ケロッグ経営大学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケロッグ経営大学院
種別 私立
設立年 1908年
資金 5億5千6百ドル(2009年)[1]
学部長 Sally Blount(2010年)
教員数
149人
大学院生 1162人
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州エバンストン
スクールカラー [2]
ノースウェスタン大学
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ケロッグ経営大学院(ケロッグけいえいだいがくいん、英語:Kellogg School of Management)は、ノースウェスタン大学経営大学院1908年創立。

ハーバード・ビジネス・スクールスタンフォード大学経営大学院ペンシルベニア大学ウォートン・スクールシカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスなどと共に世界的に最高評価を受けているビジネススクール[3]ビジネスウィークのランキングでは1位獲得回数が最も多い[4]M7の参加校。

特にマーケティングの分野に強みを持ち、起業家精神に満ちた校風である。

沿革[編集]

1908年、ノースウェスタン大学商学部として設立された。同校は全米大学経営学会(American Assembly of Collegiate Schools of Business)の創立メンバー16校のうちの1つであった。そのような位置付けから、同校は経営大学院入試において課される標準テストであるGMATの開発に携わるなど大きな役割を果たした。

1950年代、ケロッグはエグゼグティブMBAコースを開講した。スイスのバーゲンストック(Bürgenstock)に分校を設け、やがてエバンストンの本校でもエグゼグティブMBAプログラムを開始した。1956年、同校はそれまでの「商学部」から「経営学部」へと名を改めた。

一方、大学院は1969年に「経営管理大学院」(Graduate School of Business Administration)から「経営大学院」(Graduate School of Management)へと改称した。そしてそれまでの企業中心から、公共団体や非営利団体などさまざまな形態の団体でのマネジメントを志す学生にターゲットを広げた。翌1970年には大学院の課程に注力するため、ノースウェスタン大学は「経営学部」を廃して大学院に一本化した。

1979年、経営大学院の名称は「J・L・ケロッグ経営大学院」(J.L. Kellogg Graduate School of Management)に改められた。これは同年ノースウェスタン大学が、コーンフレークで成功したケロッグ創業者の息子であり、同社の元社長だったジョン・ケロッグ(1950年に死去)の基金から1000万ドル(当時)の寄付を得たことによる[5]

2001年には名称が短縮され、現在の「ケロッグ経営大学院」(Kellogg School of Management)となった。

2008年、創立100周年を迎える。

プログラムと文化[編集]

ケロッグ経営大学院はフルタイムMBA、エグゼクティブMBA、パートタイムMBAのプログラムを開講している。フルタイムMBAには伝統的な2年間のプログラムと、1年間の特急プログラムがあるほか、工学大学院デザイン研究所とのデュアルディグリープログラムであるMMMプログラム(MBA+MS in Design Innovation)や、法科大学院とのジョイントプログラムであるJD-MBAプログラムもある。また、PhDプログラム(博士課程)もある。

いずれのプログラムにおいても、チームワークリーダーシップが重視される。授業はもとより課外においても、ケロッグ経営大学院の学生にはノースウェスタン大学のオペレーショナル・モデルであることが求められ、同大学主催の各種行事に至るまで、学生主体で組織、運営されている。

そのため入試もチームワークやリーダーシップを重視したものとなる。学部での成績、GMATの点数、職務経験に加え、入学希望者全員に面接を課し、リーダーシップやケロッグへの「適性」を見る。協力(cooperation)と競争(competiton)をかけあわせた造語であるco-opetitionをモットーとし、チームプレイヤーであると同時に個人でも高い成果を出すことを求める同校の校風への合致を入試の段階で既に重視しているのである。

キャンパスと施設[編集]

ケロッグのMBAプログラムのうち、フルタイムMBAとエグゼグティブMBAはミシガン湖に面するエバンストンのメインキャンパスで行なわれている。これに対し、パートタイムMBAはシカゴのダウンタウンキャンパスで開講されている。2006年、ケロッグはマイアミにエグゼグティブMBAプログラムを開設した。これは中南米のビジネスパーソンをターゲットにしたものである。ここで学ぶ中南米のビジネスパーソンは週末にマイアミ国際空港航空機で飛びコースを受講する。

卒業生[編集]

日本に関わりのある卒業者[編集]

学術提携機関[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度3分1.4秒 西経87度40分30.4秒 / 北緯42.050389度 西経87.675111度 / 42.050389; -87.675111