業営業本部 第一営業部 部長
  • 2006年 - INSEAD(Regional Management Development Program)修了
  • 2007年 - バイスプレジデント ビジネスプロセスプラットフォーム本部長
  • 2011年 - バイスプレジデント プロセス産業営業本部長
  • 2012年 - 慶應義塾大学 大学院 経営管理研究科(慶応ビジネススクール) 高等経営学講座 修了 
  • 2014年 - 同社 代表取締役社長 

※SAPジャパン社発表プレスリリースより

脚注[編集]

  1. ^ 百戦錬磨の福田新社長が目指す新生SAPジャパンの姿とは?」 『ASCII.jp』 2014年09月19日